【不思議な体験】近くの山を歩いた帰り、頬に蜘蛛の糸が触れた。その後、黒と黄色の小さい何かが… | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part30∧∧

306: 本当にあった怖い名無し 2006/10/28(土) 04:57:18 ID:0Vy3p2vM0
気晴らしに、近くの山を歩いたその帰り道。

頬に蜘蛛の糸が触れた。
しばらく行くと、また、頬に蜘蛛の糸が触れた。
(雪迎えの季節にしては早いな)
そう思いながら歩いていると、視界の端を、黒と黄色の小さい何かが掠めた。 
(蜂か?!) 
咄嗟にしゃがんだ瞬間、とても忌々しげな誰かの声が大きく響いた。 
「ちっ…!」 
辺りには誰もいない。 
ただ見上げれば、さっきまで俺の頭があった位置で、大きな女郎蜘蛛が1匹、 
ブランコのように揺れていた。

307: 本当にあった怖い名無し 2006/10/28(土) 04:58:04 ID:0Vy3p2vM0
友人の話。

車で仲間達とキャンプ場へ行く途中、道を横切ろうとした動物を
撥ねてしまった。
後続車両が無かったので、その場へ車を止め、降りてみると、
サルの親子が死んでいた。
仲間全員で手を合わせて詫びた。

ただ、ひとつ不思議な事があった。
子ザルの方は、生々しく血にまみれている。
しかし、妙な具合に折れ曲がり、横たわっている親ザルは、一滴の
血すら流しておらず、皮膚がビーフジャーキーのようにどす黒い。
辺りにはなんとも言えない異臭が漂う。
まるで、ミイラのような親ザルの姿だった。

それらをそのまま路上に放置しておくのも憚られたので、車から
スコップを降ろし、道路沿いの土の中へ埋めた。

「よく、母ザルが死んだ子ザルを何日までも抱いてる事があるって
言うけど、その逆なんて考えられないし…」
友人は、未だに首を傾げている。

PICKUP!

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【風習・信仰】お寺には入ってはいけない場所、禁域がある。 崖下から忌みものが村に戻っていかないように守っているんだそうだ。
  • 【オカルト】おばあさんが「獣くさい。狐がいる」と 四人のうち2人が聞いた。私ともう一人は「いらっしゃい。大きいねぇ」くらいしか喋っていないと主張
  • 【都市伝説】『人を喰った話』彼女は「見てて」と言って、紙とボールペンを取り出して「ぎょーざ」と字を書きました。そして口に放りこんで……
  • 【ほんのり】関東大震災から逃げて来た人の話。当時はまだ今で言うオカルトみたいな迷信とかも信じられていた
  • 【オカルト】「通りすがりの変質者の霊にからかわれた!」と怒り心頭でいたら……
  • 【不思議な体験】大学生のとき祖父が他界した。最後、意識は無いが苦しみながらずっといろいろ独り言(うわごと?)を言ってたらしい。
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク