オカルト速報:2018年01月の記事

【オカルト】同じ内容の夢を再生→巻き戻し→再生→巻き戻し→再生→巻き戻し 三回目でなぜ助けてくれないの……? そんなに自分が大切なの? と言われて目が覚めました

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
503
本当にあった怖い名無し2013/02/16(土) 21:32:55.24 ID: ID:rDRMfpNs0

●●の里と言う有料温泉に行った時の話
自分はいつもは温泉とサウナと岩盤浴を交代交代で数時間入り続ける人なんですけど
昨日は温泉に入っただけで目の前が真っ暗になってノイズが走って気持ち悪いなぁて思って
少し早いけど食事をしようと食事処●●へ
そして案内の店員が来るのを待っていると店員が二名様ですか?
お好きな席にどうぞと言われ好きな席に座って海鮮ちらしとお蕎麦を注文して
食べ終わっても特に体調が良くなるわけでもなくグッタリしながらも岩盤浴でまったりしてて
夕方になったので帰宅しました。


これでおしまいなら良かったんですけど・・・・続きがあって
いくつか不明な点もあるのです

これは続きに書きます




 

【ほんのり】なんかが悪さするために時計台に入り込んだのかな、どうやって入ったんだかいまだにわからんよ。何が居たんだろうかねぇ...

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
736
本当にあった怖い名無し@\(^o^)/2017/09/19(火) 07:38:55.07 ID: ID:psjqy57h0.net

長年に渡って時計台を管理していたフランク氏。
時計台は村のシンボルだったが時代の流れと共に開発が進み、ついに壊されることに。
フランク氏は既に引退していたが、その後は誰も管理するものは居なかった。
彼は時計台の思い出を語った。

一度止まってしまうと、村のみんなは時間が分からなくなってしまう。
だから雨が降ろうが風が吹こうが必ず直しにいったよ。時計の針も欠かさず掃除したさ。
たまに時計台の中に鳩やネズミの死骸が落ちてる事があって、
歯車に挟まってしまってるんだよ。鳩なんかバラバラにちぎれてたり、
そいつらのフンや羽を掃除すんのも俺の役目だったな。
そうそう、私が辞める10年くらい前からだが、
鳥か小動物のバラバラの死骸が散らばるようになってね、
その時は時計が機械に入れ替わって、歯車はとっくに動いてなかった。
なんかが悪さするために時計台に入り込んだのかな、
どうやって入ったんだかいまだにわからんよ。何が居たんだろうかねぇ...




 

【オカルト】占いとかくだらなくて嫌いだったけど人生って周期あるような気がしてきている / 毎日毎日何度もシンクロ起きて怖い

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
24
彼氏いない歴774年2017/10/15(日) 09:01:52.03 ID: ID:9X3YaUh6.net

調子がいい時は1日が凄く順調に進んで小さなラッキーが重ねて起きたりするのが不思議
たった1日でも悪い日はチクチクと嫌な事が頻発する
占いとかくだらなくて嫌いだったけど人生って周期あるような気がしてきている




 

【オカルト】『窓の外』もしかすると、私には見えていないだけであの女はずっと……/ 『温泉に泊まった時のこと』

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
55
○抱き柏(代理投稿) 2017/09/17(日) 02:07:09.57 ID: ID:AaVCXE3/0.net

【第九話】 ふらんく ◆WiTrmMMqSY様
『窓の外』

このあいだの話です。
夜寝ようとして目を閉じた瞬間に、家の窓に髪を振り乱した女が張り付いて、こちらを凝視しているイメージが突然浮かびました。
その窓は寝室の窓で、ちょうど布団の横にあります。カーテンが閉まっていて外は見えません。
怖かったのですが確かめないともっと恐ろしかったので、思い切ってカーテンを開けました。
窓の外には何もいませんでした。
安心してその日は眠りにつきました。数日後、そのことも忘れかけていた時、飼い猫が寝室に入ってきました。
その時は昼で、私の布団で昼寝がしたかったのだと思います。
昼間なので、例の窓のカーテンは開いています。
猫がその窓の方を見た途端、突然飛び上がって逃げていってしましました。
もしかすると、私には見えていないだけで、あの女はずっと窓の外からこちらを見ているのかも知れません。
あれ以来、猫は寝室に入ってこなくなりました。

【了】




 

【オカルト】台所の妻は携帯なんか持ってなくて、包丁を持って何もないまな板をただ切っていた。 手に握った携帯からは「もしもーし?」と妻の声がしている

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
285
名無しさん@お腹いっぱい。 : 2007/09/22(土) 10:36:34 ID:

日曜日の朝、昼まで寝ていた俺はボーっとしながらリビングへ向かった。 
トントンと包丁の音、台所では妻が昼飯を作っているようだった。 
テレビをつけて携帯を見ると一昨日妻に内緒で行ったコンパで番号を 
教えてもらった女性から着信履歴があった。 
寝巻きのポケットに携帯を入れて台所を横切ってトイレに急いだ。 
小声でその女性と何でも無い会話をしていたらキャッチが入った。 
妻からだった。 
ギャラリー
  • 【都市伝説】『人を喰った話』彼女は「見てて」と言って、紙とボールペンを取り出して「ぎょーざ」と字を書きました。そして口に放りこんで……
  • 【ほんのり】関東大震災から逃げて来た人の話。当時はまだ今で言うオカルトみたいな迷信とかも信じられていた
  • 【オカルト】「通りすがりの変質者の霊にからかわれた!」と怒り心頭でいたら……
  • 【不思議な体験】大学生のとき祖父が他界した。最後、意識は無いが苦しみながらずっといろいろ独り言(うわごと?)を言ってたらしい。
  • 【オカルト】「おばあちゃん、つれてくからね」  自分は必死に足を動かそうともがき同時に、連れてっちゃ駄目!と心の中で叫んだ。
  • 【オカルト】笹子トンネルの天井の裏に妖怪がみえた。頭は大きくて、色みは黄色と茶色と緑、みたいな。
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク