【ほんのり】本当にボケているのか、それとも本当にお爺ちゃんが来ていたのか。 ちょっとゾッとした。 | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加
midashi
 615本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ : 2017/09/10(日) 23:04:20.27 ID: ID:JhE5b6zW0.net
ほんのりとも怖いかどうかわかりませんが。 

自分が高校生の頃の話。 
ある日、学校帰りに友人の家に遊びに行った。すると奥からお婆ちゃんが出てきて、 
「今日はお爺ちゃんが来てるから静かにね」 
と、優しそうににこにこ笑いながら、口の前に人差し指を当てて「シー」のジェスチャーをした。

すると友人、 

「うるせえなこのボケババア、あっち行ってろよ!」
と口汚く罵る。さすがにこれはちょっと、と思い、俺は
「お前、お婆ちゃんにあんな口の利き方ないだろうよ」
と窘めたが、友人は
「爺ちゃん、一昨年死んだんだよ。それからボケてたまにああいうこと言うんだよ」

ちょっとゾッとした。
果たしてお婆ちゃんは本当にボケているのか、それとも本当にお爺ちゃんが来ていたのか。
本当に笑顔が素敵な、優しそうで上品なお婆ちゃんだったんだが……。




引用元:ほんのりと怖い話スレ 125

PICKUP!

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【オカルト】その中学校には数学準備室なんてものがあった。国語も社会もないのに、数学準備室だけ。 違和感はそれだけではなかった……
  • 【不思議な話二篇】CDから音楽データを取り込む話『オンリーロンリーグローリー』『見覚えのない数字だけの曲名』
  • 【ほんのり】ベランダの入り口に爪が落ちていた。 小振りで引き千切れたような感じでした。 衛生上悪いので捨てた。
  • 【オカルト】不思議なことに彼が亡くなった場所付近には無くなっているボルト等は無く どこの責任範囲かが不明であった
  • 【オカルト】怖いっていう感覚の中に少しだけ「悲しみ」が交じっていると、私はとっても怖い。
  • 【オカルト】妖怪の仕業か?  一時的にボケただけか?  九州の小さな島で起こった気味が悪い話
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク