オカルト速報:2016年02月の記事

【オカルト】埼京線に乗って帰宅していた夜、やたらと俺にぶつかってくるOLがいた。下心をだして女の肩に手を回した瞬間、こっちをみて女がニヤっと…

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・不可解な体験、謎な話~enigma~ Part83

425: 本当にあった怖い名無し 2012/08/15(水) 11:21:46.69 ID:AHAvlQBw0
もう12、3年前になるんだけど
埼京線池袋駅で電車を待っていた。時間にして午後8時頃。
大宮方面への電車で、ちょうど帰宅時間で、いつもなら何人かの
行列ができているはずなのに、その日は行列もなく、ほんと
今考えると、その時間の埼京線にしては異常なくらいホームで
電車を待っている人がいなかったように思う。
赤羽まで乗る予定で一番前の扉から乗ったんだけど
いつもなら混む先頭でさえ、その日の池袋から乗ったのは俺ともう1人、
25歳前後位のOL風との2人だけ。
おかしなことに到着した電車の中も座れはしなかったけれど、
その時間にしては空いていた。5,6人が立っている程度。
とりあえず電車に乗って出発。ところがその日の電車は
運転手が上手じゃなかったのか、いつもより揺れた。
大きく揺れたり小さく揺れたり。

【オカルト】姉みたいな存在の叔母がいたんだが、その叔母が死ぬ直前聞いた話が、思い返すとゾっとするものだったんだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・不可解な体験、謎な話~enigma~ Part83

388: 本当にあった怖い名無し 2012/08/11(土) 02:32:04.67 ID:7C0DSmL20

叔母にあたる人が死んだんだけど、ちょっとゾっとすることがあった。
叔母さんって言っても13しか年離れてないから、子供の頃の俺にしたら姉みたいな存在だった人。

叔母がいよいよヤバイかもだから、話できなくなる前に会っとこうって話になって
爺ちゃんも心配だしGWに母親の実家へ行った時、やたら蛇が出てきた。
田舎だし蛇くらい見るんだろうと思うけど、天然ものっていうか自然の蛇みたいなのに遭遇するの初めてだったからビビったわ。

叔母とも話をしたんだけど言うことがオカルトで、その時は
自分の死が近づくと、オカルト的なこと考えちゃうのかなーとか、
死が近づいて怖くてしかたないのかなーとか、内心叔母の話が眉唾で、あーはいはいって感じで聞いてた。

叔母の話の内容っていうのが、叔母が幼女だった頃の話で、好きだった男の子の話だった。
その男の子がある日消えちゃったんだけど、最近夢で再会したとか、男の子は蛇になってるんだとかね。
それで、迎えに来てくれてるんだけど行きたくない。寂しい、死が怖い、生きたいって言ってみたり
かと思えば、仕方ない、受け入れなきゃねー、なんて言ったりしてて。
あの時、死に直面してメンヘラ化した上に厨二かよ。とか思った自分をぶん殴りたい。

それから滞在中の1週間、私の車の前にトグロ巻いた蛇が出る。
爺ちゃん家から叔母のいる病院へ行く時と、叔母の病院から帰る時、必ず蛇を見た。
爺ちゃんの家は自然まみれな所だから蛇が出てきても納得いくんだけど、
そこそこデカイ病院の駐車場に蛇がそうそう頻繁に出るもんなのか?って、徐々に怖くなっていった。

【不思議な体験】後輩と岩壁を登っている最中、俺が転落。先輩の「ペアで登攀中に片方が転落した時、下の者は自分のザイルを切れ!」の言葉を思い出し…

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part38∧∧

736: 本当にあった怖い名無し 2008/08/29(金) 20:11:50 ID:h2YlZ27u0
怖いと言うよりも俺にとっては感動した話かも・・・
若い頃クライミングをしていた時に俺の先輩が最初に教えてくれた言葉が、
 「ペアで登攀中に片方が転落した時は、上の者はできる限りの努力をしろ!
ぶら下がっている者は、上の者を助けるつもりで自分のザイルを切れ!」と教えられた。
そしてその先輩は2年後俺とのクライミングで自分のザイルを切った・・・
 


【不思議な体験】買い物をした帰り、何故かふっと気になっていつもとは違う道を帰ることに。自宅の前にきた時、その理由がわかったのです…

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・◆◇心霊ちょっといい話◇◆

887: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/04/27(金) 22:22
前に住んでいたアパートによく遊びに来るノラ猫がいました。
体全体が黒で胸から腹にかけてと手足の先だけが白い猫でした。
とても人なつっこくていつも部屋の中まで入ってきてました。

ある日、スーパーで買い物をした帰り、
なぜかふっと気になり、いつもと違う道を帰りました。
いつもの道とその日帰った違う道はどちらも同じくらいの距離で
どちらが特に近道、というわけでもありません。
でもなぜかいつもの道に向けかけた体を方向転換してまで
違う道を帰ることにしたので自分でも妙な気分でした。
そしてアパートの近くまできて分かったのです。 

【不思議な体験】同じアパートで家族ぐるみで付き合って友人が末期癌で亡くなった。葬式の時、次男のおもりをしていたら、いきなりもがきだして…

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・◆◇心霊ちょっといい話◇◆

850: あなたのうしろに名無しさんが・・・ 2001/04/22(日) 14:29
同じアパートで家族ぐるみのつきあいだったA(夫)が「背中がいてー。手が上げられず頭が洗えねー。」と整形外科に行ったのは6年前の10月だった。
初診で「大きい病院を紹介します」といわれて、行ったのが高台にある某総合病院。
初診後、即入院。
翌々日に奥さんがよばれ、癌告知。それも末期。
12月。たった2ヶ月で、Aは骸になってアパートに帰ってきた。
長男3歳前、次男9ヶ月の冬だった。

ギャラリー
  • 【ほんのり】今考えると何らかの脳の障害とか精神障害とかだったんだろうなと思う。 でも、昔はそういうのを「狐憑き」と言っていたんだよな、多分。
  • 【オカルト】オカ板にハマっていた頃、つい真夜中まで読みふけっていたら、  突然携帯がシャットダウンした  なんだろね
  • 【オカルト】もしかするとあの音は外側じゃなく  『内側』からしてたんじゃないのか?  その日は色々考えて眠れなかった
  • 【怖い話】自殺者のでたワンルームマンションの部屋に16年住んでたけどなんともなかったよ  ただ……
  • 【オカルト】線香の匂いが漂ってきたと思ったらうぁーんうぁーん!唸り声が聞こえてきた。四つん這いの生き物がいるのが見えたが猫でも犬でもなかった。
  • 【オカルト】「死んだ愛犬が帰ってきた! 早く開けてやれ!」 開けた先には何もいなかったけど家族全員で涙涙だった → その犬あの世に行けないんじゃないかな
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク