【ほんのり】20代のうち半分は病院で過ごしている俺の体験した心霊現象。俺が入院したのは窓に鉄格子がはめられている古典的な病院だった。 | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
571
本当にあった怖い名無し@\(^o^)/2017/07/04(火) 19:27:51.82 ID: ID:0xwX8eE80.net

20代のうち半分は病院で過ごしている俺の体験した心霊現象需要ある?




 

594本当にあった怖い名無し@\(^o^)/2017/07/05(水) 21:59:55.70 ID: ID:OAyqz/Se0.net

>>571だよ。
まとめサイトしか見たことが無かったから、本スレにはじめて来て怒気怒気している。
俺は20代前半は病気で入院し、後半は医療関係者になったので病院で仕事している。
医療スタッフにとって病院での心霊現象は当たり前だし、
「業務に支障が出るし、ぶっちゃけめんどい」という感じで、
体験してもあまり話題にしないし、オカルト好きな俺としては少しさびしい。
たぶん普通の人よりも心霊現象に出会っているのに!と思ってはいても、
自慢も報告も周囲にできなかった末、やっとここに辿り着いた。

前置きが長かったけど、話してみよう。
俺が最初に入院した、つまり病院と関わったのは精神病を患ったからだ。
大学在学中、急にうつ病になった。急性期だったので、すぐに閉鎖病棟へ入れられた。
近年は強化アクリル板で仕切られたきれいな閉鎖病棟が多い中、
俺が入院したのは、昔ながら窓に鉄格子がはめられている、古典的な病院だった。
そこでは患者が逃げだして一般人を殺しただの、根も葉もない噂が立っていた。
しかし、入院したばかりの俺は病気のせいで何が何だかわからない。
拘束具をつけられ、点滴を刺され、窓のない部屋で何日か過ごした。
数日してやっと精神が安定し、個室(隔離室)から相部屋に移った。
4人部屋だったが、先客は1人だけで常にカーテンがかかっていた。
俺は自分のことで手いっぱいだったから、どうでもよく、うつと闘っていた。




595本当にあった怖い名無し@\(^o^)/2017/07/05(水) 22:03:16.82 ID: ID:OAyqz/Se0.net

>>594の続き。
しかし問題なのは夜だった。
うつ病は睡眠障害を併発することが多い。朝方まで眠れないなどザラだ。
だから夜はとても神経が過敏で、些細なことが気になる。
夜の11時を過ぎると、どうも隣のやつがもぞもぞと動き始める。
そしてテレビを一瞬だけ着けたかと思うと、すぐに消したり、
ボソボソと独り言(聞き取れない小声)を言って笑ったり、
何かペチャペチャとすする?たべる?しゃぶる?ような音を立てたり
俺の不眠を増長させることばかりしてくる。
だが俺は精神が弱っていたので、文句も言う気力は無かったし、
精神病院だから、隣の患者も何か精神病を患っているんだろうと察した。

次第に俺は自殺欲求に駆られるようになった。
うつ病の症状の一つで希死念慮(自殺欲求のこと)と呼び、よくある。
しかし本人にすれば大真面目で、とにかく死にたくてキツかった。
毎日毎時毎秒、常に死にたい、死なせて欲しいと思ってしまい、
夜は眠れず、隣は相変わらずぺちゃぺちゃうるさく、頭が参ってしまった。
俺は入院してはじめて「…死にたい」と、口に出した。
隣のやつのボソボソした独り言が急に激しくなった。
「死にたい?死にたい、死にたい、おんぎゃあああ、死にたい」
段々声を荒げてきたかと思うと、カーテンが開く音がした。
そして、ボスボスボス!と俺のベッドの周りのカーテンをそいつが叩く。
「死にたいおんぎゃああああ死にたいカニパン食べたいよおおお!」
さすがに辟易してナースコールを押した。すると途端にその攻撃は止まった。
(…コイツ、人の足元見やがって)




596本当にあった怖い名無し@\(^o^)/2017/07/05(水) 22:05:07.30 ID: ID:OAyqz/Se0.net

>>595の続き
看護師が来たので「隣の患者さんがちょっと騒ぐので…注意か何か…」と
言ったら、看護師は黙って俺の荷物をまとめてしまい、着いてくるように言った。
ただ黙ってその部屋から出て、また個室(隔離室)に戻された。
文句を言いだした俺が悪いのか、とも思ったがどうも事情が違った。
看護師は「他の相部屋が空いたらそちらに行きましょう」
「怖かったでしょう、安心してください」
「今までの男性は平気だったのに…」
「明日、院長と話してあの部屋の中も外も鍵をかけて出入り禁止にします」
と言って部屋の鍵を閉めた。

俺の隣は誰だったのか、それとも誰でも無かったのか。
男性は平気だったけど女性はどうだったのか。
色々と謎が残る初入院の想い出だった。




引用元:ほんのりと怖い話スレ 124

PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2017年10月31日 15:39
    • カニパン草
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2017年10月31日 22:29
    • オカルト?

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【ほんのり】結婚して結婚7年目になる嫁が、蛇なんじゃないかと思う。そう思った根拠は色々あるんだが
  • 【怖い話】北欧の小さな町に滞在したら、日本人が来たのは初めてらしく歓迎してくれた。それに味をしめて今度は西部の田舎へ行った。
  • 【オカルト】ふと目線を下げて見ると、背後に、俺の太ももの位置位の身長しか無い女がいた。全力で逃げた。
  • 【オカルト】古い寺の前に差しかかった時、 『ミー、ミーミーミーミー・・・』 道の先から、か細い子猫の声が聞こえてきました。
  • 【オカルト】実家の離れに蔵がある。元々物をしまっておく蔵じゃなくて、 昔の村の病人を隔離するとこだったらしい
  • 【ほんのり】私は死んだら地獄行きなのかもしれない。善行も始めたけど多分間に合わないだろうな
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク