【オカルト二篇】そのおばちゃんが消えてしまった、自転車もろとも。 / 寝室に住み着いてた女の霊はいつもへばりついていた | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加
midashi

786名無しのオカルト 2018/06/20(水) 18:51:14.69 ID: ID:Xf5nsCwi0.net

子供のころの不思議な話
昼でもなお薄暗い林の中を友達と3人で探検してたら10m程先に自転車に子供を乗せたおばちゃんが立っていた
予想以上の暗さに多少心細くなってた時での人との出会いに、ただ嬉しくて
気付けば3人共「おーい」だの「こんにちわー」だの適当に声をあげながらおばちゃんに駆ける寄っていった。
そこからがよくわからないんだけど
そのおばちゃんが消えてしまった。自転車もろとも。
10mなんて大した距離じゃない、駆け寄るのも数秒の話
それなのに3人同時に目撃したそのおばちゃんを3人同時に見失ってた
どのタイミングでどう消えたかもわからない。
とにかくさっきまでおばちゃがいた場所にたどり着いた時にはどこにも居なかった
3人とも脳裏に幽霊を連想してたと思う
でも怖いので誰もソレを口には出さず、ただおばちゃんがどこ行ったのかを話し合った
すると、どうも俺がおばちゃんと思ってた人物は友達2人には違うように見えてたようで
詳しく話した結果3人それぞれ全く違う人物に見えてたことが判明
その瞬間恐怖心が限界突破して3人とも元来た道をメチャメチャに走って逃げた
未だにあれがなんだったのかわからない




 

810名無しのオカルト 2018/06/24(日) 23:10:59.46 ID: ID:kJ2LIeYN0.net

>>786
興味深いねー




787名無しのオカルト 2018/06/20(水) 21:45:06.90 ID: ID:riypaLRl0.net

子供の頃幽霊が見えてた。
一番よくみたのは親の寝室に住み着いてた女の霊。
クローゼットの中か天井の隅によくいたんだけど
スパイダーマンみたいなクモっぽい女で
二本足で立つことはなく、いつもへばりついていた。
佇まいは怖かったけど、
顔は黒いぼやっとした感じで、じっとしていて無害だった。

ある日、1人でしばらく留守番する時があった。
親の寝室のドアがあいていて、前を通った時に
そいつと波長が合ってしまったのか?急に顔がはっきり見えた。怒ったみたいな顔をしていた。
思わず声が出て、直感でやばい気がして自分の部屋に逃げて震えてたら、
戸の向こうにそいつがずっと立ってて(すりガラス)、親が帰ってくるまでこっちを見てた。
普段は寝室から出てこないし、立ってることもないから、すごく不安になり
家族と相談した結果すぐ近くの祖母の家に住むようになったら、そのうち霊的なものは見えなくなった。




引用元:怖い話、体験談

PICKUP!

この記事へのコメント

 コメント一覧 (1)

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2018年10月30日 03:29
    • あとの2人にはどう見えてたのか
      なぜ言わない?

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【オカルト】俺と母親が呆然としてると、女は俺の前に来て、  「あれ、ないと思ってるんだろ。今、車から取ってくるからな」  そういって走り出ていった。
  • 【オカルト】ふと「何でなのかなぁ」という疑問が私の脳裏に浮かんだ。 一体何故なんだろうか……
  • 【陰謀論】太陽系勢力関係図と日本の支配構造まとめ画像。ドラゴンファミリーはドラゴングループともいうぞ!
  • 【陰謀論】太陽系勢力関係図と日本の支配構造まとめ画像。ドラゴンファミリーはドラゴングループともいうぞ!
  • 【オカルト】一般家庭(低圧の電気設備)の点検で山の中にある旅館にいった。怖くて怖くて、祈るような気持ちで配電盤を探してた
  • 【短篇集】サクッと読める怖い話『これが自分の立場だったらコワイだろうなあという本当の話』『もしこの世に読心術できる奴がいて』
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク