【都市伝説】「ハーメルンの笛吹き男」というドイツ児童集団行方不明事件って怖すぎね?【未解決事件】 | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

1名無しのオカルト 2018/04/03(火) 16:20:44.75 ID:

1284年6月26日に起きた事件
ネズミの集団発生に悩まされたドイツの街ハーメルンに色とりどりの衣装を着た謎の笛吹き男が現れた
笛吹き男は報酬を払えばネズミ駆除をすると市民らに持ちかけた
市民は喜んで報酬を約束し笛吹き男にネズミ駆除を依頼した
笛吹き男は不思議な笛の音色を使いネズミを集団移動させて見事ハーメルンの街からネズミを追い出した
(あるいはネズミを川に誘きだして集団自殺させ見事駆除してみせた)
しかし市民は約束した成功報酬を払わなかった
腹を立てた笛吹き男は後日
不思議な笛の音色を使い街中から男女の子供ばかり130人を連れ去りそのまま街を離れ笛吹き男を含め全員が行方不明となった
それが1284年6月26日お昼ごろ
700年以上経った今も語り継がれる不思議で恐ろしい伝説




 

7名無しのオカルト 2018/04/03(火) 16:24:07.44 ID:

報酬もらえなかったから
子供たちを売り払ってお金にしたんだろ
報酬はちゃんと受け取っている




8名無しのオカルト 2018/04/03(火) 16:24:24.30 ID:

トランス状態にして沼かどこかに全員落としたんじゃなかった?




9名無しのオカルト 2018/04/03(火) 16:25:10.81 ID:

笛吹き男の正体は!?




10名無しのオカルト 2018/04/03(火) 16:25:40.09 ID:

そしてその笛が今も保管されてるのが怖いよな




11名無しのオカルト 2018/04/03(火) 16:26:07.49 ID:

子供たちが移住したらしき場所があるんじゃなかった?




13名無しのオカルト 2018/04/03(火) 16:26:27.51 ID:

13人でも多いのに




14名無しのオカルト 2018/04/03(火) 16:28:05.86 ID:

色とりどりの服
不思議な笛
サーカスとか芸能の類い?
魔女やら悪魔の使い?
錬金術師とかの類い?
詐欺師?誘拐犯?




18名無しのオカルト 2018/04/03(火) 16:31:43.60 ID:

市民クソすぎわろた




22名無しのオカルト 2018/04/03(火) 16:33:51.19 ID:

子供といっても20歳前後の若者のことで
移民となって旅立っていったことを笛吹き男の伝説に喩えたという説が有力




32名無しのオカルト 2018/04/03(火) 16:42:34.45 ID:

>>22
丘で消えたと書いてあるから移民説は説得力がない




23名無しのオカルト 2018/04/03(火) 16:36:07.10 ID:

13世紀とはいえ笛吹き男もちゃんと市長か役人とか街の管理者に正式に話通せば良かったんだよ
正式な契約文書交わして
あくまで成功報酬にして失敗なら報酬要らないといえば役人も納得しただろうし
責任所在が曖昧な市民なんてのはねそりゃ逃げるよ




24名無しのオカルト 2018/04/03(火) 16:37:34.16 ID:

日本に伝わって童話として広まった時には
ハンセン病患者を隔離したことを言ってるのではという説も生まれた




30名無しのオカルト 2018/04/03(火) 16:41:49.50 ID:

スキルに対して対価払いたくないって奴はいつの時代もいるんだな、




31名無しのオカルト 2018/04/03(火) 16:41:50.95 ID:

ネズミのエピソードは最初はなかったんだそうだ
> いかなる調査結果においても、1559年頃に初めて物語にネズミの集団発生が追加されており、それ以前の記録ではネズミは登場しない。




35名無しのオカルト 2018/04/03(火) 16:45:03.67 ID:

後世にて話に背ビレがついて盛られてるだけだろ




36名無しのオカルト 2018/04/03(火) 16:46:51.28 ID:

ネズミを集団自殺させるってどういう事だよ




39名無しのオカルト 2018/04/03(火) 16:52:16.23 ID:

単なる童話だと思ってたわ




42名無しのオカルト 2018/04/03(火) 16:53:02.58 ID:

たとえばレミング(タビネズミ・旅鼠)というネズミの一種は
個体数が増えすぎて食料が減ると集団移動する習性がある
おそらく都市伝説だが集団移動で水に飛び込んで集団死(自殺)するという説もある
まあ自殺する為に飛び込んでないが
群れの大移動で群衆心理として結果的に盲目的自滅行動に走る事は無くはないだろう




100名無しのオカルト 2018/04/03(火) 18:13:21.32 ID:

>>42
お前は馬鹿だから、教えてやるが、レミングの集団自殺の話自体が嘘で作り話




106名無しのオカルト 2018/04/03(火) 18:23:34.79 ID:

>>100
文脈読めないアホにそれをわざわざ説明されなくても知ってるし
でも古くから民間にそういう俗説が信じられていたのは事実
たとえば「鶴は千年 亀は万年」は誇張表現だが実際に亀は他の動物より比較的長生きで長寿の象徴であるのは事実なわけで
それを「亀は万年どころか千年すら生きない!!」って必死に力説されてもねw




43名無しのオカルト 2018/04/03(火) 16:53:21.35 ID:

笛を吹き続けることはむつかしいため笛ではなくギターではなかったかと考えられる




44名無しのオカルト 2018/04/03(火) 16:53:25.69 ID:

これを幼稚園の時に演劇でやって俺は笛吹きだった
主人公だと当時喜んだけどよく考えるとトンデモだよな




48名無しのオカルト 2018/04/03(火) 16:55:40.84 ID:

>>44
笛吹役は3人だった?




57名無しのオカルト 2018/04/03(火) 17:12:21.01 ID:

>>48
うん
なんで分かるの??




46名無しのオカルト 2018/04/03(火) 16:54:53.95 ID:

天然痘患者を隔離したんだろ




49名無しのオカルト 2018/04/03(火) 16:58:35.23 ID:

1284年って日本だと鎌倉時代だから解釈がオカルトになりがち




51名無しのオカルト 2018/04/03(火) 17:03:54.54 ID:

怖いだけで別に特に教訓もさほど無いんだよな
あえて教訓出すとしたら出す気もない報酬出すとか調子に乗っていい加減な事を言ってると
相手から恨まれて数倍痛い目みますよとかくらい
元になる何かはあったんじゃね?
笛で魅了したとか130人とかはさすがに多いから10倍くらいになってたり誇張してるかも




52名無しのオカルト 2018/04/03(火) 17:04:51.86 ID:

約束は守ろう




53名無しのオカルト 2018/04/03(火) 17:06:48.13 ID:

似たようなのだとマリーセレスト号事件とかもおもしろい




59名無しのオカルト 2018/04/03(火) 17:13:23.54 ID:

マリーセレスト号は救命ボートがなくなってるから
なにかが起きて船員が脱出したのははっきりしてる




60名無しのオカルト 2018/04/03(火) 17:13:50.86 ID:

日本も昔から子供がチンドン屋に着いていったらそのまま拐われるとか都市伝説はあったけどな
これを親が子供に話して知らない人に着いて行くなと言う教育にもなってた




67名無しのオカルト 2018/04/03(火) 17:21:56.48 ID:

>>60
流れ者よそ者を敵視する文化が物語に反映され過ぎだという批判があって
実際、街にやってきたサーカス団に子供がさらわれるという定番中の定番の安易の代名詞みたいなストーリーが未だに生産され続けている




108名無しのオカルト 2018/04/03(火) 18:28:36.19 ID:

>>60
昔は女衒という人買い商売があって
まともに買いに来る業者もあれば
さらっていく連中もいた
女衒は都市部の連中がほとんどだから
田舎の人はあんまりよくわからないまま妖怪扱いしていたところもある




62名無しのオカルト 2018/04/03(火) 17:14:40.07 ID:

ネズミ退治の報酬トラブルは後世の追加らしいが児童大量消滅は実話とか。。




64名無しのオカルト 2018/04/03(火) 17:19:22.95 ID:

日本では同時代に元寇のとき鎌倉武士は大苦戦したが神風でモンゴルを追い払ったという宗教団体の客寄せ眉唾話を信じ込み現代の歴史の教科書に載せる始末




66名無しのオカルト 2018/04/03(火) 17:21:50.83 ID:

舞台は港町かその近く?それなら親達が騒ぐまで半日ばかり時間を稼げば遠くへ連れ去れる




70名無しのオカルト 2018/04/03(火) 17:25:15.05 ID:

進んだ科学は魔法に等しい
2050年ぐらいには脳波を操る笛とか発明されてそう




87名無しのオカルト 2018/04/03(火) 18:01:01.36 ID:

行方不明ってところが物語として秀逸だよな
これが殺人鬼に豹変したりすると一気につまらなくなる




94名無しのオカルト 2018/04/03(火) 18:07:56.95 ID:

>>87
神隠し(行方不明)でどうなったか分からないから結末を想像する余地があるのは想像力を触発・刺激されて良いね
最大級の悲劇的結末から比較的ハッピーエンドまで予想や妄想は可能という




90名無しのオカルト 2018/04/03(火) 18:05:00.39 ID:

これ間引きの話だよ
チェンジリングと同じ




99名無しのオカルト 2018/04/03(火) 18:11:45.60 ID:

レミングの集団自殺とはちゃうの?




101名無しのオカルト 2018/04/03(火) 18:13:37.41 ID:

こんな創作話より実際にあった魔女狩りの方が数百倍ヤバいだろ




105名無しのオカルト 2018/04/03(火) 18:16:30.47 ID:

市民が成功報酬払わないクズ連中なのは実は笛吹き男は初めから知り抜いてた上での計画通りの行動だったんじゃないかな
謎の笛吹男が恐るべき犯行に及ぶ「動機らしきもの」をわざわざ残してあげたというか
子を奪われた市民らにも深い後悔と罪の意識の強いトラウマを与えるのが目的




110名無しのオカルト 2018/04/03(火) 18:38:09.44 ID:

侵略も完全成功すると単なる領土になる(悪い旧支配者から国民を解き放たせた解放者にすらなる)
誘拐も完全犯罪になると誘拐じゃなくなる
自分を誘拐した誘拐犯と恋仲になって「親に縛られ囚われた自分を解放してくれた真の解放者・同志・最愛の人」と考える場合もある




111名無しのオカルト 2018/04/03(火) 18:46:30.30 ID:

なんか以前にここの部分みたいな話だけ聞いたことがあるな

ハーメルンの最古の記録は、1284年の出来事を起点にした年代記として述べられている
『我らの子供達が連れ去られてから10年が過ぎた』




114名無しのオカルト 2018/04/03(火) 19:01:36.13 ID:

図解






132名無しのオカルト 2018/04/04(水) 17:42:24.73 ID:

>>114
笛吹き男を先頭に登ってく山は刑場なん?




136名無しのオカルト 2018/04/04(水) 21:53:33.30 ID:

コッペンは丘の意味

そう言えば洞窟の左の十字架の隣の建物みたいなの
首吊ってるようにも見える>>114




116名無しのオカルト 2018/04/03(火) 19:26:17.38 ID:

間引きの口実にした可能性もあるな街側が
成功報酬を払わなかったから連れてかれたっていう街側は被害者って部分がきな臭い




117名無しのオカルト 2018/04/03(火) 19:48:18.14 ID:

不作による口減らしだったら「姥捨て山」みたいにまず年寄りからだろうしな
実はネズミ居なかった説が出てるけど
ハーメルンにネズミ異常発生ありきで考えると
ネズミの異常繁殖で市民は食糧を奪われ疫病を媒介して街がパンデミック状態(街の社会的な機能の停止あるいは機能低下)に陥る可能性はある
確かに口減らしや移住が必要になる余地はある
レミングだって食糧が豊かな土地にまず異常繁殖して次に急激な減少という経過を繰り返す
減少は何故起きるかといえば群れの集団移動を起こすから
少ない食糧を争ってストレスと軋轢を起こすよりも豊かなる新天地を求めて群れの集団大移動を起こす集団が現れる
もちろん食いあぶれた個体の餓死ややむにやまれず共食い死も考えられる
この辺は人間も全く同じだな




118名無しのオカルト 2018/04/03(火) 19:55:50.12 ID:

ピエロ衣裳みたいな巨人絵見て
ITの怖ピエロみたいな気がしてきた
子供ばかり拐うしさ




135名無しのオカルト 2018/04/04(水) 21:49:46.07 ID:

事件から十数年後と思われるステンドグラスの記述

”1284年、聖ヨハネとパウロの記念日
6月の26日
色とりどりの衣装で着飾った笛吹き男に
130人のハーメルン生まれの子供らが誘い出され
コッペンの近くの処刑の場所でいなくなった”




引用元:【都市伝説?】「ハーメルンの笛吹き男」というドイツ児童集団行方不明事件って怖すぎね?【史実の事件?】

PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2018年04月15日 21:47
    • これってペストの事をおとぎ話にしたんじゃねえの
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2018年04月15日 23:15
    • 地味に>>44から>>48の流れ怖くない?
    • 3. 名無しのオカルト
    • 2018年04月16日 12:18
    • ハーメルンの笛吹き男はペスト説、少年十字軍で勧誘して奴隷に売った説
      移民説と色々な解釈があるからねえ
    • 4. 名無しのオカルト
    • 2018年04月16日 15:06
    • >35
      話に背びれがつく?
      誰も気にならないのか・・・。
    • 5. 名無しのオカルト
    • 2018年04月16日 18:55
    • ペストだか種痘だかの話だったって聞いたことあるけど…
    • 6. 名無しのオカルト
    • 2018年04月16日 19:16
    • ※2
      残りの10人はオレが連れ去ったからさ。フフフ…
    • 7. 名無しのオカルト
    • 2018年04月17日 02:36
    • 街中から男女の子供ばかり130人を連れ去り
      オレはここが気になって
      入ってこなかった
    • 8. 名無しのオカルト
    • 2018年04月17日 03:30
    • 尼崎の角田美代子や、
      北九州の松永太の事件なんかも
      小説なんかを超えたトッピな展開に
      後世の人は理解に苦しんで
      つじつまの会う尾ヒレ· · ·間違えた
      背びれを付けて無理に理解しようと
      するんだろうな。
    • 9. 名無しのオカルト
    • 2018年04月17日 03:47
    • 44(笑)特定されてるよ
    • 10. 名無しのオカルト
    • 2018年04月18日 00:58
    • 阿部謹也「ハーメルンの笛吹き男」が詳しい。基礎文献でしょ。
    • 11. 名無しのオカルト
    • 2018年04月18日 10:49
    • コメ欄でやっと阿部謹也が出て来て一安心。
      スレには一度も出てこないから驚いた。
      あんなに有名な人なのに。
    • 12. 名無しのオカルト
    • 2018年04月19日 21:38
    • ポーランドなどの東方の都市がその頃いくつかできて、その都市の設立者にいなくなった子供の名前があったとどこかで見たよ

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【不思議な話】家に初めて来た時に80歳だったとしても最後に来た時には98歳だ。 そんな老人が一人で峠を越えてどこぞへ行くだろうか?
  • 【オカルト】どうせ電車が通り過ぎたらいなくなるんだろ……。通り過ぎたら確かに向こうにはいなかった。左の視界の端、俺の左隣にその足があった
  • 【都市伝説】東京とかいうガチで結界張られてる都市【陰謀論】
  • 【ほんのり二篇】高速で動く白い手  /  亡くなったおばあちゃんがちょこんと正座。両親を連れてきたがまだいる。
  • 【オカルト】朝早く座禅をしていると、砂利を踏み鳴らしながら誰か来て引き戸を開ける音がするが、しまる音がせずにおなじことが繰り返しということがあった。
  • 【オカルト】こないだ彼女と待ち合わせしてたらさ、時間になっても来ない。横断歩道の向かいで携帯耳に当てて喋ってるのが見えた
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク