【オカルト】小さい頃親友がいた。親友と言っても人間じゃなくて猫。いつも言われる言葉は「車には気をつけてね」 | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
849
名無しさん@お腹いっぱい。2008/11/08(土) 21:33:59 ID:

小さい頃親友がいた。
親友と言っても人間じゃなくて猫
普通の猫より一回り程大きくていつも堤防にある陸橋の下にいた。
いつの間にか仲良くなっていた俺達
いつもキャッキャはしゃいでた俺を目を細めながら見守っててくれていた
友達と言うより婆ちゃんと孫みたいな感じ


猫の名前はコハク

ずっと昔に人に飼われていたらしい

俺達は会話ができた
疑問は持たなかった

いつも言われる言葉は「車には気をつけてね」

そんな日々が半年程続いたとある日俺は車にはねられた




 

850名無しさん@お腹いっぱい。2008/11/08(土) 21:57:23 ID:

学校から帰る途中だった。
俺は全く覚えてないが全身を強く打っていて脳死もしくは全身麻痺は覚悟してくださいと言われたらしい
意識が戻っても重い後遺症は残るとのことだった

俺は昏睡状態の中、夢を見た
20畳程の何もない部屋にいた
ドアも窓もない部屋の隅っこで怖くて震えてたんだけど
急に部屋が温かいオレンジ色に包まれてどこからか声がした
「○○君」
俺を呼ぶ声だ

いつの間にか出来ていたドアを開け外に出るといつもの堤防だった
でも音がしない

家に帰ろうと振り返るとコハクがいた

他にもコハクに似た猫がたくさん

猫達は何も言わず道を空けてくれた

「コハク、ありがとう!」と言い駆け出すと急に空気が変わり事故現場にいた

そこには横たわる俺とその横には真っ黒の大きな影

周りにはさっきの猫たち
しきりに「シャー!」とか言いながら威嚇してた

そこで目が覚めた。

俺は病院を抜け出し、堤防に向かった
事故現場の影より、コハクが気になった

なんとなく予想はしていたけどコハクはいなかった。

日が暮れるまでそこで泣いていた俺を警察が見付け病院に帰された。


怖くはないけど、コハクは俺を助けてくれたんだと思ってる。
小さい頃の記憶はこれしかないんだ
事故が原因か知らんけど、俺が覚えてるのは小学5年から

拙い文章ですまなんだ




852名無しさん@お腹いっぱい。2008/11/09(日) 10:10:06 ID:

>>850
治って良かったね
素敵な話しありがとう(ノ_・。)




851名無しさん@お腹いっぱい。2008/11/09(日) 09:40:54 ID:

イーハナシダナ




引用元:【心霊】怖い【オカルト】

PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2018年03月02日 13:28
    • ねこ…(´ノω;`)
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2018年03月02日 15:51
    • 動物が助けてくれた系の話は反則や…

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【ほんのり】移動式の鉄の門扉、開いてたんだよ… 入って下さいって云わんばかりに。
  • 【オカルト】昔、一人の青年が遊びに来てたことを、最近になって思い出した。結局その人は亡くなったらしいがどうも話がおかしい。
  • 【オカルト】気が強い人を幽霊は避けるらしい。何故か両隣が頻繁に引っ越ししてたな。
  • 【オカルト】五人で肝試ししてて、俺以外のうち2人が途中でビビって帰った。次の日その2人が死んだ
  • 【オカルト】近所にどうしても好きになれない場所がある。別に日当たりが悪いわけでもないのに、なーんか暗い感じ。
  • 【妖怪】寝物語を聞かせ寝かしつける善良な妖怪「枕女」  その記憶を持つ者は、朧げながらも不思議と一致する…
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク