【都市伝説】「最初の子は、猫が好きでしたから…」 「かわいらしい子じゃないか。」 「猫の毛皮で、バッグを作ってプレゼントしました。」 「……なんだって?」 | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

0adaf2a1
600
あなたのうしろに名無しさんが・・・ ID:

アメリカのある会社で。
一人の優秀な青年が働いていたのだが、彼は最近元気がない。
時々彼はこのように不振になるので、彼の課の課長は心配していた。
ある日、課長は青年にバーに誘われた。相談に乗って欲しいのだという。
彼に頑張ってもらわないと業績が落ちてしまう、と気にかけていたので、
課長はOKした。
さて、青年の悩みとは、女性問題だった。
課長は、悩みが意外にも些細な事だったので安心した。
「課長、僕は、いつもいつも好きな女性に振られてしまうんです僕はあんなに
 彼女たちの事を愛していたのに。色んな物をプレゼントしたのに。」
「…気持ちはわかるよ。…しかし、女性はあまりあつくるしく愛されると
 逆に遠ざかってしまうからね。君はどんなものをプレゼントしたんだい?」
「そうですね…最初の子は、猫が好きでしたから…」
「かわいらしい子じゃないか。」
「猫の毛皮で、バッグを作ってプレゼントしました。」
「……なんだって?」




 

607あなたのうしろに名無しさんが・・・ ID:

>>600
イイ!!




601あなたのうしろに名無しさんが・・・ ID:

「次の子は、犬でした。だから犬の毛皮でバッグを作りました。」
「き、きみ…本当にそんな事をしたのかい?」
「その次はやっかいでした。ミッキーマウスが好きだって言うんです、
 ネズミは小さいですから、苦労しました。それと、その次、より
 にもよって象ですよ?おととし、一周間の休暇をいただいたでしょう?
 仕方がないから、タイに行って象を一匹さばいてきました。
 
 …こんなにも、愛情をそそいでいるのに、彼女たちはプレゼントを
 渡した後口も聞いてくれない。本当に、女性の気持ちはわかりません。」
そういって、青年は課長のほうを向いてニッコリ微笑んだ。
「……ハハ、アハハハハ。君にそんなユーモアがあるとは思わなかったな
 面白いジョークだった。すっかり一杯食わされてしまったよ。」
二人は、声を合わせて大笑いした。
「ハハハハ… ところで、課長。」
「ハハ…なんだね?」
「昨日、いま僕の好きな女の子に振られてしまったんです
 彼女、課長の事が好きだから諦めてくれって言うんです…」




引用元:【千客】★都市伝説総合スレ3★【万来】

PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2017年09月09日 20:14
    • なかなか良く出来ました。
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2017年09月09日 23:26
    • 数年後、彼はとうとう自分のことが好きだという女の子を見つけた。
      彼は彼女のため自分の胸にナイフを……
    • 3.
    • 2017年09月10日 05:07
    • このコメントは削除されました。

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【陰謀論】面白い陰謀論教えてや 『現在の欧州の王家や旧王家がドイツ系かフランス系しかいないのは独仏が裏で手を組んでるから』
  • 【ほんのり】自分が来たときから住んでる上の階の住人が、小さな子供連れで、深夜になってもどたどた足音が聞こえてきてた
  • 【オカルト】灯台の断崖絶壁を、人が這い上がって登っているのです。 三人とも無言で、ひたすらその異様な光景を見ていました。
  • 【風習・信仰】埋葬後3年目に遺体を掘り出して洗骨する風習があった。  洗骨しないと次の死者が埋葬できないしきたりだった
  • 【オカルト】近鉄の最終電車  中はガラガラなのに走っているのを外から見ると  満員状態
  • 【オカルト談義】女には、呪術的で神聖な力が宿っていると信じられていたんだね。  西洋の魔女狩りにも見られる、この「女性の神秘性」ってすごく興味深い
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク