【オカルト】 「大好きだった父親だから怖くもないし別に困ったこともなかったんだけど、母親にとっては、ショックで寝たきりになってるところに毎晩出て来られたら……」 | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
50
名無しさん@お腹いっぱい。2007/06/19(火) 22:22:50 ID:

コピペ拾ってきた

夏休みに入った直後、別の高校に通う悪友に誘われました。
その悪友は工業高校に行ってた(私は一応普通高校)のですが、工業高校にも少ないながらも女子がいまして、その悪友、ダブりの女子に気に入られまして、夏休みに入って直ぐにそのダブりの女子に
「家まで飲みに来い」っと言われたそうです(笑)
まあ、そのダブりな女子は結構「力」がある人らしく、容姿はとりあえず普通?っと言っておきますが、悪友は断る事ができなかったそうで・・・・んで、いきなり一対一ってのもアレなんで二対二なセッティングになったらしく、私にお声がかかってしまったそうです(爆)
んで、夏の夜に待ち合わせの場所に悪友と二人でいき、その"女子"の家に行ったわけなんですが・・・
その"女子"の家は少々事情があるらしく、普段?は父上が不在?な家らしいのですが、私らが訪問した時には、なんでか父上が帰宅しておりまして、私らが上がった直後から、激しい親子喧嘩が始まりまして
、非常に居ずらくなってしまい、もう一人、私用?に呼ばれていたフリーターな女性とともに、3人で買出しに逝くといって、脱出したのですが・・・・・行く場所がありません(笑)
当然、フリーターな女性もそれが解っておりますので、「付いてきいや」と言われて、私と悪友はトボトボと後を付いていくしかありませんでした・・・・・・
んで、到着したのは、豪邸です・・・・・・・・・・・




 

51名無しさん@お腹いっぱい。2007/06/19(火) 22:24:02 ID:

広い敷地に、和風な2階建ての大きな家、敷地内には庭園とプレハブ?がありました。
家に入ると、フリーターな女性の友人という女性が二人おりまして、ともかく夜も遅いので、私と悪友は一階のリビングで寝る事になりました。
缶ビール数本を手渡された私と悪友はそれを飲みつつ、ウダウダ喋っていましたが、突然、リビングに置いてあるでっかいTVの画面が"ビカっ”っと光りました・・・・・・・・・・・
んで、光った画面の中心に向かって光が消えていきました。
もちろん、私も悪友もリモコンにもTVにも触れておりませんし、誰かがスイッチを触った気配も全然ありません。
びっくりしながらも、何事もなかったように悪友と話を続けてました。
そして、ビールを飲みすぎたせいか、悪友がトイレに行ってくるって出ていきました。
私らがいたリビングは、シャンデリアがあり、部屋の四隅に間接照明がある部屋でしたが・・・・・・・
悪友がトイレに行った直後から、間接照明が暗くなったり明るくなったり勝手に動きます?????
私はびっくりしつつ固まってましたが、そこに悪友が飛んで帰ってきました。
「トイレの窓の外で何かが動いてる」って言うのです・・・・・・・・
「嘘やろ????」って言う私の言葉を無視するかのように、悪友は「ヤバイ、ヤバイって、ココはっ!」って言ってます。




52名無しさん@お腹いっぱい。2007/06/19(火) 22:25:19 ID:

「んじゃ、オレが見てくるわ」っとトイレに行きました。
普通のトイレ?で、男用のトイレのちょうど目の高さぐらいのところに、小窓があります。
もちろん、トイレの窓ですからガラスの表面には模様が入っていて、そのままではガラスの向こうは何も見えるはずがありません・・・・・
窓を開けてみましたが、向かい側は建物の別の部分がきていまして、その間隔は約1.5m程度です。
きょろきょろ見まわしてみたところ、人の気配はありませんし、敷地の中にわざわざ誰か入ってきてトイレの窓の向こうでウロウロすんのかっ??って思い、窓を閉めました。
まあ、ついでに用を済まして戻ろうか?っと思った瞬間、白い人影らしきものが、窓の外を横切りました??
「えっ??」と思い、瞬間的に窓を開けてみましたが、何もいません・・・・・・・・
「確かに見えたよな・・・・???」そう思いながら、悪友になんて言うかな~?って考えつつリビングに戻ると、悪友が青ざめた顔をしたまま、私に向かって「シィッ、何も言うな!」って言ってます????
そぉ~っと悪友のそばに近寄ろうとした時に、2階からもの音がします・・・・・
「トコトコトコトコ・・・・タンタンタン・・」
ネズミが走ってる??、いえ、ネズミにしては足音が大きいです、人の足音??、しかし大人の歩幅じゃない、間隔の狭い連続した足音・・・・・・・・
まるで、子供がはしゃいで走ってるような???
悪友は「きっ、聞こえたやろっ? なっ、聞いたやろ??」 確かに聞こえたって答えると
「お前がトイレに行ってから音が聞こえ始めて、階段を下りてくるような音もしたから見にいったけ
 ど誰もいないんだよっ、それで階段で音がしてたっと思ったら、全然反対の方向でも音がする・・・」




53名無しさん@お腹いっぱい。2007/06/19(火) 22:26:42 ID:

その時の時間は既に午前2時を回っていましたが、激しい悪寒に襲われた私達は、もう2階で寝てしまってる??女性の部屋に行くべく、超ビビりながらも階段を上がって行きました。、
「すっ、すいません、誰か走ってるみたいな音がするんですけど・・・・」
って部屋の外から問いかけました。
すると、扉が開きちょい眠そうな感じでその家に住んでるほうの女性が出てきまして・・・・
「あ~・・・・・・・、そっか・・・・・・・・・・・知らなかったんだね、この子達・・・・・・・・」
一緒に寝てたフリーターの女性も出てきて、「ごめん、慌ててたから説明するの忘れてた」って言うではないですか??
「なっ、何事なんですか・・・・???、なんかあるんですか???」って私達が聞くとその女性は、ちょっと長くなるかもしれないから、みんなでリビングに行こうと言います。
もう一人の友人?らしき女性がみんなの分のコーヒーを入れてくれてリビングのテーブルを午前2時過ぎに5人で囲むことになりました・・・・・・・・
まず、その家に住んでいる女性がTVの上を指差しました・・・・そこには写真が飾られていました。
父親らしき男性と、幼稚園ぐらいの女の子が2人、それも双子のような??が楽しげに写真に写ってます。
女性は写真を見ながら「私の父親と双子の妹なんよ、5年前に3人一緒に車の事故で死んでしまったんだけど・・・・・・・」




54名無しさん@お腹いっぱい。2007/06/19(火) 22:27:39 ID:

3人とも交通事故で即死だったそうです。
母親は訃報聞いた直後に倒れてしまい、葬式にも出れなかった状態で、親戚とその当時中学年だった女性がほとんどの手続きをされたそうで・・・・・・・

問題?がおこり始めたのは、葬式が終わった直後からだったそうです・・・・・・・・・

葬式の直後の夜から、亡くなった父親が現れるようになったそうです・・・・・
それも、何か言いたげ?な様子で、しきりに訴えかけてる感じがしてたそうです。
その女性はこう言ってました・・・・
「私にとっては大好きだった父親だから、怖くもないし、別に困ったこともなかったんだけど・・・・
 母親にとっては、ショックで寝たきりになってるところに、毎晩出て来られたら・・・・・・・・」

母親は、最愛の夫とまだ幼い娘を亡くしたショック、そして毎夜毎夜現れる夫に・・現実と架空?の狭間に
押しつぶされそうな状態になってしまったそうで、発狂寸前なところまで追い込まれてしまったそうです。
そんな状態になってることを聞いた親戚の方が見るに見かねて、お払いをしてもらったらどうか?と言われて、数日後にお払いをしてもらったそうです。




55名無しさん@お腹いっぱい。2007/06/19(火) 22:31:03 ID:

葬式の直後の夜から、亡くなった父親が現れるようになったそうです・・・・・
それも、何か言いたげ?な様子で、しきりに訴えかけてる感じがしてたそうです。
その女性はこう言ってました・・・・
「私にとっては大好きだった父親だから、怖くもないし、別に困ったこともなかったんだけど・・・・
 母親にとっては、ショックで寝たきりになってるところに、毎晩出て来られたら・・・・・・・・」

母親は、最愛の夫とまだ幼い娘を亡くしたショック、そして毎夜毎夜現れる夫に・・現実と架空?の狭間に
押しつぶされそうな状態になってしまったそうで、発狂寸前なところまで追い込まれてしまったそうです。
そんな状態になってることを聞いた親戚の方が見るに見かねて、お払いをしてもらったらどうか?と言われて、数日後にお払いをしてもらったそうです。




56名無しさん@お腹いっぱい。2007/06/19(火) 22:32:16 ID:

その女性が突然立ち上がって、「付いて来て?」っと言うので、私と悪友は言われるがままに、後を付いていきました。
階段を上がり、2階の4つある部屋のうちのひとつの扉の前に来ました。
おもむろに、その部屋のドアを開けました、中は電気がついておらず、廊下のあかりが少し差し込み、うっすらと机と椅子が見えます・・・・・
書斎?な感じの部屋にみえましたが、何かゴチャゴチャ散らかってるように見えました。
電気のスイッチをパチンッと入れると、部屋全体が見えました・・・・・
その瞬間、私と悪友は後ずさってしまいました。 部屋の壁と言わず、床と言わず、天井、壁、床、机、椅子、窓、部屋中全てに「御札」が貼ってあるのです・・・・・
よく見ると、釣り?が趣味なのか魚拓が貼ってありました、もちろん御札がその上に貼られてましたが・・・
階段を下りながら、女性は言いました。
「アレで、お父さんはもう現れなくなったのよ・・・・けど妹達は・・・・・・・」
まだ、幼い妹達の魂には「死」というものが理解?できないらしく、お払いをされた方もお手上げ?だったそうです・・・・・
お払いの後も、その妹達は頻繁に現れ、「遊んで?」っと言わんばかりにいろんな物を動かしたり、走ったり、時には楽しげに笑う声が聞こえたり、時には悲しそうにジっと見つめられたりしたそうです。
「私は全然怖くもないし、かわいい妹達だから・・・」っと言いながら、リビングの窓まで歩いて行き、カーテンを少しめくって
「あそこにプレハブがあるでしょ? 私の母はあそこで寝てるのよ、うるさくて眠れないから?って・・・」
ちょっと、悲しげな表情で笑いながらそう言いました・・・・・

私はそれまでに起こった不思議な出来事を女性に説明しました。
「多分、妹達ね? 悪気は全然ないのよ、ただの悪戯だと思って・・・、トイレの外の影は・・・多分父親
 だと思う。 家には入ってこれないから・・・男の子が来たから心配だったんじゃないのかな?」
また、悲しげな表情のまま笑いかけるように私達に向かって話してくれました。

ちょっと、外が明るくなってきました・・時刻は4時に近くなってました。
「もう寝ようか?」っと言って3人の女性達は2階に上がっていきましたが・・・・・
私と悪友は・・・もちろん一睡もできませんでした・・・・・・・・・・




58名無しさん@お腹いっぱい。2007/06/22(金) 04:07:05 ID:

こえーーーーーー!!!
こんな時間に読むんじゃなかったorz




引用元:【心霊】怖い【オカルト】

PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2018年01月17日 00:24
    • だらだら始まった上に会話文つらつら長い時点で読む気しない。
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2018年01月17日 01:58
    • 同じく友人がトイレ行ったあたりぐらいまでしか読めなかった…
    • 3. うみうし
    • 2018年01月17日 05:46
    •  すごく下衆で失礼極まりない妄想だが、。事故の「原因」が母親に有って本当は旦那か双子の娘のどちらか片方だけに死んで欲しかった、或いは事故の遭わなかった娘が標的だった。故に幽霊が怖いとか?三流オカルト小説的発想をしてしまった…。
    • 4. 名無しのオカルト
    • 2018年01月17日 15:06
    • 鬼灯の冷徹に出て来る座敷わらしちゃんたちで再生された
    • 5. 名無しのオカルト
    • 2018年01月18日 12:41
    • 土地屋敷を処分する選択肢は無いのね。

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【オカルト】僧侶の読経の最中に、本堂の柱から吊るされていた飾りものが ゆっくりと時計の振り子のように動き出した
  • 【ほんのり】移動式の鉄の門扉、開いてたんだよ… 入って下さいって云わんばかりに。
  • 【オカルト】昔、一人の青年が遊びに来てたことを、最近になって思い出した。結局その人は亡くなったらしいがどうも話がおかしい。
  • 【オカルト】気が強い人を幽霊は避けるらしい。何故か両隣が頻繁に引っ越ししてたな。
  • 【オカルト】五人で肝試ししてて、俺以外のうち2人が途中でビビって帰った。次の日その2人が死んだ
  • 【オカルト】近所にどうしても好きになれない場所がある。別に日当たりが悪いわけでもないのに、なーんか暗い感じ。
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク