【ほんのり】なんかが悪さするために時計台に入り込んだのかな、どうやって入ったんだかいまだにわからんよ。何が居たんだろうかねぇ... | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
736
本当にあった怖い名無し@\(^o^)/2017/09/19(火) 07:38:55.07 ID: ID:psjqy57h0.net

長年に渡って時計台を管理していたフランク氏。
時計台は村のシンボルだったが時代の流れと共に開発が進み、ついに壊されることに。
フランク氏は既に引退していたが、その後は誰も管理するものは居なかった。
彼は時計台の思い出を語った。

一度止まってしまうと、村のみんなは時間が分からなくなってしまう。
だから雨が降ろうが風が吹こうが必ず直しにいったよ。時計の針も欠かさず掃除したさ。
たまに時計台の中に鳩やネズミの死骸が落ちてる事があって、
歯車に挟まってしまってるんだよ。鳩なんかバラバラにちぎれてたり、
そいつらのフンや羽を掃除すんのも俺の役目だったな。
そうそう、私が辞める10年くらい前からだが、
鳥か小動物のバラバラの死骸が散らばるようになってね、
その時は時計が機械に入れ替わって、歯車はとっくに動いてなかった。
なんかが悪さするために時計台に入り込んだのかな、
どうやって入ったんだかいまだにわからんよ。何が居たんだろうかねぇ...




 

739本当にあった怖い名無し@\(^o^)/2017/09/19(火) 21:54:01.67 ID: ID:yIifAuEmO.net

>>736
こんな短い文章なのに、一人称が俺と私混在って書いた奴頭悪すぎだろ




740本当にあった怖い名無し@\(^o^)/2017/09/19(火) 23:28:40.27 ID: ID:dEbJKQFN0.net

>>739
二重人格という線は考えなかったのか?

時計台を管理していたフランク氏は、
「俺」は、時計台に入り込んだ鳩やネズミのフンや羽を掃除。
「俺」が腹立ち紛れに、殺した鳥か小動物のバラバラの死骸を見つけて処分していたのは「私」の方




引用元:ほんのりと怖い話スレ 125

PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2018年01月16日 22:33
    • 深読みし過ぎ
      聞き手の前でそんなにころっころ人格変わるか?
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2018年01月18日 12:51
    • 単に肉食の野性動物が入り込んでるだけだよ。時計台なんて隙間と暗がりだらけだから。

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【ほんのり】私は死んだら地獄行きなのかもしれない。善行も始めたけど多分間に合わないだろうな
  • 【オカルト】「で、飛び起きたらその女が目の前に立ってたんだよ~!」すると友達は全く怖がる素振りを見せず……
  • 【オカルト】その信号は、歩行者がボタンを押さない限り自動的に切り替わるはずがないのです。   深夜のそんな時間に、歩行者がいるはずもありません。
  • 【オカルト】車で心霊スポット巡りをした帰り、丁度良い店が見付からないのでカラオケボックスで食事を取ることにした
  • 【オカルト】知らない番号から電話が来て、おばさんの声で『鈴木さん?』って聞かれた。でも自分は田中。
  • 【ほんのり】先生「前の席の人は後ろにプリント回してください」 ワイ「先生プリント無くしました」   先生「は?」
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク