【風習・信仰】水難事故や自殺でご遺体が上がらない場合、小さなイカダに鶏を乗せ湖に放ちます。必ずご遺体が上がります。 | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
75
本当にあった怖い名無し2012/07/19(木) 05:09:41.24 ID: ID:NNIw66Qy0

秋田県仙北某町
水難事故や自殺でご遺体が上がらない場合
小さなイカダに鶏を乗せ湖に放ちます。
沖で鶏が泣くと警察や消防が慌しくなりダイバーをボートに乗せ鶏のイカダまで
運びます。その下を捜索すると必ずご遺体が上がります。




 

79本当にあった怖い名無し2012/07/19(木) 18:15:14.11 ID: ID:FTfJFql50

>>75
科学的根拠があるの? それとも昔からの風習?




81本当にあった怖い名無し2012/07/20(金) 06:48:15.84 ID: ID:qtBMncJX0

>>75>>79
能「船橋」のまんまだね。
筋書きは能にする以前の田楽時代からあったらしいけど
当該の捜索法がいつ成立したのか興味深いね。
さらに古くからあった伝承を取り入れたのかもしれない。




82本当にあった怖い名無し2012/07/20(金) 07:38:40.37 ID: ID:O8hA8LQ10

>>75
それ、田沢湖のこと? そんなに事故や自殺が多いの?
まるでオカ板ケンミン・ショーだねw 知ってる限り由来を聞かせて。




80本当にあった怖い名無し2012/07/20(金) 00:35:55.36 ID: ID:O8hA8LQ10

迷信で警察や消防が動くのは如何なものかと思うが、的中率が高いのなら仕方ない。
ダウジングで地下の水道管を見つける水道局もあることだし。




84本当にあった怖い名無し2012/07/20(金) 15:57:28.03 ID: ID:0nlY0fM7O

>>80
ダウジングは全国どこでも普通にやってる。
ガス屋や水道屋には別に珍しくもない話。




87本当にあった怖い名無し2012/07/20(金) 17:21:20.40 ID: ID:O8hA8LQ10

>>84
普通かどうかは知らないが、あちこちでやってるのは知ってる。
その科学的根拠が知りたい。邪馬台国じゃないんだから。




引用元:土着信仰や風習に関する怖い話貼ってけ。

PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2017年11月14日 20:23
    • 山岸凉子の漫画「常世の長鳴鶏」でこういう話がありましたね。
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2017年11月15日 01:33
    • 鶏はともかく、ダウジングは単に時期の流れとかそんなんで反応してるんじゃないの?
      オカルトとか、躍起になって否定するものでもないと思うが。
    • 3. 名無しのオカルト
    • 2017年11月18日 00:07
    • ダウジングをやってるところまだあるのかね?
      科学的じゃないという批判を受けて廃止させられたところは知ってるけどさ
      ※2みたいに磁気反応が〜という人がいるけど、磁気でわかるなら最初から機械使うだろう。機械じゃなくて手に持った金属棒に反応してるから不思議なんであって科学的根拠云々も現実の効果の前には霞むわな
    • 4. 名無しのオカルト
    • 2017年11月18日 16:23
    • すみません。1 ですが、漫画の題名は「常世長鳴鳥」(とこよのながなきどり) でした。

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【ほんのり】「なにやってるんだ!」とっさに親父が叫んで肩を掴むと、女がこちらに振り返った。 目を見開いて首筋は血にまみれで……
  • 【オカルト】「猫って霊には敏感そうなのにな」「犬のほうが霊には敏感なイメージ  私犬によく吠えられるんだけど」
  • 【オカルト】住んでる所がいわくつきらしい。地元じゃ結構、有名な心霊マンションだったみたい
  • 【怖い話】JR新宿駅14番線の端にある巨大な鏡は  身だしなみ用ではなく自殺防止用
  • 【風習・信仰】神前式なのに生理になった…どう云う作法を取ったらいいのか聞こうと思ったら、ギャルメイクの10代と思われる巫女さんは「生理だと何か問題でも?」て感じ
  • 【ほんのり】畑の中心に巨大な足跡があって母さんと「なんだろね~?」って話してた記憶がある。でも……
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク