オカルト速報:2018年07月の記事

【オカルト】「子供なら誰でもやるだろ。俺だけじゃない!」 Aにはそんな遊びの記憶は無い。それがAの父への絶望をさらに深めた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
30
名無しのオカルト 2011/02/25(金) 07:24:16.75 ID: ID:GHKfo83p0

ある家族の話をしよう。
大学一回生の時に知り合ったAが、後期の終わりの冬ごろに俺に聞かせてくれた話だ。

話はAの中学時代。家族構成は父・母・A・妹の四人家族。
真面目なサラリーマンの父に内職で家計を助ける母、そして中学生だったAと小学生の妹。
喧嘩や家庭不和は一切無く、絵に描いた様な一般家庭だったらしい。
ある時、父が息を弾ませながら帰って来た。「誰かに追いかけられた!」と言う。
Aは染みのついた年代モノの金属バットを持って玄関から外を窺った。しかし誰もいない。
父に「いないよ」と言っても「そんなはずない!外まで確認してこい!」と怯えている。
ウチの親父はあんなに頼りなかったのか、とショックを受けつつもAは外を確認したがやはり誰もいない。
家に戻ると、父は普段飲まない酒を煽り、ふて寝をしていた。Aはため息をついた。
次の日、また父は走って家に飛び込んで来た。Aはまたバットを持って見回り、またため息をついた。
一週間それが繰り返され、ついに父は爆発した。家の中を家具を根こそぎ引っ繰り返し、Aの妹を怯えさせた。
母とAは何をするでも無しに、呆けたようにそれを見ていた。
次の日、Aは父の帰宅を家の近くの空き地の草むらに隠れて見張った。手には金属バット。
隠れて10分後、父が走って空き地の前を通っていった。Aは飛び出し、たった今父が走ってきた道を睨みつけた。
妙な影が居た。そいつは四ん這いでペタンペタン跳ねながらゆっくりAに迫って来た。
Aは叫びながらバットをそいつの背中目掛けて振り下ろした。バットはそいつの弾力にあっさりと跳ね返された。
Aは唖然となってそいつとバットを交互に見比べた。その時、初めてその影を正視した。
ただのカエルだった。ただし、大きさは1Mはあったか。カエルの丸い目をギョロつかせてAを見ると、喉を鳴らした。
Aは逃げて、一度後ろを振り返りバットを投げつけ、また逃げた。そして家族に全て話した。
見てみたい、と玄関に行きかけた妹を父が殴った。Aと母は驚いて父を見た。父は怯えきっていた。
母は泣く妹をなだめながら隣の部屋へ行き、Aは父に酔いが回るのを待った。




 

【事件】行方不明者への怪電話・怪文書一覧「ミユキ カアイソウ」「ああ、苦しい。……悔しい……」「明かりをつけましょ、ぼんぼりに…」

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
6
名無しのオカルト 2012/06/24(日) 02:26:21.53 ID: ID:Vex7gz700

【行方不明者への怪電話・怪文書一覧】

・庄山仁くん事件 『悪い友達にさそわれて、人のお金をとりました』と無理やり書かされた本人からの手紙
・松岡伸矢くん事件 「ナカハラマリコの母親」と実在しない幼稚園同級の母親と名乗る女から電話 
・加茂前ゆきちゃん事件  『ミユキ カアイソウ』などと書かれた怪文書が届く
・増山ひとみさん事件 「お姉ちゃんだよ」と中年女性から電話 
・石嵜容子さん事件 「大勢の人がいて帰れない」行方不明翌日本人から電話
・南埜佐代子さん事件 「ああ、苦しい。……悔しい……」ネパールで行方不明数ヵ月後本人から電話
・日高満男さん事件 モールス信号のような音がする無言電話
・山本美保さん事件 すすり泣く声の電話
・西安義行さん事件 「僕、学校の横」と男性から電話、「明かりをつけましょ、ぼんぼりに…」と歌う女児から電話 他
・猪原修くん事件 『山に男児の遺体を埋めた』と数年後手紙が届くも、遺体は見つからず。
・鈴木俊之くん事件 近所のホテル・親戚宅・父親勤務先それぞれに女の声で事件を確認するような電話。鮮魚店には本人から電話
・田辺信子さん事件 『私もやっと妻子と別れ、はれて信子と一緒になることが出来ました。ふたりを探さないで下さい』とワープロの手紙
・永島康浩さん事件 失踪数ヵ月後、「康浩さんが病院に運び込まれた」と電話。その番号は通じなくなる。
・佐藤順子さん事件 スイスで失踪後数回、実家に決まって日本時間の20時30分頃に無言電話がかかってきた。
・ユリア・ブローツカヤさん事件 友人宅に本人から「ウラジオストク出身の女性と一緒に監禁されている」と電話。
また友人宅に「イクトカ17番地にいる」と女性から電話。




 

【オカルト】やれやれと後ろ手に手をつくと、片手に何か濡れた感触。 振り返ると絨毯が真っ赤な液体で濡れてて、片手の平も真っ赤になってた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
279
名無しのオカルト 2009/09/27(日)18:54:37 ID: Q6XAo4cr0

友達の原稿手伝いに行って怖かった話。

隣の市に住む友Aとは、メール・電話での連絡は結構あるけど顔を合わせるのは
イベの時か、かなり追い込まれてるAの修羅場の時くらい。
今夏もミケの修羅場で久し振りにAのいるアパートに行くと、畳敷きの部屋に何故か上から絨毯。
絨毯と言うか、50センチ四方サイズのを何枚も並べて敷いてあった。
寒い時でもないのに、と不思議に思ったけど、とりあえずそれには触れず原稿描きの手伝いをした。
夜中になって、ちょっと休憩しようかとAに言われ、やれやれと後ろ手に手をつくと、片手に何か濡れた感触。
振り返ると絨毯が真っ赤な液体で濡れてて、片手の平も真っ赤になってた。
色と良い、匂いと良いどう見ても血で、どこか怪我したかと慌てて自分の腕なんかを見ても何ともない。
目線を正面に向けると、テーブル越しにAが顔をしかめてて「やだなぁ、またか」って。
聞けば、一ヶ月ほど前から、どこも怪我してないのに、気づいたら畳の上に大小の血のシミが出現していると。
「数日に1回くらいだけど、畳のあちこちにシミ出来てて鬱陶しいし見た目悪いから、この絨毯を敷いてるの」
そういって何枚かはがすと、既にどす黒くなってる血の跡が点々と。
「これじゃ引っ越しする時に敷金戻らないどころじゃないかも」って愚痴るA。




 

【事件】オウム真理教の「村井秀夫刺殺事件」 だけはいつもスルーされてるよな【マンジュシュリー・ミトラ】

このエントリーをはてなブックマークに追加

1名無しのオカルト 2018/07/06(金) 17:45:15.01 ID: ID:1y4WG/K/●.net




坂本母
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180706-00000081-asahi-soci
------------------------------------------------------------------

みんな彼のこと忘れてるよね


 

村井秀夫刺殺事件(むらいひでおしさつじけん)とは、1995年4月23日に発生した殺人事件。オウム真理教の幹部であった村井秀夫が、200人を超えるマスコミ関係者が集まり監視のなか東京都港区南青山にあった教団東京総本部前で、山口組傘下の右翼団体「神州士衛館」構成員を名乗る、在日韓国人の徐裕行(ソ・ユヘン)に殺害された事件である。



【ほんのり】ドスン、ドスン、ドスン、ドスン 音が聞こえるのは公園の入り口とは反対側だった。5メートルほど先に何かいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
502
名無しのオカルト 2018/02/24(土) 00:08:31.01 ID: ID:GW1nR8qE0.net

学生のときの話し。
文化祭準備の仕上げを一緒にする為友達が泊まりにきた。
以降この友達をAと呼ぶ。

家から歩いて2、3分の場所に小さな公園があり、そこでAと近所に住んでいる別の友達Bと手持ち花火を少ししようってなった。
時間はうろ覚えだが19~21自宅の間だったと思う。
田舎で人気がない場所と言えど周りに住宅も建っていた。
ただ電灯はあまり明るくなく、お年寄りの多い住宅の灯りもほぼ照らされてはいなかった。
それでもA以外は昔から馴染みのある場所で慣れていた為気にせず手持ち花火を携帯で動画や写真を撮ったりしなが楽しんでいた。
花火をした場所は小さな公園の入り口付近。(迷惑な話しだがあの時間帯に人の出入りはほぼ無かった)
すると花火やみんなの話し声とは別の音が聞こえた気がした。
また聞こえて驚いて思わず「何⁈⁈」って言った。
A、Bは何の事だかまだわからず突然驚きだした自分の声にビビっていた。
だがまだ音は聞こえる。
ドスン、ドスン、ドスン、ドスン


音が聞こえるのは公園の入り口とは反対側だった。
電灯のある入り口とは反対側で余計に暗く良く見えない。
が、しかしハッキリとではないが
何か見えてしまった。




 
ギャラリー
  • 【怖い話】先生は30分経っても帰ってきません  僕らはどうしようかと相談しました
  • 【オカルト】オカシイと思いそのNo.のテーブルを見ると無人。席は無人だし従業員も無視している。
  • 【オカルト】なにもしてないのにパソコンが壊れた
  • 【事件】オウム真理教のWikipedia見て一日終わってもうた……オウムはなにが目的だったのだろうか【信仰】
  • 【ほんのり】ある晩、部屋から何か物音がすることに気付いた。なぜか「誰か訪ねに来た」と思って、「誰ですか?」と
  • 【オカルト】心霊スポットでくしゃみが4回、5回、中々止まらない  ……10回、15回
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク