【怖い話】夜中に帰宅してエレベーターを待っていたんですが、そこですれ違った人達が明らかにおかしかったんです | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1367777870/

127: 本当にあった怖い名無し 2013/05/06(月) 03:19:57.00 ID:B/P4G6950
ついさっきちょっと不気味な体験をしたんで投下させてもらいます。
全然大したことない話のはずです。

128: 本当にあった怖い名無し 2013/05/06(月) 03:19:58.00 ID:B/P4G6950
仕事を終えて、軽く引っ掛けて帰宅したわけなんですが
自宅のあるマンションのエントランスに差し掛かったとき
エレベーターに青っぽい服を着た女性が乗り込みドアが閉まるのが見えました。
タイミングの悪さを呪いつつも、隣人と顔を合わせる気まずさを回避できたと解釈したのですが
そのエレベーターが二階に止まったものだから「階段使えやダボ」などと心の中で悪態をついていました。

129: 本当にあった怖い名無し 2013/05/06(月) 03:19:59.00 ID:B/P4G6950
エレベーターのドアが開き女性物の靴音が聞こえてきたのを確認し
エレベーターが下りてくるのを待っていたのですが
今度は上昇し、五階に停止しました、全くもって間の悪いことです。
しかし、今度こそエレベーターは一階に降りてきて
住人と軽く会釈でも交わすのだろうと待ち構えていたのですが、
エレベーターはまたも二階に停止しました。
不可解な出来事に多少戸惑いを憶えたものの
ようやく降りてきたエレベーターに乗り込みドアが閉まる間際に見えた住人を見てなんとなく納得しました。

130: 本当にあった怖い名無し 2013/05/06(月) 03:20:00.00 ID:B/P4G6950
おそらく二階でエレベーターを降り階段で一階に下りてきたと思われる
二人の男女(共に三十代半ばくらい)は両手にゴミ袋を持っていました。
うちのマンションのエレベーターはどこかの階で待っている人がいると
その階のボタンのランプが自動的に点灯するようになっているため
一階で誰かが待っているのを察知した彼らは、夜間のゴミ出しを咎められるのを嫌って
わざわざ二階で降りたのだろうと、そう考えました。
自室のある、そして彼らが乗り込んできた五階にエレベーターが到着すると
通路に一人の男が立っていたのです。

131: 本当にあった怖い名無し 2013/05/06(月) 03:20:01.00 ID:B/P4G6950
その男は上下白のナイロンジャージを着たチンピラ風の男でしたが顔は確認できませんでした。
なぜなら彼は通路から階下を覗き込んでいて、彼がこちらを振り向いた一瞬しか顔が見えなかったからです。
しかも背後を振り返ったものの不自然なほど素早く視線を階下に戻した様子は
顔を見られることを嫌っているように見えました。
そして、彼が覗き込んでいる先にあるものは、ゴミ袋を持った男女が向かったであろうゴミ捨て場。
まるで男女を監視しているような様子と、視線を嫌うような態度から
うっすらと恐怖を感じ、足早に自室へと向かいましたが

132: 本当にあった怖い名無し 2013/05/06(月) 03:20:02.00 ID:B/P4G6950
私の部屋は通路の突き当たりの角部屋でその先には階段もなにもないにも関わらず
男の足音が背後からゆっくり近づいてくるのを感じたとき恐怖がはっきりしたものへと変わりました。
振り返って背後を確認したいけど、振り返れば何かが起こりそうで振り返れない
そんなジレンマを感じながらも、男が歩速を早める気配もないため緊迫しながらも
平静を保ったまま自室にたどりつき、素早く開錠、入室、施錠し、一息ついたのでした。

133: 本当にあった怖い名無し 2013/05/06(月) 03:20:03.00 ID:B/P4G6950
しかし、外の様子が気になり扉の小窓から外を覗いてみると
ジャージ男が何するでもなく私の部屋の手前くらいに立っていて
レンズの湾曲で正確に特徴を捉えられているかわかりませんが今度は顔も見えました。
20代半ばくらいで黒髪の短髪でニヤケ顔。
恐怖感のせいかもしれませんがニヤケ顔から彼の暴力を好む性質が滲み出ているような気がしました。
ジャージ男はレンズを覗き込んでから五秒もしないうちに立ち去りましたが
視界から消えてから誰かと電話する声が聞こえてきました。
「もしもし、ご苦労さまです。」そこまで聞き取れましたがそれ以降は声が遠くて
何度か「はい」「大丈夫です」と言った部分しか聞き取れませんでした。

134: 本当にあった怖い名無し 2013/05/06(月) 03:20:04.00 ID:B/P4G6950
自身の安全を確保し、落ち着きをとりもどし
体験した事を冷静に振り返ってみるといくつかの事に気がつきました。
一つは、最初に私が乗りそびれたエレベーターに乗り込んだ女性と
ゴミ出しの二人組みの女性は同一人物ではないかという事。
最初に見た女性は青っぽい色、ゴミ出しの女性は紫色に見えましたが
花柄っぽいミニのワンピースにデニムのパンツというのは共通していました。(よくあるコーディネートですが)
もう一つは、ゴミ出しの男女が持っていたゴミが不自然に多いという事です。
彼らは両手に一つずつゴミ袋を持っているように見えましたが
一人暮らし向けのワンルームマンションの一室が出すゴミとしては例え二人で暮らしているにしても
その量は多すぎる気がしたのです。

140: 本当にあった怖い名無し 2013/05/06(月) 03:20:10.00 ID:MklsgmW50
>>134
都市特有の怖い話だね。ウシジマみたいな世界か?

136: 本当にあった怖い名無し 2013/05/06(月) 03:20:06.00 ID:9AcqLsPyP
夜逃げじゃね?

143: 本当にあった怖い名無し 2013/05/06(月) 03:20:13.00 ID:EEXz319bO
一人暮らしでゴミが溜まるってどんなずぼらな性格だよ
俺ちゃんとゴミ出し日に出してるからゴミなんか溜まらんぞ

PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2017年06月19日 05:43
    • バラバラうにゃうにゃ…。

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【都市伝説】『鉤手の男』 助手席に回りこみ、彼ははっと息を呑んだ。助手席のドアのレバーに血だらけのフックと……
  • 【オカルト】視界の端にあるエアコンから巨大な影がゾゾゾと出てきたが視線を向けると何も居ない
  • 【ほんのり】スマホの翻訳アプリを起動させボリビアの公用語に変換して音声再生でエケコの耳元へスマホもっていき延々聴かせてやった
  • 【都市伝説】石原裕次郎の体験談「途中で滑落してしまった遺体を確認したら、体中の凹凸が全部なくなってた」
  • 【不思議な体験】「実際霊なのかなんなのか」「子供は結構そういうの敏感」「なんでか夏ばかり」
  • 【オカルト】ふと風呂釜の中から異様な気配を感じた。見ちゃいけないと分かってるのにチラリと見てしまった。 憑いて帰って来てない事だけを今は祈ってる。
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク