【オカルト】あまりの異様さに固まっていると、パーティションの衝立ての間をその大勢が通り過ぎていく。 全員がただ無言で前を向いて歩いている。 | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
190
本当にあった怖い名無し@\(^o^)/2017/09/05(火) 02:13:37.99 ID: ID:ikG45Xyl0.net

  .,、
 (i,)
  |_|

提出用書類に不備が見つかり、徹夜で手直しすることになった。
入社二年目でまだ一番下っ端だった俺は外部からアクセスできない必要なデータを本社データベースから取り出して送信するだけの簡単な役目。
修羅場であろう支所とは違って、一人なので気楽にコンビニで買ったお菓子を食べて漫画を読んでたってバレやしない。
日付が変わる頃にはこっちに対する指示はなくなったんだけど、念のため待機しとけって言われた。
「なんかあったらケータイで起こすから寝てていいぞ」って言われたので、応接用のスペースにあるソファに寝転んでた。

ウトウトしているとパーティションの向こうからエレベーターの作動音が聞こえてきた。
こんな時間に誰か来たのかな、って思ったけどケータイを見ても支所からの着信はない。
お菓子を食べ散らかしていかにも寝てましたって顔してるわけで、偉い人だったらどうすっかなとか思ってるうちに扉が開く気配があった。


とたんに大勢の足音が聞こえてくる。 
夜中の3時過ぎ、最低限のライトしか付いていない静かなオフィスに雑踏のような不揃いな足音が響く。 
あまりの異様さに固まっていると、パーティションの衝立ての間をその大勢が通り過ぎていく。 
全員がただ無言で前を向いて歩いている。 
年格好も性別もバラバラで、とにかく何の集団か分からない。 
まるで満員電車から降りる乗客みたいで、当たり前だけどエレベーターに入れる人数じゃない。 
見送ってからもしばらく固まってしまってた。 

息が荒くなってて全身鳥肌なのに汗だくになっている。 
ケータイを取ってリダイアルすると支所の誰かが電話に出たんだけど、何を話せば良いのか全く考えていなかった。 
しばらくハァハァしながらしどろもどろになっていると、半笑いで「ああ、落ち武者出たか?」って言われた。 

えっ、落ち武者出るの?ってなった。 

( 
  ) 
  i  フッ 
  |_|




 

引用元:百物語2017

PICKUP!

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【ほんのり】その時ふいに十字路の街頭を見てしまった。先ほどと変らず同じ姿勢でその女性は立っていた。
  • 【オカルト】その教室は「見た」って噂をチラホラ聞く所だったので、悪戯好きのおばけがいたのかもねということで落ち着いた
  • 【オカルト】青木さやかの格安アパートの話。格安物件だが前の住人が置いていった家具だの、何故か人間の歯形の模型がズラーって置いてある
  • 【オカルト】『神社の奥』夢ではない、井戸の内側から誰かが力づくで蓋を開けようとしている
  • 【不思議な体験】テレビもつけず勉強してたら外から女の人か男の子っぽい泣き声がした
  • 【ほんのり】10年ほど前の話 。幽霊も突然現れた人間に驚いたのかもしれない
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク