【オカルト】綺麗なホテルなのに、部屋が凄く暗い。仕方なく寝たら足元の方で黒い影がユラユラ、よくみると女の人が立ってて… | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1362808016/

185: 本当にあった怖い名無し 2013/03/09(土) 14:50:01.00 ID:u9crji6/0
つい先日、旅先で泊まったホテルでの話
ホテル自体は凄く綺麗でキラキラと明るかったのに部屋だけ明らかに雰囲気が暗くて重い感じがしたんだ。
けど一泊だったのもあるし何よりその日に盛大に捻挫してしまってたから、とにかく早く寝たい&休憩したいと言う気持ちが勝り結局その部屋に泊まることにした。
足首を動かすと痛かったので一晩寝て様子を見てから直ぐに地元に帰るか決めようと思い、寝ることに。なかなか寝付けなかったけどウトウトし出して数十分後に突然の金縛り。
足下の方で黒い影がフラフラ揺れているので目を凝らしてみると女の人らしき影がボーッと突っ立ってる。幽霊を見るのが初めてだし金縛りも人生二回目だったから「やべぇよ、やべぇよ」と一人出川状態。 
その女の人がユラユラ揺れてたかと思うといきなりガッと足首を掴んできた! 
けれども、いかんせん捻挫してる方の足だったもんで激痛が走り、振りほどこうとジタバタすると突然足が自由に。だが余りにも突然だったのでそのままの勢いで捻挫してる足で壁に会心の一撃をかましてしまった。 
「ふざけんなよコノヤローがよォ‼お前幽霊ならどっちの足が捻挫ぐらいわかれや‼」などと人生で1番の激痛に大声で喚いていると突如扉がドンドン叩かれて「大丈夫ですか?どうかされましたか?」とお隣さんが通報したらしいフロントが飛んできた。 
足下を見ると、とっくに女の人なんかいない。 
幽霊が出たなんて言えないし捻挫した足がいきなり痛み出してと言うと救急車まで呼ばれる大事に。近づいて来るピーポーピーポー音。担架で運ばれて行く様を部屋からチラチラ覗かれる羞恥プレイ。そして医者に何故早く来なかった、骨折の方がマシだったとか怒られる始末。 
折角の初霊体験だったのにあの女に対する怒りしか湧いて来ない(´Д` )

186: 本当にあった怖い名無し 2013/03/09(土) 14:50:02.00 ID:6MjSpocd0
>>185
幽霊に治療費請求していいレベル
だがしかし、残念ながら幽霊だけに【おあしが無い】

187: 本当にあった怖い名無し 2013/03/09(土) 14:50:03.00 ID:xmuy9fjj0
>>186
誰がうまい事を言えと

188: 本当にあった怖い名無し 2013/03/09(土) 14:50:04.00 ID:FxfHMMfKO
盛大な捻挫って何だよ。どんな捻挫フェスティバルだよ

189: 本当にあった怖い名無し 2013/03/09(土) 14:50:05.00 ID:aK41ebn10
骨折レベルの捻挫ってあるからな
捻挫なのにひざから指先までギプスくらったわ

PICKUP!

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【オカルト】事故物件に入居してしまうのは、たまたま偶然になどではない。   その人が必然的に呼ばれてしまうんだよ。
  • 【怖い話】昔、本当に通称『幽霊列車』と呼ばれていた列車が走ってた時期があった。それは時刻表にも載らない臨時列車で、乗っているのは男のみ。
  • 【陰謀論】面白い陰謀論教えてや 『現在の欧州の王家や旧王家がドイツ系かフランス系しかいないのは独仏が裏で手を組んでるから』
  • 【ほんのり】自分が来たときから住んでる上の階の住人が、小さな子供連れで、深夜になってもどたどた足音が聞こえてきてた
  • 【オカルト】灯台の断崖絶壁を、人が這い上がって登っているのです。 三人とも無言で、ひたすらその異様な光景を見ていました。
  • 【風習・信仰】埋葬後3年目に遺体を掘り出して洗骨する風習があった。  洗骨しないと次の死者が埋葬できないしきたりだった
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク