【オカルト】怖いっていう感覚の中に少しだけ「悲しみ」が交じっていると、私はとっても怖い。 | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加

midashi


954名無しのオカルト ID:

洒落にならない程かどうかは人によると思うけれど、怖いっていう
感覚の中に少しだけ「悲しみ」が交じっていると、私はとっても怖い。
生きている人も「凄い形相」をするけど、それは裏切られた悲しさから
だったりするでしょ。

大変申し訳ないけど、きっとこの話は既出でしょうね。
私は「まんが日本昔話」で見た「ふとんの話」がとっても怖い。

両親に先立たれ、借金取りにふとんまで取り上げられた幼い兄弟が
ちょうど今頃の寒い時期、何も無いボロ屋で抱き合いながら凍死する。

取り上げられたふとんは旅館に引き取られるが、そこに泊まった旅人が、
ある晩そのふとんからかすかな声がするのを聞く。

「兄さん寒かろう」
「おまえも寒かろう」

それは僅かでも暖を取り合おうと、抱き合いながら息絶えた兄弟が最後に
交わした言葉

初めてそれをテレビで見たとき、思わず流した涙は兄弟愛に対する
感動などではなく、純粋な恐怖からでした。

恐怖を克服して深夜のトイレから戻り、やれやれと布団に包まったときの安堵感。
しかしこの話を知って、それすらも取り上げられてしまったと感じた。
怨念はいろんなものに憑くようですが、何も最後の拠り所であるふとんに憑かんで
くれるなよと思ったものです。




 

955名無しのオカルト ID:

>>954
「鳥取の布団」だね。
小泉八雲の「怪談」のひとつだよ。

鳥取のふとんの話 - Wikipedia


956名無しのオカルト ID:

そうそう!ラフカディオ・ハーン。
あと「幽霊滝の伝説」あれは怖いすね。
しかしスレ違いネタかも。陳謝

幽霊滝の伝説 - Wikipedia


957名無しのオカルト ID:

>>956
うん、幽霊滝はこわいね。
あと「破約」。前妻の亡霊が新妻に祟るやつ。
オチのひとこともイイし。

破約(http://fujimotoyasuhisa.sakura.ne.jp/index.htm)


958名無しのオカルト ID:

確かに「幽霊滝」は怖い。
しかし、どうしてあのお母さんはわざわざ赤ん坊を背負っていたんだ?
同僚(他のおばさん)が信用できないから、仕事場に残しておけなかったのか?




引用元:%quote_title%

PICKUP!

この記事へのコメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2018年12月12日 12:33
    • そういう点で八雲の作品は好き。
      感傷的というかただ怖いだけじゃない、昔のほの暗さとかそういうのが垣間見えるのが好き。
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2018年12月12日 13:43
    • 人生初の中古品は恐いねという啓蒙だったな。

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【オカルト】変なものを見たら足を怪我した。それは猛スピードで移動していた
  • 【未解決事件】社員旅行の出発に来なかった家族が一年後ダムの底で車ごと見つかった事件、どうしたらそうなるの?
  • 【オカルト】Aの話を聞いてからさっきまで歩いていた街を見る。もうそこが、人の世界には見えなくなっていた。
  • 【未解決事件】世田谷一家殺人事件とかいう20世紀最後の闇……全く解決してないのにwikipediaはすごい充実してるよな
  • 【オカルト】俺は何かイベントがあるたびに怪我や病気をする子だった。一番落ち込んだのは、小学校の修学旅行のとき。
  • 【怖い話】「窓の外、むこうの山に首を吊っている人がいる」 教室は騒然。双眼鏡で見てびびりまくる集団まで現れた。
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク