【オカルト】落ちた拍子に首がぽろりともげました。 | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

235コピペ1 ID:

よく人形には魂が宿るといいますよね。
私が体験した話も、そんな人形の話です。

今から数年前、専業主婦をしている私は、
夫を会社に送りだしたあとテレビを見て暇をつぶしていました。
洗濯物をほしながら、そろそろ買い物に出かけようかと思っていると、
隣のB子さんが私に声をかけてきました。

『これから、みんなでA子さんの家におじゃまするんだけど
あなたも一緒に行かない?』

特に用事もなく、退屈していた私は二つ返事で行きますと答えました。

A子さんの家は少し離れた敷地に建っていて、古いけど、大きくてすてきな家です。
借家住まいの私にはうらやましい限りです。
今まで、何度もおじゃましていて私たちは、特に洋風の部屋がお気に入りでした。
私はその部屋でおしゃべりしようと提案すると、みんなも、それがいいと言いました。
すると、A子さんは、
『あそこの部屋は今ちょっと...』
と、困ったような表情をしていたのですが、
すっかりはしゃいでいた私は、お願いしてその部屋で、おしゃべりをすることになりました




236コピペ2 ID:

その部屋にはいるとき、Aさんは小さい声で何か言いました。
『今日は、機嫌が悪いから....』
私にはそう聞こえました。

その部屋は明るい色の絨毯が敷いてあり、
大きなピアノの上にはかわいいフランス人形がおいてありました。

会話が弾んで、時間がたつのも忘れていると
さっきまで、正面を向いていたはずの人形の首がこちらを向いているのに気づきました。
きっと気のせいだと思い、おしゃべりを続けていると、

『ごとっっっ』

不意に、大きな音がして、人形が床にころがりました。
落ちた拍子に首がぽろりともげました。
私は
『あらあら、かわいそうに』
といって、人形の首を手に取りました。
その人形の顔を見て叫び声をあげてしまいました。
さっきまで、かわいい顔をしていた人形は、
すっかり人相が変わりすべすべだった肌には深いしわがより、
栗色の長い髪の毛は、ぼさぼさの白髪に、
目はくぼんで、真っ赤に血走った目で私をにらみつけているようでした。




237コピペ3 ID:

A子さんは
『だから言ったでしょ、今日は機嫌が悪いって..』

ぽつりとつぶやくのを、私は聞き漏らしませんでした。




引用元:人形にまつわる 怖い話し教えてください・・・。

PICKUP!

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【オカルト】俺のほうに顔を近づけ、小声で「わたしの動き見てたでしょう 知ってますよ」とつけ加えた
  • 【オカルト】マルタさんって知ってる人いない? 見た目は普通の人間だけど、手が傷でドロドロになっている。目を合わせてはいけない。
  • 【ほんのり】昔から古戦場跡とかで体調崩しやすかったけどあんなに露骨だったのは関ヶ原だけ
  • 【オカルト】昔から、大泣きすると聞いたことの無いような言語が聞こえてくる。例えようがないんだけど、毎回似たような感じ。
  • 【オカルト】曲がり角とか電柱の陰とかって何かを見る人が多い
  • 【オカルト】なんとなく運転席の方を見ると、名探偵コナンの犯人のように全身真っ黒な奴が座っていた。のっぺらぼうみたいに目も口も無かった。
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク