【不思議な体験】愛車のジムニーを山道で転がした後、夜の山で焚き火をしていると、背後から「その馬はぬしのか?」と声をかけられたのです。 | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

引用元: ・∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part72∧∧

55: 本当にあった怖い名無し 2013/12/24(火) 03:12:46.37 ID:dnI/R+Dy0
過去ログを見てて似たような体験をしたので書きます。
怖くはないかもしれませんが・・・。

自動車運転免許を取って以来、もう6年近く愛車のジムニーを転がして
各地へ旅へ出たり、林道やクロカンを楽しんでおります。
以前、近くの山に結構難所の多い林道があると仲間内から聞き、練習がてら
何度かその山に入っては遊んでいました。
その林道、途中まではノーマルの四駆車でも上がれるような林道なんですが
ある場所を境に急に悪路になります。もちろんその先の悪路で遊んでいるんですが
たまたま夜にふらっとコーヒーでも飲もうかとその山へ入りました。
いつもどおり愛車は快調、ぐいぐいと急坂を登っていきます。
実はその道の境目の端に古い鳥居があるんですが管理もされておらず苔むしっており、
いい気持ちではなかったんであまり近づくのはよしていました。



56: 本当にあった怖い名無し 2013/12/24(火) 03:16:45.23 ID:dnI/R+Dy0
鳥居を過ぎて、適度な悪路を楽しんだあと開けた場所で焚き火をしながら
お気に入りの豆を挽いて一服つけていました。
肌寒い晩秋の夜、焚火の火を眺めながらまったりしているといきなり背後から
声をかけられました。その時はホントにびっくりしたんですが、よく見ると
普通のおっさんって感じで、もしかしたら管理者かな・・・と思ったのですが
そのおっさんが一言「その馬はぬしのか?」と聞いてきました。
この時点でもう、「あ、人じゃない・・・」と直感していました。
しかし、答えない訳にもいかないので「ええ、私のです。」と返すと、

「近頃よくこのあたりで見かけるが何をしとる?」と聞かれました。
私「この馬で山を走るのが好きなんです。」と答えました。
するとそのおっさん(仮)は「そうか、強そうな馬じゃな」と・・・
私「丈夫な馬ですよ。山好きの愛馬です。」と答えました。
すると、「ほう、山が好きか。主もか?」と・・・。


57: 本当にあった怖い名無し 2013/12/24(火) 03:25:58.57 ID:dnI/R+Dy0
私「好きですよ。里を離れ、山で飲む茶がうまいんですよ。」
その時にカップに注いでたコーヒーを差し出してみました。
すると、カップを手に取り「こりゃ変わった茶だな、なんの茶だ?」
私は「国じゃあまり育たない豆から入れた茶です。舶来物です。」
その御仁はえらくコーヒーの味を気に入ったようで、もう一杯くれと言い出しました。
豆を挽き、湯を注いで愛用のプレスで淹れました。
その作業をじーっと見ていたその御仁は、「変わった入れ方をすんじゃなー・・・」
と不思議そうに眺めていました。そして予備のシェラカップに注ぎ渡すと
「やはり旨い。これは欲しい。」
私は「もうあまり豆がない。またきた時にでも・・」
するとその御仁は、「そうか、確かにこの冬は寒くなりそうじゃ。これを飲めば暖まるのぅ。
また頂くとしよう。」
と言い、林道の方へ消えていきました。私のシェラカップ持ったままw



58: 本当にあった怖い名無し 2013/12/24(火) 03:27:29.96 ID:dnI/R+Dy0
翌週、友人がその山で練習したいというので2台で林道へ入りいつも横目に
見る鳥居で一度止め、しばらく眺めてから奥へ・・・。
一通り遊んで日も暮れてきたので最後にコーヒーを沸かし、ポットに入れて
鳥居前で一度停車。持ってきてた紙コップ一杯にコーヒーを注ぎ鳥居の傍に置いておきました。
それから数ヶ月仕事が忙しく、なかなか走りに行けなかったのですが
仕事が終わってから気晴らしにその林道へ。
もちろんいつものコーヒーセットを持って。
とりあえず鳥居はスルーしていつもの休憩ポイントで数時間焚き火をしコーヒーを
楽しんだ後、鳥居前で停車し熱々のコーヒーをまた紙コップに注いで置いておきました。
その時にふと、鳥居の脇を見ると大量の栗が・・・。
一礼をし、栗をいただき下山。
その栗はとても甘く、栗ご飯にして美味しくいただきました。
翌日休みだったので、またその林道へ出向き、包んでおいた栗ご飯とコーヒーを
置いて下山。ちなみに昨日注いだカップの中身は空っぽでした。


59: 本当にあった怖い名無し 2013/12/24(火) 03:28:55.94 ID:dnI/R+Dy0
その時、私のシェラカップも置いてありました。
別に高いものじゃなかったので一筆「お使いください」とメモ書きを残して
それにもコーヒーを注いで置きました。
雪が降ったらスノーアタックと称してまた走りに行くので、豆をたくさん買っていかなきゃ・・・。

オチはないですが怖いというより不思議な体験でした。
ちなみに鳥居の奥はちょっと開けた場所があったんですが小さな祠がありました。
苔むしってボロボロでしたが・・・。

連投スマソ。

PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2016年01月31日 22:12
    • なんか羨ましく体験だな 心があったまるよ 綺麗に鳥居や祠なんかも清掃してあげたら、もっと喜ぶだろうに
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2016年01月31日 23:33
    • 何かいろいろな事があるんだな。
    • 3. 名無しのオカルト
    • 2016年02月01日 00:50
    • 手入れされない=人間界と離れてる。
      その期間分、そこの神様は時代の移り変わりをご存知ではないってことなんでしょうね・・・。
      コーヒーも車も知らないということは、少なく見積もっても第二次大戦あたりからだから70年以上かと。
      久しぶりに訪れてきた人間に話しかけ、新しい茶を知って喜んでお礼まで下さるあたり、
      きっと好奇心旺盛で人間に好意的な神様なんだろうなー。
      車やバイクや登山など、あまり人の出入りないところに行く人たちのこういう不思議な経験談って多いよね。
      少しうらやましく思う。
    • 4. 名無しのオカルト
    • 2016年02月04日 06:09
    • このムマはヌシんのか?ってバイクを欲しがる木のような移動するモノと出会った爺さんの話は読んだことがある
      東北弁だったな
      くれてやってもいいがと問答するうちに、「エサ喰わんのか、欲しいのう欲しいのう」と残念そうに離れて行く
      背中(?)に向かって菓子を投げてやると、ありがたがって去っていくっていう話

      似てるような似てないような、こっちの話は童話のような趣があるね
    • 5. 名無しのオカルト
    • 2016年02月04日 11:25
    • なんか切ない話だな~ 
      この投稿者もいつまでも立ち寄ることはできないだろうし、
      そしたらまた長い年月をボロボロの祠で過ごすのかな
      神様的にはそんなに長くないんだろうけどさ
    • 6. 名無しのオカルト
    • 2016年02月04日 21:50
    • コーヒーが好きとは、違いのわかる神様だ。
    • 7. 名無しのオカルト
    • 2016年02月06日 13:49
    • >>4
      おじいさんだったっけ?棒状でしゃべる息が血なまぐさくて油断すると食べられそうな雰囲気の話だったよね
      この馬は特殊な油を餌にして動くし臭い息かへを吐くといって諦めさせたやつだよね?
      若い男性だったような気がしたけど思い出話だったのかな

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  •  【不思議な体験】続・『女の子は鍛えれば人一人吹っ飛ばせるんですか?』金髪でミニスカのピアスジャラジャラでつけまつげとかつけてるギャルが神様の眷属?
  • 【ほんのり】始まりはいつだったか覚えてないけど、最近、僕の影が少しずつ増えてる。
  • 【オカルト】梅田の泉の広場。噂の赤い女は見たことないけど、泉の広場って人が多くて良い雰囲気なのにどこか不気味
  • 【オカルト談義】明るい場所ではいわゆるお化けが出れこれない理由とは? 神とか霊はメタ的で抽象的な存在なので、場との関係性上で発生する。
  • 【オカルト】深夜、気配を感じて幼稚園の方を見たら、子供が5~6人くらい、こっちを真顔で  見てる。夜中の幼稚園と子供ってコンボは破壊力抜群の怖さ
  • 【不思議な体験】女の子は鍛えれば人一人吹っ飛ばせるんですか…?  気? 眷属? アラヒトガミ?
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク