【ほんのり】なんかが悪さするために時計台に入り込んだのかな、どうやって入ったんだかいまだにわからんよ。何が居たんだろうかねぇ... | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
736
本当にあった怖い名無し@\(^o^)/2017/09/19(火) 07:38:55.07 ID: ID:psjqy57h0.net

長年に渡って時計台を管理していたフランク氏。
時計台は村のシンボルだったが時代の流れと共に開発が進み、ついに壊されることに。
フランク氏は既に引退していたが、その後は誰も管理するものは居なかった。
彼は時計台の思い出を語った。

一度止まってしまうと、村のみんなは時間が分からなくなってしまう。
だから雨が降ろうが風が吹こうが必ず直しにいったよ。時計の針も欠かさず掃除したさ。
たまに時計台の中に鳩やネズミの死骸が落ちてる事があって、
歯車に挟まってしまってるんだよ。鳩なんかバラバラにちぎれてたり、
そいつらのフンや羽を掃除すんのも俺の役目だったな。
そうそう、私が辞める10年くらい前からだが、
鳥か小動物のバラバラの死骸が散らばるようになってね、
その時は時計が機械に入れ替わって、歯車はとっくに動いてなかった。
なんかが悪さするために時計台に入り込んだのかな、
どうやって入ったんだかいまだにわからんよ。何が居たんだろうかねぇ...




 

739本当にあった怖い名無し@\(^o^)/2017/09/19(火) 21:54:01.67 ID: ID:yIifAuEmO.net

>>736
こんな短い文章なのに、一人称が俺と私混在って書いた奴頭悪すぎだろ




740本当にあった怖い名無し@\(^o^)/2017/09/19(火) 23:28:40.27 ID: ID:dEbJKQFN0.net

>>739
二重人格という線は考えなかったのか?

時計台を管理していたフランク氏は、
「俺」は、時計台に入り込んだ鳩やネズミのフンや羽を掃除。
「俺」が腹立ち紛れに、殺した鳥か小動物のバラバラの死骸を見つけて処分していたのは「私」の方




引用元:ほんのりと怖い話スレ 125

PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2018年01月16日 22:33
    • 深読みし過ぎ
      聞き手の前でそんなにころっころ人格変わるか?
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2018年01月18日 12:51
    • 単に肉食の野性動物が入り込んでるだけだよ。時計台なんて隙間と暗がりだらけだから。

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【オカルト】先日祖母の火葬の時、祖母が可愛がっていた喋る人形に頭の中が支配された
  • 【オカルト】バックミラーみたら、後ろに首のない単車に乗った人がいた。信号が変わるまで肉眼とバックミラーを交互に何回も見た。
  • 【謎な話】背中に黒い斑点が出来ているのを見つけた。『ラーメンと象と回転するリング』って誰かに言われる。
  • 【ほんのり】祖母の葬式が済んでのこと。 仏間の天井のあたりが、どんどんどんどんと北から南へ  生前祖母が腹を立てて嫌がらせに歩く足音のような音が。
  • 【信仰・風習】西洋と東洋、特に日本では「魔」に対する考え方が違うよね。 欧米は一元指向だけど、日本では二元論的考え方。
  • 【オカルト】中古で買った小さい人形が動いてる「うちにはリアルジュペッタがいる」
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク