【都市伝説】犯人と鉢合わせになったその家の主婦が 刺されて重体になったそうだ。犯人は「くそっ!昼間はいないはずなのに!」と言っていた | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

0adaf2a1
339
あなたのうしろに名無しさんが・・・ ID:

アパートで一人暮らししてる男がいた。
ある日の夕方、帰ってきた男は表札に見覚えのない
シールが貼られている事に気が付いた。
よく見ないと気が付かないような小さなシール。
訪問販売員か何かの勧誘員が勝手に張ったんだろう・・・
と、そのシールをはがして、つい隣りの家の表札に
張り付けた。

2、3日たって、男が帰ってくるとアパートの周りが
騒がしい。パトカーが集まり人だかりができている。
同じ階の住人を見つけたので事情を聞いたみたところ
泥棒が入り、犯人と鉢合わせになったその家の主婦が
刺されて重体になったそうだ。
近くの部屋の住人には2人が揉み合う音が聞こえたそうだ。
犯人は「くそっ!昼間はいないはずなのに!」
と言っていたらしい。




 

345あなたのうしろに名無しさんが・・・ ID:

>>339
ヴェリィ~グッ!




341あなたのうしろに名無しさんが・・・ ID:

>339
何日か前、とくダネで特集やってたね。
訪問販売とかのグループの符丁なんだとか。




引用元:【千客】★都市伝説総合スレ3★【万来】

PICKUP!

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【オカルト】事故物件に入居してしまうのは、たまたま偶然になどではない。   その人が必然的に呼ばれてしまうんだよ。
  • 【怖い話】昔、本当に通称『幽霊列車』と呼ばれていた列車が走ってた時期があった。それは時刻表にも載らない臨時列車で、乗っているのは男のみ。
  • 【陰謀論】面白い陰謀論教えてや 『現在の欧州の王家や旧王家がドイツ系かフランス系しかいないのは独仏が裏で手を組んでるから』
  • 【ほんのり】自分が来たときから住んでる上の階の住人が、小さな子供連れで、深夜になってもどたどた足音が聞こえてきてた
  • 【オカルト】灯台の断崖絶壁を、人が這い上がって登っているのです。 三人とも無言で、ひたすらその異様な光景を見ていました。
  • 【風習・信仰】埋葬後3年目に遺体を掘り出して洗骨する風習があった。  洗骨しないと次の死者が埋葬できないしきたりだった
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク