【オカルト】私の足元の一番下にある本の数冊が突然倒れてきて私の足の甲にバサっと落ちてきました。なんでだ?

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi
934
名無しのオカルト 05/02/0500:05:26 ID: bpiUXNdA0

数年前の話です。
図書館マニアだった私は、休日になると色んな図書館へ行きました。
しかし閉館時間が近い時は家の近くの図書館を良く利用していました。

その図書館は人がそんなにいないので、ゆっくりと本を選べました。
その日も、私の身長より高い本棚と本棚が並ぶ誰もいない通路で本を探していました。

すると私の足元の一番下にある本の数冊が突然倒れてきて私の足の甲にバサっと落ちてきました。
そして落ちた本の場所に隙間が空きました。
あれ?なんでだ?と思いましたが、反対側の人が本を取るときに落としたのだろうと思いました。





 

オカ速おすすめ!

935名無しのオカルト 05/02/0500:06:13 ID: yh9TmfAX0

そして隣へゆっくり移動しながら本を探していると、私が移動する度に足元の本がバサバサっと倒れて隙間が空きました。
私は本を探すのをやめて止まりました。
そして足元の隙間を覗こうと屈むと、その隙間にはこちらを凝視する男の顔がありました。
私は声も出せず幽霊を見た恐怖で硬直していました。

しかし良く見れば男は一生懸命に私のスカートの中を覗こうとしていました。
私は誰かに助けを求められないかと辺りをキョロキョロと探しました。

するとその男は足元の本をどんどん倒しながら、こちら側へと這いつくばりながらクネクネと近づいて来ました。それでもなお男の視線はこちらのスカートに注がれていたため、すぐさま逃げました。

貞子を見た人の恐怖がちょっとだけ理解できたような気がしました。




引用元:%quote_title%
このエントリーをはてなブックマークに追加

オカルト速報特選!

PICKUP!

この記事へのコメント

 コメント一覧 (1)

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2018年08月26日 21:09
    • なにこれ、生身の変態(幽霊よりタチ悪いわ)だったの?
      それとも霊になっても変態をやめられん真性のウンコってこと?

コメントする

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

ギャラリー
  • 【オカルト二篇】澄まし顔で登場の住職を全員で睨み付けた / 夜中に階段を誰かが登る音が聞こえてトンファ持って部屋から出た
  • 【オカルト】娘はたくさんのぬいぐるみを「こわい、こわい」と言って避けたがります。
  • 【オカルト】娘はたくさんのぬいぐるみを「こわい、こわい」と言って避けたがります。
  • 【シリアルキラー】シリアルキラーと映画、俳優【動画あり】
  • 【シリアルキラー】シリアルキラーの興味深い、怖い面会エピソード「ケンパーのジョーク」「多重人格ビアンキ」
  • 【シリアルキラー】ブラック・ダリア事件と冤罪疑惑、または他の残虐事件との同一犯疑惑。
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク