【オカルト】死後の世界を見たってのは、結局は生きて脳が働いて幻覚を見ている。心臓という電源が切れたら見えないはず | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加
midashi
71
名無しさん@涙目です。 : 2018/01/21(日) 22:31:33.50 ID: ID:xk/KDHKm0.net
臨死体験とかの本あるけどさ 
死後の世界を見た!とか 
結局は生きて脳が働いて、減額見てるんだよね 
心臓という電源が切れたら、それすら見えない聞こえないのさ




73名無しさん@涙目です。2018/01/21(日) 22:46:09.00 ID: ID:X3CkEvnb0.net

>>71
それって、身体から意識が発生しているという認識が前提にあって、
その前提に基づいて判断してるでしょ。

まず、その前提が正しいことを確認した?




75名無しさん@涙目です。2018/01/21(日) 22:55:32.13 ID: ID:X3CkEvnb0.net

五感は身体に生じているけど、
その、身体に生じる五感を見ている意識そのものは、
実は身体から発生してはいないよ。

あと、思考と意識は別もの。
坐禅などの瞑想によって、思考を止められるのはそのため。
思考はしていないが、意識ははっきりある、という状態がある。




77名無しさん@涙目です。2018/01/21(日) 23:00:25.83 ID: ID:X3CkEvnb0.net

そして、思考(と五感)が停止している時、自我認識というものも消えてしまいます。
なぜなら、思考と感覚が、自我という実感を生みだしているから。
自我というのは、思考と感覚が生みだしているものなんです。

影絵の影みたいなもんです。
絵が身体で、影が自我。それを映し出す根源の光が意識。

その幻のような、今生の自我の働きが停止して、根源的な意識のみになっている
間は、過去世を思い出したりできる可能性はあります。




78名無しさん@涙目です。2018/01/21(日) 23:09:54.41 ID: ID:X3CkEvnb0.net

あと、過去世の記憶は、脳みそにはないです。
いま使ってる脳みそは、過去世にはありません。
記憶の本体は、意識にあるようです。
脳はRAMみたいなもんです。




79名無しさん@涙目です。2018/01/21(日) 23:12:43.14 ID: ID:X3CkEvnb0.net

みなさん、瞑想して下さい。
本当に教養のある人、本当に理性的な人とは、瞑想を修める人だと思います。

歴史上、著名な禅僧や僧侶の出自を見て下さい。
みんな貴族や教養人です。

唯物論と、死んだら終わりという信仰(断滅論といいます)は、迷信です。




引用元:【話題】自殺未遂で1000年前の記憶がよみがえった日本人男性 / 前世で過ごした1000年前の京都を報告★2

PICKUP!

この記事へのコメント

 コメント一覧 (3)

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2018年02月15日 13:39
    • 心電図と一緒に脳波も測ったら?
      多分心臓止まっても脳波しばらく活動してるんだろ
      その後蘇生したらそれを覚えてるってだけの話

      記憶が脳の外にある?アホらしい(笑)
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2018年02月15日 15:00
    • どっかにでかい外付けHDDやデータ保存用PCみたいなものがあって
      そこに無線LANみたいなもので接続してデータ飛ばしたりもの考えたり
      してる可能性もあるんじゃないのかな?
    • 3. 名無しのオカルト
    • 2018年02月15日 18:10
    • 脳は心臓止まった後も生きてるんだよ
      お題主は間違ってる

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【オカルト】怖いっていう感覚の中に少しだけ「悲しみ」が交じっていると、私はとっても怖い。
  • 【オカルト】妖怪の仕業か?  一時的にボケただけか?  九州の小さな島で起こった気味が悪い話
  • 【不思議な話に】小学生の時って集団登校だったのね。俺はほぼ毎朝、眠たいなあと思いながら ボーっと登校していた。
  • 【ほんのり】体は前を向いているのにあの手この手で後ろにいる俺を見ようとしているように思えたんだよ。
  • 【怖い話】国勢調査のバイトをしてたときのこと。 ワンルームアパートで世帯主が女のはずなのに、男が出て来た。
  • 【オカルト】うとうとしはじめると、それを待っていたかのように親子のひそひそ声が聞こえてきた。母親「あの時はこわかった?」
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク