【言い伝え】「白い鬼が山向こうからやってきて村人と仲良くなり水田を作り、村人と結婚して幸せに暮らした。」実際に本家の人の肌の色は日本人離れした白さ | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

91名無しさん@おーぷん2017/07/20(木)00:23:04 ID: ID:DAH

ワイのパッパは割とガチな体験を結構しとるが、話をすると色々呼び寄せるらしいから怖くてようせんわ
ちな平和県在住




107名無しさん@おーぷん2017/07/20(木)00:31:37 ID: ID:DAH

あと、怖くはないかもしれへんけど、ワイの母方の実家がある地域には色んな昔話が残っとる

ほとんどは差別がひどくて、とても話せたもんやないが、
「白い鬼が山向こうからやってきて村人と仲良くなり水田を作り、村人と結婚して幸せに暮らした。」って話と、
「源氏に敗れた平氏の姫様が逃げてきて、逃げた先で農民の若者と仲良くなり結婚して子供を作り村を作った。その村が今のこの地域の発祥。」って話がある。

簡単に特定されそうで怖いが、前者の話の証拠っちゅうかなんちゅうか、実際に本家の人の肌の色は日本人離れした白さやから、ワイは勝手に白い鬼は白人のことやと思っとる
まぁ、その方が人種や言葉の壁を超えて仲良くなったんやなって浪漫があるしな
あと、後者の話は、眉唾もんやと勝手に思っとる
けど、夏になったら仏壇に白い長方形の細い和紙としめ縄を飾るし、なんか関係があったんやないかとも思っとる




引用元:夏だし怖い話しようや!

PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2017年08月09日 14:31
    • どっちのエピソードも、怖くもないし、オカルトでもなくね?
      わりとどこにでもある話・・・
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2017年08月09日 14:48
    • マスターキートンの『アザミの紋章』って話を思い出した。
    • 3. 名無しのオカルト
    • 2017年08月09日 17:09
    • 秋田県人に白人の遺伝子混じってるのはよく知られた話ですな
    • 4. 名無しのオカルト
    • 2017年08月11日 12:59
    • ※2
      懐かしいな。アザミの紋章。ロシアもすぐ側にあるし、オランダ、ポルトガル人が漂着することもあるだろうし白人がいても不思議はないな。
    • 5. 名無しのオカルト
    • 2017年08月12日 09:15
    • 平和県ってどこなんだろ。
      落ち人伝説あるってことは関西か?
      今の人の肌が白いから白い鬼は白人だってのは短絡的で小学生が考えそうなレベル。でも本気で伝承を収集していけば面白そうだな
    • 6. 名無しのオカルト
    • 2017年08月16日 16:07
    • 平和県は広島かな
    • 7. 名無しのオカルト
    • 2017年08月16日 18:04
    • 長崎かなと思った。
      長崎は昔から異国との交流が多いし、難破船の船乗りが流れ着いてそうな気がする。
      五島の人は色白が多いし、九州の山の中にも落人伝説はちらほらある。

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【都市伝説】猿の芋洗い伝搬に関する「百匹目の猿」現象を最初に主張した人は、でまかせで言い出した都市伝説に自分自身がなってしまったのだった
  • 【ほんのり】子供の頃って悪い事した時にその行為のプロセスは記憶から消せるような気がする。
  • 【怖い話】ありがとうおじさんは「ありがとー、あっお礼言っちっゃた。僕のまーけーー」  と言うと同時に鼻血を大量に吹き出してニコニコ笑っていた
  • 【オカルト】気が付いたら朝で、キッチンを見ると、水場に持ってあった盛り塩が弾け飛んでました。 このままだと本気でヤバい……
  • 【妖怪】なぜか顔を向こうに向けたまま、  「この赤ん坊、泣いて泣いてしょうがないから食っていいか」と言った
  • 【不思議な体験】白くて長細くて、ふよふよした布のような物体が空を泳いでいた。
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク