【怖い話】「いいんだよ、吸うのが供養なんだから」  しかしその煙草は、「死者が生者に捧げ、供えている」物だった | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi


681名無しのオカルト 2016/04/08(金)23:54:48 ID: ID:QLZ

356 :全裸隊 ◆CH99uyNUDE :2005/06/25(土) 00:47:53 ID:nd5BeJdX0
道路端に置かれた花束。
テント場や山頂の煙草、缶ビール。
どちらも死者に捧げられ、供えられたものだ。

「いいんだよ、吸うのが供養なんだから」
その日の同行者は、そうした手合いだった。
それほど煙草に困ってる訳ではない。ただ、面白がっているだけだ。
手にした煙草は未開封で、しかも見るからに新しい。
素早くパッケージを破り、煙草を取り出し、咥えた時にはすでに火がともされているほど手早い。
その日の同行者は、そうした手合いだった。

鋭い声がすっ飛んできて、それより早く手が飛んできた。
同行者の口から煙草を叩き落とし、小柄な男が唾を飛ばして食ってかかり、
テント場に居合わせた連中は、びっくりしてこちらを伺っている。
食ってかかっているのは、管理人の手伝いをしている男だ。
話を聞くうち、煙草を供えたのは、どうやら彼らしいと知れた。
それでは少々怒られても仕方あるまい。

「やられちゃったねえ」
その夜、俺たちのテントに管理人が酒持参でやってきた。
友人や仲間のために供えた煙草を吸った方が悪いので、頭をかいて恐縮していたが、
管理人の話を聞くうち、頭をかいていた手はひざに置かれ、せっかく注いでくれた上等の純米酒の事さえ忘れた。




 

682名無しのオカルト 2016/04/08(金)23:55:06 ID: ID:QLZ

358 :全裸隊 ◆CH99uyNUDE :2005/06/25(土) 00:50:49 ID:nd5BeJdX0
あの男は数年前の遭難事故での生存者で、色々あってここに居ついた。
煙草を供えているのは、生存者ではなく死んだ方だという。
遭難事件の死亡者が、生存者に向けて煙草を供えているが、その煙草はあの男が供えている。
という事は、あの男が死んだ男?訳がわからない。

遭難事故の当事者は二人。あの男と、その友人だ。
彼ら二人はこのテント場を出発した後で、数日間雪山に閉じ込められた。
救助隊に発見された時、生きていたのは彼だけだった。
一緒にいた彼の友人は死亡していたが、その死因は失血死だった。

極限状況で生まれる美談は多いが、
その一方で、深い絶望や恐怖が招く暴力行為や、それが発展しての殺人事件は、どうやら少なくないらしい。
当然、生存者が発狂している事もあるだろう。
彼に殺人の容疑がかけられたが、
警察がどう調べても、彼の友人は『自分の首を小さなナイフで刺して死亡した』という結論しか出なかった。

彼は小さなテントの中、自殺を図った友人と向き合い、
緩慢に死んでいくその姿を見続け、流れ出る血に足を浸し、
友人が死体になった後は、その姿を見守り続けたのだ。
同時に、あらゆる遭難事故の生存者が感じるという、生き残った罪悪感を、
特殊な状況下で強く感じ続けていただろう。




683名無しのオカルト 2016/04/08(金)23:55:20 ID: ID:QLZ

359 :全裸隊 ◆CH99uyNUDE :2005/06/25(土) 00:51:29 ID:nd5BeJdX0
ようやく救助された時、彼はすっかり変わっていた。
人格と名前が死んだ友人のものになっていた。
生き残った彼の中では、死者と生者が入れ替わっているのだ。
それでいて記憶は元のままだった。
彼と友人の関係に即していえば、記憶の中では彼は自分自身を友人として扱っていて、
山で死んだ友人の視線で世の中を、自分を、見ているのだ。
記憶の中には、時として自分に向けられた悪感情もあるだろう。

記憶にある彼の家は、今となっては友人の家なのだ。
そして、新たな人格、名前となった彼には、その名前で過ごした記憶がない。
行き場をなくし、精神が破綻した彼にとっては、
最後に友人(あるいは自分)と過ごした、この場所しか居場所がないのだろう。

毎月、彼の記憶の中の家族から、管理人宛にいくばくかの金が送られてくる。
管理人から金を貰うと彼は煙草を買い、死んだ友人(記憶の中での自分)に供えているのだという。
確かに、彼の精神世界と現実世界を二枚合わせにして考えれば、
管理人の言う通り「死者が生者に煙草を捧げ、供えている」のだ。

「でもね、本当に、いい人間ですよ」と、管理人は話を結んで小屋に戻っていった。

翌日、山に登る気がすっかり失せた俺達は、ぼんやり煙草ばかりをふかして過ごした。




引用元:おんj夜の怖い話部

PICKUP!

この記事へのコメント

コメント一覧

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2018年09月15日 02:05
    • 文章が下手すぎ。
      日本語ちゃんと勉強してから出直せ低学歴
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2018年09月15日 02:25
    • 途中から読むの諦めた。結局何がいいたかったのか誰かまとめておくれ。
    • 3. 名無しのオカルト
    • 2018年09月15日 03:31
    • うんうん…。

      ……で?ってなった。
    • 4. 名無しのオカルト
    • 2018年09月15日 11:13
    • コメ欄見てほっとした
      私の読解力不足かと不安になったけど、皆読みづらいと思ってるみたいで安心した
      センスないのに文学ぶってる感じで鬱陶しさすら感じるわ
    • 5. 名無しのオカルト
    • 2018年09月15日 12:24
    • 小学生の作文の方がまだましなレベル
    • 6. 名無しのオカルト
    • 2018年09月15日 12:34
    • ちょっと何言ってるかわかんない
    • 7. 名無しのオカルト
    • 2018年09月15日 13:54
    • ただ小難しい言い回しをしたり、ラノベのような遠回しな表現を真似しただけの駄作。
      おもしろかったら、こわかったら実話でも創作でも構わないんやけど、これは駄作や。
    • 8. 名無しのオカルト
    • 2018年09月15日 15:43
    • あほらし。
    • 9. 名無しのオカルト
    • 2018年09月15日 20:55
    • 日本語不自由すぎだろ

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【オカルト】気が強い人を幽霊は避けるらしい。何故か両隣が頻繁に引っ越ししてたな。
  • 【オカルト】五人で肝試ししてて、俺以外のうち2人が途中でビビって帰った。次の日その2人が死んだ
  • 【オカルト】近所にどうしても好きになれない場所がある。別に日当たりが悪いわけでもないのに、なーんか暗い感じ。
  • 【妖怪】寝物語を聞かせ寝かしつける善良な妖怪「枕女」  その記憶を持つ者は、朧げながらも不思議と一致する…
  • 【不思議な話】その夢は見渡す限りモノクロやったんやけど、遺影の前の花だけには色がついとった
  • 【怖い話】おまえら俺を馬鹿だと思ってるだろ、でもそんなことはどうでもいい。 いいか、これから大切な事を話すから良く聞くんだぞ。
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク