オカルト速報:2021年11月の記事

【怖い話】「大丈夫ですか? 寒いですから帰られては?」話しかけると女は「うーいーあー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
158: 本当にあった怖い名無し 2021/08/08(日) 00:39:21.66 ID:YpYG1Bkk0
iD変わったしもう一個、高校の頃の話、書きだめしてないし遅いけど申し訳なく。
俺は高校の頃、自転車通学だったんだ、学校はまぁまぁ遠くて片道10キロを1時間弱ぐらいかけてゆっくり自転車で走って登校してたんだ。
んで、俺はこの頃(今もだけど)とにかく成績と関心意欲態度が絶望的に悪かった。だから高二の冬休み、俺は1人で学校に行って先生とマンツーマン地獄の補習マラソンをやっていた。
そんな感じでその日もまぁ、19時位まで先生と補習やって帰ることにした。当然、12月後半、めちゃめちゃ寒い、「こんな時間までやんなくてもいいだろクソ」とか悪態をつきながら俺は帰路についた。

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?363

【風習・信仰】12歳以下の子が集まって歌を歌いながら鹿の骨を貰い神社の社に納める、地元の不気味な風習。

このエントリーをはてなブックマークに追加
138: 本当にあった怖い名無し 2021/08/07(土) 19:46:23.36 ID:n4r5q6XR0
地元にあった不気味な風習なんですが

毎年ある日に町の中心にある山の麓の神社で祭りが行われて、12歳以下の子供達が集まって歌を歌いながら民家を周り、酒もしくは鹿の骨、そしてろうそくを貰いながら神社に戻って社に納める、というものがありました

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?363

【オカルト】田んぼで遊んでいたら人が近づいてきた。よく見ると変色した服を着ており異様な臭いを発していた……

このエントリーをはてなブックマークに追加
122: 本当にあった怖い名無し 2021/08/07(土) 11:38:16.93 ID:YRFkdr0g0
誰も何も書いてないから他スレでも書いたけどかくね
小学2年か3年の頃だから9~10年前の話しな。
そんときは、両親が共働きだから学校終わりとか、長期休みなんかはばぁちゃん家に預けられてたのさ、まぁばぁちゃん家っつても同じ市内だしなんなら徒歩10分くらいなんだけど。
そんで、当時は近所の友達とその弟、俺の3人でよく遊んでたんだけど、夏休みなんかは、自転車で少し行ったところの田圃と工場、小さな市民プールがあるとこに行くんだ

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?363

【不思議な話】薄い本が親にバレると発動する特殊能力 / 猫は何もない空中を見つめていてヴーンという音が聞こえてきた

このエントリーをはてなブックマークに追加
111: 本当にあった怖い名無し 2021/08/05(木) 19:04:33.12 ID:FSlCB65Q0
スレチかもしれないけどしっかり不思議である意味怖い実体験

現在18歳のとある男の体験談

これはたしか中学二年生の時の
この時期の定期テストの日の出来事です。
4時間目の数学のテストの時間だったと思います。
なぜだか嫌な胸騒ぎがしたんです。
嫌な胸騒ぎがしつつもテスト中なので集中しなくちゃと思いながら計算に取り組んでいたところ、
唐突に、その時家で何が起こってるのかわかったのです。
なんか部屋の天井と壁のところに監視カメラを置いたような視点の情報が
強制的に頭に情報が流れてくる感じで家で何が起こってるのかわかったんです。
頭に流れこんできたその情景は、お母さんが私の部屋の本棚を漁っているところでした。
そして学校にいるのに家の状況がわかることに戸惑いながらもテストに集中しようとしていたら、
その情景のお母さんは本棚の本の後ろに隠してあったBL本を4冊、見つけ出しやがったのです。
もうテストどころじゃないです。焦りました。ガチで。
あの時ほどオワタ....って思ったことはないくらいに
で、まあ時間はその間にも経つものですからテスト時間は終わり、
数学のテストの点がヤバそうというのとBL本がバレてないかということでドキドキしながら下校しまし

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?363

【怖い話】バス停まであと少しというところで見えた人影、つい歩みを緩めるとこっちに顔向けてきた

このエントリーをはてなブックマークに追加
102: 本当にあった怖い名無し 2021/08/05(木) 09:43:28.03 ID:kImfXSrH0
初めて投稿します。

高校生の頃、バス通学してた俺は部活が終わって帰るとこだった。
時間的に学校から駅までの直のバスがもう無くて、少し離れた市営バスで帰るしかなかった。
辺りはすっかり薄暗くなってて、バス停向かう道にはまばらに生徒や教職員らしき人が歩いてた。

バス停まであと少しの距離で、横道のそう遠くない距離で人影が見えたんだ。

よれよれの作業着みたいな服装で杖のようなものをついてた。
パッと見て俺はついに歩みを緩めちゃって。
そしたらその人もこっちに顔向けてきた。
薄暗かったけどしかめっ面したおじさんのような顔だったことがわかった。
でもやけに目力がすごくて、見開いてるという感じ。
俺は内心ギョッとして、なるべくそういうそぶりは見せずそそくさとバス停に向かった。
後ろから、「ハァッ!エヤァッ!」
って大声があがってビビった俺はついに駆け足になった。

バス停についてもまだバスが来ず、
もしかしてついてくるんじゃなかろうかとヒヤヒヤしながらバスを待ってた。
他にもバス待ちの人がいたのが心強かったな。

続きます

引用元: ・死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?363

ギャラリー
  • 【陰謀論】家族や友達が、または自分がネトウヨやQに目覚めたらと思うと怖い。予防できる?
  • 【陰謀論】有名俳優さん、ついに世界の真実に気付いてしまった……?
  • 【陰謀論】有名俳優さん、ついに世界の真実に気付いてしまった……?
  • 【陰謀論】有名俳優さん、ついに世界の真実に気付いてしまった……?
  • 【陰謀論】有名俳優さん、ついに世界の真実に気付いてしまった……?
  • 【陰謀論】有名俳優さん、ついに世界の真実に気付いてしまった……?
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
アーカイブ
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク