オカルト速報:2018年02月の記事

【オカルト談義】欧米の人たちって日本とは違って魂が入るとか人形に対して特別な思い入れってないんでしょ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
243
本当にあった怖い名無し@転載は禁止2014/11/25(火) 23:19:25.71 ID: ID:vNduif3X0

欧米の人たちって日本人(他のアジア人は知らないけど)とは違って魂が入る
とか人形に対して特別な思い入れってないんでしょ。人形供養とかするのって
日本人特有なんでしょうか?




 

【オカルト】大雪が降った日に、車でズルズル滑りながらゆっくり走っていたら 丸太ん棒を乗り越えたような感触があった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
815
名無しさん@お腹いっぱい。2008/10/17(金) 16:26:48 ID:

大雪が降った日に、車でズルズル滑りながらゆっくり走っていたら
丸太ん棒を乗り越えたような感触があった。

助手席の後輩が蒼い顔をして、白い猫が飛び込んできたと言った。
(自分からはフェンダーが死角になっていて見えなかった。)

前後に車が数珠繋ぎになっていたので、降りて供養も出来ず
そのまま心で手を合わせて道を行った。

未だに可哀想に思っている、が
住んでるのが田舎だから、他にも色々轢いてるんだな。

イタチ、ヘビ、タヌキ、ネコ、カモ、シカ。

とん、と車体にぶつかって逃げていったのもあるが、
ま、そんなところだ。




 

【オカルト】広告部分に「目玉が二つ」のイラストが出てました。その目玉2つのイラストがパチパチ瞬きしてました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
766
本当にあった怖い名無し2013/10/02(水) 15:49:09.31 ID: ID:hZjTKqwO0

初めて投稿します。
読みにくかったらすみません。

2日ほど前の話です。
深夜、午前1時か2時ごろ、
2ちゃんの怖い話まとめサイトをスマホで読んでいました。
「危なかったな」というタイトルの話を読んでいた時のことです。

スマホサイトは下の部分に広告が出ます。
それが、その時、その広告部分に「目玉が二つ」のイラストが
出てました。イラストというか動くアイコンみたいな感じでした。
その目玉2つのイラストがパチパチ瞬きしてました。




 

【ほんのり】なんの脈絡もなく女の幽霊を見るようになった。思い切って声に出して話しかけてみたら衝撃の返答

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
100
名無しのオカルト 2017/10/20(金) 13:39:29.02 ID: ID:LKUfJuKW0.net

高校のとき、なんの脈絡もなく女の幽霊を見るようになった。
曰くありげな場所に行ったとか、罰当たりなことをしたとかの心当たりはまったくない。
ある夜、不意に目を覚ますと布団の横に着物の女が座っていた。
怖いのでそちらに背を向けて布団を頭までかぶって
気のせいだという事にして寝た。
翌日思い返してみると金縛りになっていなかったことに気付き、
夢だったと言う事で納得することにした。

だがそれから度々現れる。
毎日出る訳ではない。
朝まで熟睡する日もある。ふと目が覚めても居ない日もある。
だが速い時は、明かりを消して布団に入って横になって
あ、トイレいってないなと目を開けるともう居たりする。
夢ではなさそうだ、だがよく聞く金縛りとかもない、
だからといって触ってみる勇気もない。

少し慣れてきたので姿をよく見てみた。
黒っぽい着物に少し乱れた日本髪、右側の少し奥、寝ている俺の膝がある当たりに
まるで看病でもしているかのように布団の方を向いて正座をし、
背を丸めてうつむきぼんやりと下を見ている。
なんとなくだが時代劇に出て来る貧乏長屋に住む奥さんといった感じだ。


続く




 

【オカルト】昨日、20年以上は共に暮らした雌猫が天に召した。人間でいうと100歳以上、大往生だな。

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
450
名無しのオカルト ID: ID:vsmSC1eX

何処へ書くか悩んだのだがココに書かせてもらうな。
最初に断っておくが、怖い話ではない。

昨日、20年以上は共に暮らした雌猫が天に召した。
人間でいうと100歳以上。大往生だな。
つい2・3ヶ月前までは台付きのテレビの上などに床からジャンプして飛び乗る程
元気だった。
よく、嫁と「そのうち尻尾が2つに割れるぞ」などと冗談を言いあっていたものだ。
だが、猫又になることは無かった。
2週間前程から食欲が無くなり、あまり動かなくなり始めた。
そして昨日、朝起きると彼女は冷たくなっていた。
不思議と悲しくはなかった。
2週間の間に、無意識の内に心の準備が出来ていたのかも知れない。
それよりも、ここ数日殆どエサは口にせず、水を飲む程度でヨタヨタとしている姿
を見ていた為か「もう苦しむ事も無くなったな」という想いがあった。
ペット霊園へ火葬しに行く途中、嫁が言った。
「昨日、寝る前に一声鳴いたの。ここんとこ、鳴く事も無かったのに。」
死の際の最後の言葉だったのだろうか。何と言いたかったのか無性に気になる。
「今までありがとう。」だろうか。それとも、何かして欲しい事でもあったのだろうか。
猫の言葉が解ったらなぁと本気で思った。
それにしても、日曜の朝に逝っていたのは、飼い主への彼女の最後の気遣いで
あったのだろうか。
おかげで滞り無く葬儀を行うことが出来た。平日では仕事で、そうはいかなかったであろう。

『己の死を予感しての最後の一声』と『選んだかのように日曜に』という
二点が、ほんのりとオカルトかなと思いココに投下してしまった。
飼い主の勝手な思い込みだと思わないでもない。すまん。
最後にこの場を借りて一言言わせてもらいたい。

      エリー、長い間お疲れ様




 
ギャラリー
  • 【オカルト】僧侶の読経の最中に、本堂の柱から吊るされていた飾りものが ゆっくりと時計の振り子のように動き出した
  • 【ほんのり】移動式の鉄の門扉、開いてたんだよ… 入って下さいって云わんばかりに。
  • 【オカルト】昔、一人の青年が遊びに来てたことを、最近になって思い出した。結局その人は亡くなったらしいがどうも話がおかしい。
  • 【オカルト】気が強い人を幽霊は避けるらしい。何故か両隣が頻繁に引っ越ししてたな。
  • 【オカルト】五人で肝試ししてて、俺以外のうち2人が途中でビビって帰った。次の日その2人が死んだ
  • 【オカルト】近所にどうしても好きになれない場所がある。別に日当たりが悪いわけでもないのに、なーんか暗い感じ。
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク