オカルト速報:2018年03月の記事

【オカルト談義】幽霊話は『死』をネタにした不謹慎話なのか。死へのネガティブイメージがそう思わせるのか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
【オカルト】「予言者」ってあだ名の婆ちゃんがいる。といっても、別に新興宗教みたく、うさんくさい予言とかするわけじゃない を投稿した>111に対して)

109
名無しのオカルト 2012/10/08(月) 18:33:47.50 ID: ID:QAIOVY+3O

自分とこの入院患者が亡くなってるのに、草生やして投下する医療従事者って最悪だな
お前にとっちゃ、予言ばあちゃんも他の患者たちも「ネタくれる奴ら」くらいの感情しか無いんだろうな
いつかお前も高齢者になって入院して、誰かのネタ元になれるといいな




 

【オカルト】1番怖かったのが、正面から腕を掴んだのではなく背中側から掴んだような痣になっていたこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
153
名無しのオカルト 2016/03/01(火) 17:20:09.43 ID: ID:bnSuIHm30.net

霊感のある母が体験した話。
夜寝ていると金縛りになった。結構よくあることなので早くとけないかなーって思っていたら両腕を誰かにがっしり掴まれて押さえつけられているような感覚がしたらしい。いつの間にかその感覚は無くなっていて母はそのあと二度寝したそうな。

翌朝リビングに来て母は私、父、弟に「昨日誰かに押さえつけられたんよ」って言ってきた。
「ほら、ここらへん」と言って二の腕を見せてきたんだけどそこにはくっきりと痣ができていた。人の手形の。

私たち3人はよく母から不思議な話を聞いていて今回もそんな大したことはないだろうと思ってたので痣を見てとても驚いた。ちなみに痣は赤紫色で見た目は痛そうだったが、母曰く全然痛くなかったらしい。2日後くらいには消えていたと思う。

そして1番怖かったというか驚いたのがこの痣、正面から腕を掴んだのではなく背中側から掴んだような形になっていた。つまり、母は金縛りのとき押さえつけられていたのではなくベッドの内側から引っ張られるように、引き込まれるように腕を掴まれていたということになる。

最初痣が信じられなくて無意識に母が自分で腕を掴んだんじゃないかと私たち3人は疑ってたんだけど、正面からならまだしも背中側からだといくら頑張っても自分では出来ないと気づいて鳥肌が立った。




 

【不思議な話】人類の空白の10万年。「10万年以上ホモサピエンスは狩猟しかしてなくておかしい!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
481
名無しのオカルト 2018/02/19(月) 05:32:12.28 ID: ID:VfIjU+0H0.net

オカルトってか怖い話ばっかやな
ワイは空白の10万年間?みたいなやつめっちゃ気になっとるんや




 

【ほんのり】少女は嬉しそうに「二十二、二十二、二十二、二十二じゃ」と叫び、笑った。 あまりの不気味さに気を失いそうになった

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
795
名無しのオカルト 2017/12/09(土)05:51:05.98 ID: C3qglE5u0.net

死んだ爺さんが友人から聞いた話

大正時代のある年の夏、爺さんの友人が
生まれたばかりの息子を連れて神社にお参りに行ったそうな。荷物を神社の近くに置いてきたことに夜になって気付いた彼は、ひとりで取りに
行ったらしい。
荷物を回収して、妻や息子の待つ旅館に戻ろう
とした時、神社から旅館までの帰途にある
古い階段に人影があった。その夜は曇りだった
が、ちょうど階段でその人物とすれ違うとき、
月が雲から顔を出して、あたりが明るくなった。
その人物は、赤い帽子をかぶった少女だった。
着物を着ていたが、軍靴を履いていて、どこか
不自然な服装だった。ぎょっとして、彼は走り去ろうとした。しかし、少女はもの凄い勢いでついてきて、帽子を投げつけてきた。彼は目に帽子が当たって、痛みで立ち止まった。そのとき、少女は
嬉しそうに「二十二、二十二、二十二、二十二じゃ。」と叫び、笑った。
あまりの不気味さに気を失いそうになった彼だった
が次の瞬間、少女は消えていた。あたりを見渡し
ても誰もおらず、帽子も跡形もなく、ただ月だけがあった。なんとか旅館に帰った彼は、さっきのは
疲れて幻を見たんだろうと思って、床についた。
目を瞑るとさっきの少女の「二十二」の声が
聞こえて来て、全く眠れなかった。

彼は、無事に故郷に家族を連れて帰り、何事も
なく日々を過ごした。息子は大きくなり、二人目の子こそ生まれなかったが夫婦仲は円満、仕事も
順調で、彼は幸せであった。ただ、あの不気味な
夜にあった少女の「二十二」とは何かを意味しているような気が無性にするのだった。
彼の最愛の一人息子は終戦の年の夏、戦死した。
戦死広報に書いてあった「享年 二十二」
という文字を見た瞬間、彼はあの二十二年前
の不思議な夜の少女の声を思い出し、震え上がったのである。




 

【オカルト】スカイツリーの建設が鬼門を封じる結界を破った、だから関東あたりに集中していろいろ起きてる

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
434
名無しのオカルト 2012/05/06(日) 21:44:13.97 ID: ID:Uab80+Jo

地震・津波・竜巻
地・水・風ときて残ってるのは・・・火事?季節柄確率は低いだろうけど
起こってほしくもないけど

オカルト板見たら、スカイツリーの建設が結界を破ったからどうのこうの話してたけど本当なのかな?
だから関東あたりに集中していろいろおきてるんだろうか?
とりあえず地元の神社と寺に毎日祈ってるけど、人類滅亡説が今回こそあたるんじゃないかって不安
オカルトに浸りすぎかなあ、でもただの偶然にしては天災が続いてる気がするんだよね・・・




 
ギャラリー
  • 【事件】死体を溶かしたけど歯のインプラントまでは溶かしきれなくて……八王子のホスト殺人未遂・殺人事件があった店の元従業員だけど質問ある?
  • 【ほんのり】そのときなぜか「アメジストを外さないと!」と思って、アメジストを着けていた方の腕を思い切り振った。
  • 【オカルト】すれ違った女を不審に思い振り向くと、ガクンと折れ曲がり追いかけてくる うろ覚えの怖い話を探す『診療所でのバイト』『梯子』
  • 【オカルト】うちのばあちゃんが広島出身で、戦争を体験してて原爆で兄弟や親を亡くしてるんだが、そのなくした後くらいから霊感めいたものが付いたらしい
  • 【オカルト談義】ティラノサウルスの霊はずっと出てたんだけどみんなティラノサウルス=ジュラシックパークみたいなかっこいいものと思い込んでたので気付いてなかった
  • 【洒落怖】『本音と建て前』 取引先メーカー内で、俺の存在が日に日に煙たくなっているらしい
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク