【オカルト】『ウラ・フォン・ベルヌス』ある呪術師に呪い殺すように依頼したのだけれど、一向に死なない。だからしかたなく自分で手を下すしかなかった」 | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
362
本当にあった怖い名無し2012/09/21(金) 01:33:07.36 ID: ID:ncMxxkkZO

>>1はどうしたんだよ?飽きたのか?




 

3632012/09/23(日) 02:45:37.15 ID: ID:WmzAQ7Wl0

なんか、スレがずっと別の方向に流れていたみたいなんだが
1がどうだっていう話があったので久しぶりに書き込むよ。

失敗した魔術師

1982年。当時の西ドイツの南部の町で、
殺人未遂の容疑で2人の人間が逮捕された。
裁判で容疑者は次のように証言したという
「最初は、ある呪術師に呪い殺すように依頼したのだけれど、
一向に死なない。だからしかたなく自分で手を下すしかなかった」
そして法廷にその魔術師が呼ばれた。
出廷したのはウラ・フォン・ベルヌスという小柄の女性であったが
彼女は驚くべき証言をする。
なんと彼女は日本円にして100万円ほどの報酬で
今まで20人以上の人間を呪殺したというのだ。
裁判では、彼女に呪殺を依頼し成功をおさめたという女性も登場する。
裏社会では有名であったの彼女のことを、
この裁判を通してメディアが取り上げ
失敗で彼女は表の世界でも有名になってしまったのだ。




364本当にあった怖い名無し2012/09/26(水) 20:39:06.40 ID: ID:ScO8gVAlO

>>363 粉氏、久々に面白い話をありがとう




引用元:不思議やオカルト話を披露するスレ

PICKUP!

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【不思議な体験】そういえば俺は5歳より前の俺自身の写真を家で見たことがない。 幼稚園卒業のころからの写真しかなかった。
  • 【ほんのり】こんな時間に子供が歩いてるなんてちょっと異様。なんかうつむいて両手ゴシゴシして泣いてるみたいに見えた
  • 【オカルト】会社の霊感強い人2人が見えるものを絵を描いたら全く同じ絵で、白い蛇だった
  • 【風習・信仰】お寺には入ってはいけない場所、禁域がある。 崖下から忌みものが村に戻っていかないように守っているんだそうだ。
  • 【オカルト】おばあさんが「獣くさい。狐がいる」と 四人のうち2人が聞いた。私ともう一人は「いらっしゃい。大きいねぇ」くらいしか喋っていないと主張
  • 【都市伝説】『人を喰った話』彼女は「見てて」と言って、紙とボールペンを取り出して「ぎょーざ」と字を書きました。そして口に放りこんで……
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク