【ほんのり】自殺の名所にて。進行方向が同じだったいつまでも男性が現れる気配が無い。二人はまさかと思い、気になるので再び車に乗って帰る方向だし見に行くことに。 | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

0adaf2a1
805
本当にあった怖い名無し@\(^o^)/2017/05/06(土) 06:47:38.64 ID: ID:farP0Uy70.net

彼が体験した話
若い頃友達と心霊スポットに行こうとなって、車で自殺の名所の橋に向かったらしい。
車で橋に入ると、橋の途中手ぶらのスーツ姿の男性がうつむいてとぼとぼ歩いていたらしい(男性も彼も進行方向は同じ)
周りには何キロ先民家も何もないような、
山っぽい(山にもうすぐ入るというような感じ?)場所で手ぶらで歩いてるのは怪しいけど、
なんとなく幽霊っぽくないし、その男性を普通に追い越して橋を出てすぐの自販機とトイレしかないよくあるボロい、
道の駅のとんでもなくショボいバージョンのとこに車を停めてコーヒーを飲んで休憩していた。


橋の方を見ながら二人で何もなかったなーとしばらく雑談していたが、橋から男性が現れる気配が無い。(徒歩でももう橋をからとっくに出てくるであろう時間は経った) 

二人はまさかと思い、気になるので再び車に乗って帰る方向だし見に行くことに。 

どれだけ戻っても橋に姿は無いし、橋を過ぎてどんどん戻っても結局姿は無かったそうです。 
道はずっと一本道で、橋には自殺防止ネットが張り巡らされているので橋から落ちることも不可能です。




引用元:ほんのりと怖い話スレ 123

PICKUP!

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【陰謀論】面白い陰謀論教えてや 『現在の欧州の王家や旧王家がドイツ系かフランス系しかいないのは独仏が裏で手を組んでるから』
  • 【ほんのり】自分が来たときから住んでる上の階の住人が、小さな子供連れで、深夜になってもどたどた足音が聞こえてきてた
  • 【オカルト】灯台の断崖絶壁を、人が這い上がって登っているのです。 三人とも無言で、ひたすらその異様な光景を見ていました。
  • 【風習・信仰】埋葬後3年目に遺体を掘り出して洗骨する風習があった。  洗骨しないと次の死者が埋葬できないしきたりだった
  • 【オカルト】近鉄の最終電車  中はガラガラなのに走っているのを外から見ると  満員状態
  • 【オカルト談義】女には、呪術的で神聖な力が宿っていると信じられていたんだね。  西洋の魔女狩りにも見られる、この「女性の神秘性」ってすごく興味深い
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク