【ほんのり】黒猫が手綱とか付けてないのに一定の間隔で歩いていて、まるで道案内しているようだった | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
129
名無しのオカルト 2018/03/29(木) 21:42:23.19 ID: ID:S4KZ9hbX0.net

つい昨日の話
京都に住んでる友達の家に泊まったついでに夜の伏見稲荷に行くことになった
特に何も無く頂上まで登って、おりる時だったんだけど途中に池がある
行く時も通った池で右に曲がれば本殿(下山方向)でまっすぐ行けば何があるか忘れたけど行き止まりだったのは覚えてる
その行き止まり方面から白い目出し帽を被ってて上下白いズボンと服を着て、片手にロウソクを持ったかなりごつい男がこっちに向かって歩いてきてた
しかもそいつの前をずっと黒猫が歩いてた
手綱とかは多分付けてないのに一定の感覚で歩いてて、道案内してるみたいだった
俺達もあれやばくね?とか言ってさっさと右に曲がって本殿まで走った
特にオチもないけどすごく怖かった




 

138名無しのオカルト 2018/03/30(金) 08:42:07.65 ID: ID:VC3mQsj20.net

>>129
まあ京都だからそう言うこともあるかもね、で済ませられる話
…なのか?




130名無しのオカルト 2018/03/29(木) 21:50:39.70 ID: ID:fAGTAL5S0.net

そりゃ怖いな。




引用元:ほんのりと怖い話スレ 129

PICKUP!

この記事へのコメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2018年08月12日 21:48
    • 夜の伏見稲荷を現場にするのは反則
      対抗できるのは夜の高野山しか思いつかないぐらいに非日常の雰囲気あるじゃん
      俺は天狗が頭にネクタイ巻いて腹踊りしてたって話でも納得してしまうね
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2018年11月24日 21:52
    • 寺院と違って神社は門が閉まらないから夜でも行く人がいるけど、夜は神様が寝てて荒魂様が活動してる。眷属がお使いに出るのも夜だから結界も緩む。
      行く奴は自殺行為

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【オカルト】「そういえばあのオヤジの部屋を特定したんだった」 本屋に行くついでにあの部屋を昼間、 外から眺めてみようと歩いて家を出た
  • 【オカルト】異様に静まった居間で突然祖父が「…来るぞ」とボソッと呟く。 すると玄関のドアが突然開き……
  • 【不思議な話】コンビニ全店の自動ドアが全く反応せん時期があった。スーパーや銀行の自動ドアはフツーに開く。
  • 【ほんのり】枕からフライドチキンが出てきた。 何言ってるのかわけわからんと思うけど本当のことなんです。
  • 【オカルト】想像すると怖い。私はひとり暮らしなのですがコタツ机とベッドがすぐ近くにあります……
  • 【怖い話】TV製作で霊視能力で蒸発した父親を探せという番組をつくることになった。家族の悲しそうな顔、訴え、いい絵が取れている
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク