【オカルト】船室で寝ていると、女の生首が浮いていた……と話すと、Kさんの顔色が変わりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi


231名無しのオカルト ID:

うちの父から聞いた話だから、私が騙されてない限りガイシュツではないと思うが…

私の父の友人に、Yさんという船乗りがいます。
そのYさんの家の近くに、また父の別の友人Kさんがいます。(会社の同僚で一人暮し)
で、家も近いしと言うことで一度そのYさんとKさんと父とで飲みに行ったそうです。
もちろん、YさんとKさんは初対面です。
そこでYさんが「先日恐ろしい目にあった」という話を始めました。
数日前、Yさんが船室で寝ていると、金縛りにあったそうです。
ふと部屋の角を見上げると、そこには女の生首が浮いていたのです。
Yさんは声も出せなかったのですが、生首はニタニタ笑いながら急降下してきて、
寝ているYさんの目の前をスレスレで飛んでいき、また対角の天井の角で止まりました。
するとまたクルリと向きを変え、同じように急降下してくるのです。
それが何度も繰り返されたそうです。
たまらなくなったYさんが全身の力をこめると声が出たので、
大声をあげると、生首はスーッと消えたそうです。
続く。




 

オカ速おすすめ!

232名無しのオカルト ID:

>231の続きです。

そこまで話すと、Kさんの顔色が変わりました。
おかしく思った父とYさんが話をKさんに聞くと、
Kさんも数日前に恐ろしい目にあったというのです。
(Yさんに会うまで、Kさんは自分が寝惚けたと思っていたらしい)
その内容は、数日前、Kさんが夜中に目が覚めてトイレに行きたくなり、
トイレのドアを開けると、足に何かがぶつかったそうです。
何も置いていなかったはずなのに、と足元を見ると、
女の首から下の体がゴロンと横たわっていたのです。
驚いたKさんは慌てて部屋にかえり、布団を頭からかぶって震えていると、
トイレの方向から足音がしてくるのです。
足音はそのままこちらに近付いてきて、Kさんの部屋のドアを開け、入ってきました。
布団の隙間からそっと部屋の様子を見ると、案の定、首なしの女が明かにKさんを探しているのです。
Kさんはそのまま恐怖で気を失い、気が付いたら朝だったそうです。

その後、YさんとKさんにそれぞれの話の正確な日付けを聞くと、
二人が恐ろしい目にあった日は全く同じだったそうです。
ちなみにKさんは必死で父に頼みこみ、その日はウチに泊まりに来ました…。
(その時はウチの家族は事情を聞かされていなかったけど)
よっぽど怖かったんだろうなぁ…




233名無しのオカルト ID:

>>231
久しぶりにいい話であった!




引用元:%quote_title%
このエントリーをはてなブックマークに追加

オカルト速報特選!

PICKUP!

この記事へのコメント

 コメント一覧 (1)

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2018年12月09日 02:19
    • 海外航路の船乗りなら
      東南アジアに出没する首が抜けて飛び回るろくろ首を
      憑けて来ちゃったのかも。
    • 0

コメントする

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

ギャラリー
  • 【シリアルキラー】シリアルキラーの興味深い、怖い面会エピソード「ケンパーのジョーク」「多重人格ビアンキ」
  • 【シリアルキラー】ブラック・ダリア事件と冤罪疑惑、または他の残虐事件との同一犯疑惑。
  • 【シリアルキラー】ブラック・ダリア事件と冤罪疑惑、または他の残虐事件との同一犯疑惑。
  • 【オカルト】幽霊船が出た。大きな白い帆をもつ木造船で、風の無い日もいつも帆をはっていた【石じじい】
  • 【オカルト】幽霊船が出た。大きな白い帆をもつ木造船で、風の無い日もいつも帆をはっていた【石じじい】
  • 【オカルト】幽霊船が出た。大きな白い帆をもつ木造船で、風の無い日もいつも帆をはっていた【石じじい】
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク