【都市伝説】「タクシードライバー」2選 | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

73あなたのうしろに名無しさんが・・・ ID:

誰でも知ってる都市伝説 その1)【タクシードライバー】
中年のタクシードライバーがいた。

タクシー業界では最近こんな
噂が流行っていた。「○○墓地付近で手を上げてる赤い服装の女を乗せてはいけない」
その中年のタクシードライバーは「幽霊ってオチだろ?幽霊でも運賃払ってくれるん
っだったら別にいいんじゃない?」

ある夜のこと、中年のタクシードライバーはその日もたいして客を拾えず、「あ~これじゃあ給料がなあ・・」と
ボヤきながらいつものように○○墓地前を通りかかった。
(当然、赤服の女がいるわけで・・スマソ・・・)
と、その時!前方で人が手をあげているではないか。「お?お客さんか」とその人がいる場所へ車を走らせたところ
なんと赤い服装の女性が手をあげているではないか。「さっそくおでましかい・・」と思いつつも客が手を上げているのだから
仕方なしに乗せることとした。女は血の気もあり霊や物の怪の類には見えなかった。

中年ドライバーは「こんな遅くにこんなとこで何してらしたんだい?」
女「最終のバスに乗り遅れてしまって・・歩いて帰ろうかと思ったのだけれども途中で疲れちゃって・・」 と。   ↓続く




7473 ID:

続き

中年ドライバーはその時ふと思った。(このへんってバス路線あったかなあ)と。
「・・・最近妙な噂を聞きましてね、ここらの墓地付近で赤い服装の女性を乗せるといつのまにかフっと突然消えて
しまうって噂なんですがね、まさかお客さんは幽霊じゃないですよね?」
女はクスクスと笑いながら「まさかそんなぁ。幽霊だったらタクシーなんて使わないでしょ」
タクシードライバー「ハッハッハ!そうですよねえ!まあこんな噂はタクシー業界ではどこにでもあるんです」
女「クスクス・・・」

タクシードライバー「おっとっと、目的地を聞いてませんでしたな。」
女「このまま真っ直ぐの××番地付近なんですが・・・」
タクシードライバー「わかりやした!ところでお客さんはずいぶんと派手な色のコートですなあ!
手を上げてなくてもす~ぐ気づいてしまいやしたよ!」
女「クスクス、彼氏が赤が好きなんですよ・・」

続く↓




7573 ID:

改行下手でスマソ・・

続き

道中、これといった不自然な事はなく、車は「目的地」へと向かっていった。
しかしタクシードライバーはルームミラーにどうしても目をやることができなかった。
ただなんとなく左上の視界に「赤い物体」が写っている程度で、(たのむから消えたりしないでね・・・)
と心の中でつぶやいたりしていたが、正直なところはビビっていたのだ。

タクシードライバー「お客さん、そろそろ着きまっせ~」
女「そうですか・・じゃあもう少し行ったところを右折してください。そしたらすぐ我が家がありますので
家の前までお願いします」

車は家の前に到着した。

タクシードライバー「到着です。え~と5260円のところ5千円におまけしちゃう!」
女「え?いいんですか?ありがとうございます」

女が財布をバッグから取り出した。

女「あっ!ごめんなさい運転手さん・・今手持ち足りなくて・・・家から持ってきますので待ってていただけます?」
タクシードライバー「はいはい。」

女が車から降り家へと入っていった。
タクシードライバーは正直ホッとしていた。(幽霊じゃなくてよかったよホント・・・)

続く




7673 ID:

そろそろ誰かオチ突っ込めや~!!・・ってこんな早朝にスマソ・・・

続き

女が家に入ってから10分が過ぎた。
タクシードライバー(遅いなあ・・・タダ乗りは勘弁してくれよ・・)
2本目のタバコを吸い終えたところで、タクシードライバーはその女の家へ自ら出向くことにした。

ピンポーン・・・チャイムを鳴らす
タクシードライバー「お客さーん!まだですか~~?」
・・・・・・・・・・・・・・ 
反応がない。

2回目のチャイム  ピンポーン・・・

タクシードライバー「お客さーん!!タダ乗りは駄目ですよ~~~!!」





ガチャ・・ドアが開いた





7873 ID:

「なんです?こんな夜中に・・・」

出てきたのは先ほどの赤い服装の女性ではなく、男だった。

タクシードライバー「え?いや、今さっき女性を乗せてましてね、手持ちが足りないとかでここの家に取りに行ったんですが・・・
ああ、わたくしタクシーの運転手です」

男「うちに女なんていないですが・・・
・・・あ!今女っていいました?まさか赤の服装でしたか!?」
男の様子が変わる。
タクシードライバー「ええ、赤いコートだったような・・彼氏さんが赤が好きだとかで・・」

男「!!!そ、それは・・たしかに俺の彼女でした!」
タクシードライバー「えっ!?・・・でした??というと?」
男「・・・ええ、それが・・数日前・・・事故で・・昨日・・息を引き取りました・・・うぅ」

タクシードライバーはその時あの噂を思い出した。
タクシードライバー「そ、そそそそそうですか!あ、ああああああの世の人からはお金なんて取れません!
わかりましたわかりました・・」



背筋が寒くなったタクシードライバーは足早に帰っていった。





80あなたのうしろに名無しさんが・・・ ID:

これで終わり?




8373 ID:

ここで終わらせておけばそれなりに怖いんだよねえ・・・オチいきます!

タクシーはすごい速さで去っていった。
男が家に入ると、赤い服装の女が居間にいた。

男「フフ、うまく追っ払えたよ」
女「ありがと。またタダ乗りしちゃったw」
男「おまえってやつは・・・つくづくワルだな・・・ププ あの運転手の顔といったら・・・
あーっはっは!!」 女「アッハッハ!つ~かこれ思いついたのアンタでしょや~~」

しばらくして女がミスを犯したことに気がついた。
女「やっばあ・・・バッグ車に忘れてきちゃったよ・・」
男「おいおい・・・お前財布の中けっこう入ってるんだろが・・」
女「どうしよう・・・」 男「あ~あ・・正直にタクシー会社に電話して謝るしかないな・・・」
女「ごめん~・・たしかあのタクシーは△△タクシーだったかな。運転手さんの名前は・・・たしか■■さん」

男が△△タクシー会社に電話をかけた。

男「もしもし、実はバッグをお宅の■■さんの車の中に(中略)」
電話の声「え?・・■■運転手は一昨日大型車との事故で亡くなっておりますが・・・
何かのイタズラですか??」
男「え!?いや先ほどたしかに家まで送っていただいたんですが・・」

と、その刹那! 

ピンポーン・・・   

男&女「!!!」 女「だ、誰かな・・・」 男「ま、まさか・・」  女が恐る恐るインターホンの受話器を手にとると・・・

受話器からの声「・・・あのぉ~~~、バッグを忘れていたみたいなので届けに参りました~~~」

  おそらく都市伝説なはず・・・既出ならスマソ・・




85あなたのうしろに名無しさんが・・・ ID:

>>84
ごくろうさまです。
こういう既出と思ったらオチが違う、ってパターン好きだ・・・




86あなたのうしろに名無しさんが・・・ ID:

女の無料乗りは容易に想像できたが、
まさか運転手があの世の人たあねえ。
しかも本人死んだことにきずいてないのか?




87あなたのうしろに名無しさんが・・・ ID:

それ、もっと切ない感じのを読んだことある。
詳細はちょっと違うが、筋はだいたいこんな感じ。


タクシー運転手Aさんは、とある雨の夜に夜勤で車を走らせていた。
「こんな日は出るって噂なんだよな」
ここ数日は何故か客を拾えず、噂のせいもあって鬱々とした
気持ちでいたAさんの目に、道ばたで手を挙げる女性の姿が移った。
「おっ、客だ」
さっそく車を停め、その女性を乗せたAさん。
行き先を聞いて走らせるうちに、女性が噂に語られる幽霊の特徴と
酷似していることに気が付いてしまった
「まさか・・・」
Aさんは平静を装いながら、内心はかなり怯えてしまった。
気になり出すと、どうしても女性が幽霊に思えてしかたがない。
「どうして俺がこんな目に・・・ 成績も落ちてるってのに・・・」
車も放り捨てて逃げ出したい気持ちに駆られた。

そこでAさんはハッと気が付いた。自宅のすぐ近くに来ている!
「お客さん、私ちょっと家に忘れ物してきちゃいまして、
すぐそこですので取りに行っていいですか?」
「・・・はい、どうぞ」
か細い声で女性は答えた。

後部座席で、女性は内心ほくそ笑んでいた。
(幽霊のふりするだけで、こんな簡単にただ乗りできるなんてね)
タクシー幽霊の噂が立ち始めたころに手口を思いつき、
以来ずっと常習犯だったのだ。




8887 ID:

やがて車は大通りを外れて住宅街に入っていき、ある家の前で停まった。
「ここです。すぐ戻ってきますから、ちょっと待ってて下さい」
Aさんは家族の待つ家に戻りながら、安堵と幸福感で満たされた。
(ああ、やっと帰ってこられた・・・)

女性は大人しく待っていた。
しかし5分経ち、10分が過ぎてもAさんは戻ってこない。
「変ねえ、見つからないのかしら」
あまりに遅いので、とうとう幽霊のふりをするのもやめにして
呼びに行ってみることにした。

ピンポーン

チャイムを鳴らすと、Aさんの妻と思しき年格好の女性が出てきた。
心なしか元気がなく落ち込んだ様子だった。
「どちら様でしょう・・・?」
「あの、私今までご主人のタクシーに乗っていた者ですが」
女性がかいつまんで事情を話すと、妻の顔色が見る見る変わっていった。
「そ、それは何かの間違いです・・・ 主人は3日前に亡くなったんですから」
妻はそれだけ言うと泣き崩れた。
女性は驚いて後ずさった。その目に家の表札が映った。
書いてあったAさんの名前、その名前に女性は覚えがあった。

数日前ニュースや新聞で騒がれた、タクシー強盗殺人の被害者だった・・・


バブルの頃、タクシー強盗が多発してた頃だった記憶がある




89あなたのうしろに名無しさんが・・・ ID:

確か星新一のショートショートにもタクシーの方が幽霊っていう逆転話があったはず。
ただし、こっちは「女が騙そうとして云々」のくだりがない、
もっとシンプルな話だったけど。




90あなたのうしろに名無しさんが・・・ ID:

これ系のでは、主人公の恋人と友達が事故った後
訪ねてきた友達に「あいつは死んだ」と聞かされるが
恋人が自分を呼ぶ声がドアの外から・・・ってのがありましたね。
ちょっと前のゴシックホラー映画でもあったが、これは
お互いに見えないという設定だったな。




引用元:【千客】★都市伝説総合スレ3★【万来】

PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2017年07月13日 01:47
    • 知ってる話ではあったが、書き方ひとつでこうもつまらなくできるとは恐れ入った。

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【意味怖】両親を墜落事故で亡くした俺は去年から妹と二人暮らし…だったのだが、その妹は今年の春から留学中。【解説あり】
  • 【意味怖】両親を墜落事故で亡くした俺は去年から妹と二人暮らし…だったのだが、その妹は今年の春から留学中。【解説あり】
  • 【怖い話】団地の階段の前に黒いゴミ袋があって、開けてみたら血とグニョグニョしたへんなものが入ってて【体液注意】
  • 【オカルト】彼女らがいる部屋に一直線にコツコツとハイヒール鳴らして何者か、おそらく女が向かってきている
  • 【ほんのり】親友の女の子の母親が、ヘンな能力を持っている。行方不明者の生死を当てるんだけど  生きてる人とは交信できない
  • 【意味怖】「降りる駅が落ちる駅だよ」 「貴方の降りる駅が、私の落ちる駅」【解説あり】
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク