【ほんのり】とある本をパラパラめくっていたところ ページの真ん中くらいに横向きに顔が大きく描かれてました | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi

523
本当にあった怖い名無し@\(^o^)/2017/04/09(日) 20:34:32.27 ID: ID:EdlxOBs20.net

そんなに大袈裟な話でもないのでさらっと書きます
中学時代の話なのですが
教科担任が休みで代行の先生が来たのですが
その先生も普段教えない教科で面倒だったのか、その時間は図書室で自習という事になりました
自分も他の子と同じように本を物色していたのですが
とある本(タイトル覚えてません、大判の図鑑だったと思います)をパラパラめくっていたところ
ページの真ん中くらいに横向きに顔が大きく描かれてました

首の方が本の綴じ目に向いてる状態と言えば分かり易いでしょうか? 
恐怖より違和感の方が勝ったのか、自分はポカーンとその顔を見ていたら 
顔はスルスルっと綴じ目の方へ消えて行きました 
そこからまた少しページを進めたら、その顔が再び…そのまま本を閉じ本棚に戻し 
自習時間が終わるまで寝てました 
今でも偶にその顔について考えますが、結局何かは分からないままです




引用元:ほんのりと怖い話スレ 123

PICKUP!

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【オカルト】事故物件に入居してしまうのは、たまたま偶然になどではない。   その人が必然的に呼ばれてしまうんだよ。
  • 【怖い話】昔、本当に通称『幽霊列車』と呼ばれていた列車が走ってた時期があった。それは時刻表にも載らない臨時列車で、乗っているのは男のみ。
  • 【陰謀論】面白い陰謀論教えてや 『現在の欧州の王家や旧王家がドイツ系かフランス系しかいないのは独仏が裏で手を組んでるから』
  • 【ほんのり】自分が来たときから住んでる上の階の住人が、小さな子供連れで、深夜になってもどたどた足音が聞こえてきてた
  • 【オカルト】灯台の断崖絶壁を、人が這い上がって登っているのです。 三人とも無言で、ひたすらその異様な光景を見ていました。
  • 【風習・信仰】埋葬後3年目に遺体を掘り出して洗骨する風習があった。  洗骨しないと次の死者が埋葬できないしきたりだった
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク