【オカルト】「俺らがそっちに逝ったら、その時はよろしく頼む。今度の休みにでも、靖国で会おう」 | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加
midashi

161名無しのオカルト 2008/08/23(土) 01:01:02 ID: ID:GdDf91KL0

【 成仏 】 1/1 

じいちゃんの昔話。 

出張先で人の気配を感じて、夜に目が覚めた。ふと目を動かすと、枕元に人がいた。 
いわゆる、兵士のような格好をしている。 
「誰だ?」と尋ねると、何かボソボソと話しているような音が聞こえる。 
「聞こえん。」「…私は…行かなければなりません…○○に…」 
しばらく聞いていて、どうも先(さき)の戦(いくさ)の若い兵士のようだ、と感じた。 
狭いシングルルームのベッド、男に見下ろされているのはあんまり気分の良いものではなかった。 
しかたなく起き上がる。卓上には晩酌にしていた純米吟醸酒、塩、手付かずのおにぎりがあった。  


そいつの前に酒、塩、にぎりの米部分をちぎり、
「お前の気持ちはよく判った。だが、太平洋戦争は終わったんだ。もう家族の下へ
 帰っていい。どうせ俺たちも、戦が始まったら靖国神社に行くことになるさ。
 だから、それまで 家族の下(もと)へ戻っていて大丈夫だ。次の戦が始まるまでゆっくりして来い。
 俺らがそっちに逝ったら、その時はよろしく頼む。今度の休みにでも、靖国で会おう。」
と語りかけ、手を合わせた。

しばらくして、空がぼんやり明るみかけた頃、その兵士の幽霊は「ありがとう…」と
言いながらうっすら消えて無くなっていった。
その後、ひいじいちゃんの実家に行ったときにアルバムを見ていたら、その幽霊に
雰囲気の似た、笑顔の少年がひいじいちゃんと共に写っていたそうだ。

「今の日本は武力抗争はしてなくても、じわじわ侵略されている真っ最中だから、
 戦争中っちゃ戦争中なんだけどな。変態新聞社騒ぎとかが起きてるのもその一環さね。
 お前ら若いもんがもっと確(しっか)りせにゃいかんぞ。」

じいちゃんは未だに矍鑠(かくしゃく)としていて、8月と12月には靖国神社へお参りを欠かさない。






163名無しのオカルト 2008/08/23(土) 01:07:56 ID: ID:HD0m9j1X0

最後の段が蛇足としか言いようが無い




引用元: 弐〇〇八年・夏  『百物語』  本スレ

PICKUP!

この記事へのコメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2018年09月14日 00:49
    • 本当に、戦争ではないが、侵略されてきてるからね。怖いわ。
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2018年09月14日 10:38
    • 最後の段って蛇足かなぁ?? 人情があって素敵なじいちゃんだなぁ。。元気でなにより。

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【ほんのり】枕からフライドチキンが出てきた。 何言ってるのかわけわからんと思うけど本当のことなんです。
  • 【オカルト】想像すると怖い。私はひとり暮らしなのですがコタツ机とベッドがすぐ近くにあります……
  • 【怖い話】TV製作で霊視能力で蒸発した父親を探せという番組をつくることになった。家族の悲しそうな顔、訴え、いい絵が取れている
  • 【オカルト】「かとう先輩」という都市伝説を聞かされたんですが、まさか本当に会うとは思わなかった
  • 【不思議な話】たまにすごく鮮明な夢を見る。といってもかれこれ二十数年生きてきた中で二回だけなのでほんとたまに。
  • 【ほんのり】大変な時に来てしまった。借金の取り立て人だろうな、もちろん非合法の……
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク