【事件】今この瞬間も風船おじさんの気球と死体がジェット気流に乗って回遊している事実 | オカルト速報 - オカルト・洒落怖・怖い話・不可思議な話まとめ -

このエントリーをはてなブックマークに追加
 

3名無しのオカルト 2018/12/06(木) 15:46:31.68 ID: ID:rLmfPz8Jd.net

地球人への復讐の機会をうかがっているんやで




4名無しのオカルト 2018/12/06(木) 15:46:38.68 ID: ID:ms8ro3hea.net

いつまで飛んでんだよ




5名無しのオカルト 2018/12/06(木) 15:46:42.74 ID: ID:yBc92gQYa.net

地底湖の大学生の遺体も怖E




6名無しのオカルト 2018/12/06(木) 15:47:45.32 ID: ID:yBc92gQYa.net

レーダーにも映らんから探しようがないらしいやね、風船おじさんの気球




7名無しのオカルト 2018/12/06(木) 15:48:53.96 ID: ID:2BbCNr0gM.net

さすがに着地して生活してるやろ




8名無しのオカルト 2018/12/06(木) 15:49:02.69 ID: ID:HV1USVmed.net

マレーシア航空370便もまだ地球上のどこかを飛んでるらしいで




9名無しのオカルト 2018/12/06(木) 15:49:33.63 ID: ID:wkiJNNUQd.net

さすがに宇宙までは行ってないか




10名無しのオカルト 2018/12/06(木) 15:50:05.65 ID: ID:j+NvSqwga.net

塵になったやろ




12名無しのオカルト 2018/12/06(木) 15:50:57.59 ID: ID:qYcqIgnt0.net

HOPUPしている




13名無しのオカルト 2018/12/06(木) 15:51:34.72 ID: ID:Pji/CPqEd.net

元気してるかい?




15名無しのオカルト 2005/05/12(木) 18:40:52 ID: ID:JjnTbnjP.net

こいつなにを考えてたんだろ
無事に渡りきれれば一躍ヒーローで借金返済
一発逆転の人生を夢見てたのか。
どのみち有罪なんだけどね(プ




19名無しのオカルト 2005/05/15(日) 01:05:39 ID: ID:jenHhq93.net

風呂桶職人のじいさん怒ってたな




27名無しのオカルト 2005/05/18(水) 02:31:59 ID: ID:fhYc5M+X.net

風船おじさん、
かなり全国的に有名なピアノの調律師だったんですよ。




28名無しのオカルト 2005/05/18(水) 03:06:42 ID: ID:???.net

>>27
・・・・・マジで?




30名無しのオカルト 2005/05/18(水) 05:37:55 ID: ID:fhYc5M+X.net

>>28
鈴木嘉和さんは
かなりの耳をもったプロ中のプロなピアノ調律師でした。




59名無しのオカルト 2005/06/06(月) 15:31:44 ID: ID:???.net

今だから風船おじさんが飛ぶまでのゴタゴタを映画化したらどうかな。
何で借金を負う羽目になったのかとか、何を根拠に一発逆転だと思っちゃったのかとか、
テレビ局がどんな感じで風船おじさんを煽ったのか・・・っつう一連の話を、
岸辺一徳あたりで撮ったら、結構面白いと思うんだけどなあ。
エンドロールのバックには、三陸海岸あたりの上空を悠然と飛ぶファンタジー号の勇姿かなんか映して。




133名無しのオカルト 2005/08/26(金) 16:50:46 ID: ID:0VfYAJj6.net

最後に見た自衛隊機からの映像凄かったな。気流にも乗ってしまい、救助が出来ない高度での映像だったが、おっさんはどうする事も出来ない制御不能の状態の為、必死に風呂桶にしがみついていたな。いくら叫んでも声は届かず壮絶な恐怖だっただろうね。




159名無しのオカルト 2005/10/01(土) 15:21:00 ID: ID:???.net

この風船計画はかなり念入りに準備はしてた。
風船と言われてるが、ゴムの風船ではなく、あるメーカーが
善意で提供した特殊な繊維でできたものだった。
風呂桶もそのために特別にあつらえたもの。
ただ如何せんおじさんが気軽に考えてた節はある。
寒さ対策と食料の確保の一挙両得とか言って、新潟の酒を大量に積み込んだり、
連絡用の無線は何故かワイヤレスの電話の子機だったし。
永六輔さんがラジオで、夢があっていい!なんてもろ手あげて応援してたりしたが、
マスコミとかが大騒ぎしたので、引くに引けなかったのか?
出発自体も試験飛行中に突然回りの制止を無視して強行した。
金華山沖付近でかなり低空ではあったが、飛行している姿を捕らえた映像がニュースで流された。
確か手を振っていたようにも記憶するが、その後消息をたった。
まあとにかく伝説の人にはなった。




160名無しのオカルト 2005/10/09(日) 14:55:04 ID: ID:Dt2FTf4D.net

>>159 おじさんは神になったの?




161名無しのオカルト 2005/10/10(月) 22:21:18 ID: ID:DIbh3CU3.net

>>159
あの手振り映像は子供心に「あれは助けを求めてるんでは…?」
って思う様な手振りだった。
取材ヘリからは「僕達にあいさつをしてくれています!おーい!」って感じに手を振り返してたけど。
子供の自分も恐いからその可能性には蓋をして、挨拶してるんだな、と思い込もうとしてたな…




491名無しのオカルト 2008/03/14(金) 02:02:34 ID: ID:???.net

いまも地獄の空を風船で飛んでいるのかな。




536名無しのオカルト 2008/07/18(金) 21:45:40 ID: ID:???.net

いまもジェット気流にのって世界中を周っているよ

運がよければジョット機で会える
航空会社の機長たちには周知の事実。




543名無しのオカルト 2008/08/31(日) 15:27:57 ID: ID:???.net

飛び立って何日か後に
自衛隊の映像がニュースで流れてて
ちゃんと飛んでることにびっくりした




579名無しのオカルト 2009/01/31(土) 01:58:51 ID: ID:9bbgu8zn.net

>>543
あれスゲー怖かったな。ジェット気流に乗ってぶっ飛びで。

ワイドショーの人間が「元気に手を振ってますね!」なんて言ってたが、助けを求めてる様にしか見えなかった。




559名無しのオカルト 2008/12/12(金) 08:50:40 ID: ID:dKUj5eM+.net

確か外国にも風船おじさんがいて、その人も死んだはず。
風船は怖い




566名無しのオカルト 2009/01/14(水) 00:10:04 ID: ID:WNgBiCV3.net

どう見ても、ただの風呂桶だよなあ






646名無しのオカルト 2009/09/07(月) 15:52:03 ID: ID:vVqydFO+.net

残された家族は借金をどうしてるんだろうね。

3年以上生死不明だと離婚できるようだし、
失踪宣告してもらって死亡扱いして相続放棄すれば借金は返済しなくて済むんだろうけど、
未だに法的な婚姻関係は続いてるんだろうか。




676名無しのオカルト 2009/11/23(月) 09:46:26 ID: ID:8poEpRUX.net

借金取りから逃げる為の大係りな作戦だったんじゃないかな。今頃ひっそり何処かで暮らしてると思うんだけど。




693名無しのオカルト 2010/01/04(月) 11:38:14 ID: ID:88338ohs.net

「風船おじさん」事件16年目の真実

風船おじさん事件も、あれから16年が経った。確かに無謀な試みであったろう、
風船をくくりつけ冒険経験も無い中年男がアメリカに渡ろうとしたのだから。あ
る意味滑稽さを伴う悲喜劇だった。その裏でフジテレビ「おはようナイスディ」
が冒険物語をあおったことを報道した週刊誌もあった。借金説を報じた週刊誌も
あった。しかし、いかなるダークサイドがこの事件に存在したのであろうか

平成4年11月23日午後4時30分。滋賀県能登川町の琵琶湖湖畔より、大小
26個のヘリウムガス入りの風船を桧の風呂桶にくくりつけた男が「アメリカに
行ってきます」と言い残して、ふわりと空に舞い上がっていった。あれから8年、
彼は、人々の記憶の断片に埋もれようとしているが、あなたはあの「ミスター風
船」を覚えているであろうか?彼の冒険の目的は、破壊の危機に瀕しているアメ
リカ・ネバダ州の鳴き砂(乾燥し、風雨よって丸められた砂粒が風によって音を奏
でる現象のこと)保護を訴えるためだった。当初は、日本でも鳴き砂の現象が見ら
れる島根県からの出発する予定だったが、「そんな危険極まりなく無鉄砲な計画
は認めることは出来ない」とされて、急きょ琵琶湖に変更になったのである。正
確には琵琶湖といっても、滋賀県神崎郡能登川町を流れる愛知川の岸辺。琵琶湖
はすぐ目の前だが、湖畔と言ってもこの場合は、土手から飛んだというほうが正
しい。当時の新聞によると、彼は、「試験飛行の最中に現場に全員を欺くように
いきなり飛んで行った」などという論調で報道されているが、これは、調べたと
ころ、明らかな違いがあることが判った。かなり前から取材を進めていた朝日新
聞、フジテレビが「彼をあおったのではないか」という誤解をされないために、
彼一人の無謀にすがったフシがあるのだ。当時の現場は、明らかに彼が「アメリ
カに行く」という雰因気が周囲に漂っており、穴のあいた風船をガムテープでふ
さぐというという大らかさに、誰もが「あんなんでホンマにアメリカに行けるん
かいな」と口々に心配しあったという。だが、男の冒険は無謀だった。




694名無しのオカルト 2010/01/04(月) 11:39:03 ID: ID:88338ohs.net

「ヘリウ
ムガスを詰めた風船に乗り、高度1万メートル(成層圏)に上昇すれば、約40
時間でサンフランシスコに行ける」予定であったが、もとより彼自作のゴンドラ
ではそんな機能も耐久性もなく、又彼のもっていた装備の類も、およそ過酷な試
練に耐えるものではなかった。しかし、彼によれば、「気球」でなく「風船」で
飛ぶことに冒険の意義があった。飛んでいったその後は、25日午前8時35分に
宮崎県金華山沖800キロで海上保安庁第3管区海上保安本部の捜査機ファルコン
が彼の生存を確認したのが最後。前日夜半、遭難信号灯による彼からの救難信号
を受けて発信したが、捜査機がゴンドラを見つけると、彼は立ったり、座ったり
手を振ったりさらにゴンドラから荷物を次々に投げ落として高度を上げたため
「飛行意思あり」とみなされて、3時間の監視後、捜査機は帰還した。12月2
日、ついに家族により海上保安庁に捜索願が出される。だが男の行方はロシア、
アメリカ、カナダなどの沿岸各国に連絡をとってもようとして知れない海上保安
庁も税金を使って闇雲に捜査機を飛ばすわけにもいかず、その後は、彼を捜索す
るための飛行機も2度と飛ばなかった。この冒険の失敗は、彼が無線機でなく、
携帯電話を持って行ってしまったことにある、という事だけは断言できるだろう。
彼は、どこに行ってしまったのだろう・・・・・

事件当日、天気は晴れ、離陸時間の午後4時30分の風は、北西の風1メートル
現地のタクシーの運転手によると「風船は重りを載せすぎていたのかなァ、あま
り高く上がらなかったよ、荷物を少し落下させて高度を少し上げたけど、ずっと
低空飛行のまま猪子山のほうに飛んでいったよ、風船のパンパンじゃなく、ちょ
っとたるんだ感じだったから、アメリカはちょっとなァ・・・・って、あの猪子
山を越えたらもう落ちてるって思ってましたよ」風船はいきなりアメリカに向か
っていったのではなくはじめは反対方向に飛んでいった。かじや推進力があるわ
けではない風まかせの漂拍飛行。それからは、方角的にまずいと思ったのか、荷
物を落として高度を上げようやく南西の風に乗った。




695名無しのオカルト 2010/01/04(月) 11:39:51 ID: ID:88338ohs.net

この時点の飛行高度は20
00メートルほどだったと思われる。その後の天気も順調。男は、東へ東へと、
方向的には狙いどうりに順行していた。ところがこの風船には決定的な欠陥があ
った。高度が上がらなかったのである。アメリカに行くには、最低でも6000
メートル以上のジェット気流に乗らなければならない。だがこの風船は、400
0メートルすら上がらなかったのである。上がらない原因は、ガスの容量が足り
なかった、あるいは彼自身が上空の低温、また酸素不足による呼吸困難に耐えら
れなかったことなどが考えられる。しかし、彼の不屈の精神力や、酸素ボンベ8
本携行していたことを考えると、やはり風船そのものに能力が無かったのかもし
れない彼が、桧のゴンドラにつけた大小26個の風船はアドバルーン製作会社
、アドニッポー社製の塩化ビニール製風船、中に詰まったヘリウムガスは同志社
大学を経由して買った純度の高い質の良いガスだった。ところが、この素材と気
体の組み合わせでは、1日に約10%ほどづつガスが抜けてしまい、風船は放っ
ておいても勝手に高度が下がってしまう。識者の見解では、「海上保安庁の最終
確認から早くて3日、最長でも1週間で高度はゼロになる」という

彼は、なぜ飛べなかったのか?答えは簡単重量オーバーだったのである。実はフ
ライト瞬間前に彼の予期せぬ荷物が第三者によって、ゴンドラに積み込まれたの
である。それは、フジテレビ「おはようナイスディ」が「空から見える風景を撮
ってこい」と彼に貸与した業務用カメラ機材だったのである。そのときの様子を
見ていたある人物によれば「もう出発するよっていうときに。『待って待って』
という感じで、ちょっと大きめのカメラのようなものが慌ててゴンドラの中に詰
め込まれたんです。数人の男が『よいしょッ』って感じで入れていましたからか
なり重いものだったんじゃないですか」この様子は周囲の人たちも不信な目で見
ていたという、近くで見守っていた彼の奥さんも、そのカメラのようなもののた
めに重量は大丈夫なのか心配したらしい・・・・・奥さんの心配は的中し高度は
上がらなかったのである。奥さんは『大陸横断が成功すれば大きなニュースにな
るでしょう。そうすれば、彼の目的である『鳴き砂保護』が広く世間にアピール
できる。1週間前からフジテレビの方たちは熱心に取材に来ておりましたし、あ
の人は義理堅いところがある人ですから、そうした事情で人様から借りたカメラ
は最後まで捨てるわけに行かなかったのではないでしょうか」1週間前から熱心
に取材していたのにもかかわらず、あまつさえ、彼がこの日アメリカに行くこと
を知りながら、むしろそそのかしていたふしがあるのに、「テスト中に周囲の制
止を振り切って、いきなり飛び立って行った」と報道したフジテレビ。これはど
ういう罪にあたるのか。行方不明者も7年経てば生命保険を請求できる「死亡者」
扱いになるとなれば殺人罪?

8年前という古い事件となってしまったため当事者の追求は難しいものの、この
「風船おじさん失踪」は、途方も無い夢を見た熟年男の無謀だけではなく、第三
者による事件性がそこに絡んでいたという事実だけは強く伝えておきたい




713名無しのオカルト 2010/12/10(金) 03:54:14 ID: ID:???.net

自分的には、このおじさんの感覚と出来事がなんだか怖い。

シャボン玉飛んだ♪の歌みたいに、明るい見た目のおしまいに、
恐怖と絶望が見え隠れしてみえるようで…




714名無しのオカルト 2010/12/24(金) 19:45:09 ID: ID:+gJ1TRhp.net

風船おじさんは
2度と日本に戻れなかった…。
風船とおじさんの中間の生命体となり
永遠に成層圏をさまようのだ。
そして 死にたいと思っても死ねないので
そのうち風船おじさんは 考えるのをやめた。




717名無しのオカルト 2010/12/31(金) 02:37:07 ID: ID:???.net

>>714
そうそうそんな気味の悪さ…(´;ω;`)




715名無しのオカルト 2010/12/25(土) 19:15:54 ID: ID:???.net

ほぼ間違いなく死亡していると思う。死体が出てこないから確信がないけど…
借金やら何やら、問題の多い人だったみたいだから、本人にしてみれば蒸発しただけにすぎないのかも。風変わりな人だからああいう行動をとったんだろう。
妻子もおじさんが行方不明になっても、それはそれでしょうがないと思ってたんじゃないか?




742名無しのオカルト 2011/05/05(木) 00:57:13.38 ID: ID:G0JiD+1E.net

ロマンだとか冒険家だとか言ってる馬鹿はなんなの?

借金がいくらあったか
生命保険に入ってたのは知ってるよな?
事故に見せかけての保険金狙いの殺人事件だろ

取り立てやくざ「いい加減にしろや、家族殺すぞオラ」
風船ジジイ「分かりました、一か八かで金を作ります」
取り立てやくざ「なめてんのかコラ」
風船ジジイ「冒険家風に風船で飛びます、私が死んだら保険金が下りるでしょう、自殺に見えないように冒険家を装いますから」


これが現実
冒険家でもなければ、ロマンもない
彼は自己顕示欲の塊
だから借金まみれになり
結果消された

真の冒険家の生活は質素である
冒険が趣味だから
必要最低限の金しか要らないし
風船ジジイは華やかな世界を目指して、経営者目指したりと冒険家のソレとは対極にある人間である

当時から裏がありそうだったが、まさに裏が全てで裏のために飛んだだけであり
ロマンと対極にある「借金という現実」から逃避する為の飛行だったのは非常に残念だ




748名無しのオカルト 2011/08/13(土) 01:07:42.05 ID: ID:oMcBJdvo.net

勝手に殺すなよ~




749名無しのオカルト 2011/08/13(土) 09:05:10.40 ID: ID:lSoCIyfF.net

「最後の飛行」以前にも、たびたびニュース映像に登場していたがその時の
「降りてきて下さいよ、約束が違うじゃないですか!」というお巡りさんの
絶叫が耳に残る。




753名無しのオカルト 2011/10/24(月) 15:56:54.53 ID: ID:???.net

こういう不明な死に方は嫌だな。
星の王子さまの作者も飛行機乗りで行方不明になったし
植村直己も山が限定されているにも関わらず見つからない。
植村のことは何とか見つけられそうなもんだけどな。




803名無しのオカルト 2012/10/06(土) 15:21:47.33 ID: ID:86qzHOMG.net

>>159
無線にするつもりだったけどテレビ局が早くやれって煽ったから無線免許取れなかったんじゃなかったっけ

>>753
王子の作者は見つかった
個人的には墜落した紫電改は発見されたけど、操縦席の窓があいていて操縦者は見つからなかったのが怖い




826名無しのオカルト 2013/02/03(日) 13:43:48.35 ID: ID:???.net

たった数個のアドバルーンでも人一人くらいなら簡単に上空5KM以上まで上昇させられることを
このオッサンは教えてくれた。
下は30度以上あっても上空は冷凍庫並の寒さ。
きっとその落差がたまらなかったのかも知れんなw




829名無しのオカルト 2013/03/05(火) 14:17:24.51 ID: ID:???.net

案外北海道の山中かなんかに墜落して奇跡的に生還したが
記憶を失いどこかでホームレスになっているのかもしれない・・・




830名無しのオカルト 2013/03/11(月) 19:04:54.30 ID: ID:???.net

それこそファンタジーじゃないか




840名無しのオカルト ID: ID:6UvM5KJR.net

つか風船で海横断できれば4億も貰えるもんなの?
4億入手可能だっつー根拠は何だったの?




854名無しのオカルト 2014/05/20(火) 01:24:26.67 ID: ID:l/yTX5n4.net

>>840
例えば成功した事による有名税とかじゃね?




843名無しのオカルト 2013/12/10(火) 13:18:57.48 ID: ID:Nw+UDy7r.net

「風船おじさん」て名前はかわいいのに、消息不明というのが絶望的な感じなんだよね
最近はこうゆう馬鹿なことをする大人が減った。




866名無しのオカルト 2015/02/24(火) 14:51:46.28 ID: ID:voxjJe4K.net

やってる事は植村直己と変わらんのに評価えらい違いだな。一度発見されてそれが最後てのも一緒だし。
まあ今の時代なら両方袋叩きだろうが…




867名無しのオカルト 2015/02/24(火) 14:58:34.58 ID: ID:???.net

豊富な経験と充分な装備と計画で挑んだけれど、それでも事故に遭ってしまった人と、ド素人の思いつきと面白半分のマスゴミに背中押されて、勢いだけで飛び立った挙げ句の行方不明者を「やってる事は同じ」って語る人って・・・




869名無しのオカルト 2015/03/10(火) 11:20:46.24 ID: ID:???.net

どう考えても、植村直己と同列に扱うなんて持ち上げ過ぎにも程があるだろ




902名無しのオカルト 2017/11/01(水) 16:18:43.54 ID: ID:vpIwfgSO.net

風船おじさん!鈴木さん!母の高校、国立音大付属高校の上級生なんですよ。当時から有名な変わり者で、風船で飛んで行った時、ああ、やりかねんなと皆思ったらしい・・・




908名無しのオカルト 2018/05/22(火) 04:01:22.98 ID: ID:???.net

栗城氏のニュース見て風船おじさん思い出した
当時は多感な時期だったので見殺しにされたおじさんがかわいそうで怖くてしょうがなかった
自分が大人になってみるとあんなの助けようもなかったと思えるけど




909名無しのオカルト 2018/05/22(火) 07:34:05.61 ID: ID:+UziTx6B.net

>>908
ネットの普及した今だったら袋叩きにあってるよな




915名無しのオカルト 2018/09/25(火) 23:23:14.74 ID: ID:???.net

>>909
同調圧力と承認欲求でネットが回るツマラン方向に時代が進んだわな
風船おじさんみたいな無謀企画じゃなく
ただの海難とか登山遭難も芸能人の箸の持ち方感覚でけしからんドヤの嵐




911名無しのオカルト 2018/05/28(月) 05:01:34.87 ID: ID:???.net

>>908
見殺しでも何でもなく、止めるのを振り切って勝手に行ってしまったわけだしなあ




910名無しのオカルト 2018/05/22(火) 12:35:03.77 ID: ID:???.net

風船おじさん・植村直己氏は漂流者だろうけど、栗城氏は廃棄物として異世界で
まみえているんだろうか…。




引用元:風船おじさん
引用元:今この瞬間も風船おじさんの気球と死体がジェット気流に乗って回遊している事実

PICKUP!

この記事へのコメント

 コメント一覧 (3)

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2018年12月07日 09:15
    • 小学校か中学校の時学校で見させられた「植村直己物語」、確か西田敏行が主演だったけど、植村直己が行方不明になって数年で作られたんじゃないかな。子供心に、なんつー考えの浅い、家族に迷惑かけまくるおっさんだな、と怖かったわ。
      実際植村直己も三浦洋一郎も、「冒険」は思いつきで計画している。
      風船おじさんも冒険はそーゆーもんだという認識だったんだろうよ。
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2018年12月07日 09:22
    • 風船おじさんが調律師だったとすると、やはりどこか不自由な人だったのかな、と思ってしまう。
      調律師をしてる人って、軽重の差はあれど自閉症の人が適してるし、そうでなくとも五感のどれかが不自由な人が多い、と音楽の先生が言っていた。
      うちに来る調律師さんは弱視。学校に来る調律師さんは自閉症で、調律師さんが来る日は音楽室のある階が立ち入り禁止になる。
      この前文化会館に来ていた調律師さんは、神経症の後遺症で声が出なくなってから調律師になったと言ってた。
    • 3. 名無しのオカルト
    • 2018年12月08日 02:56
    • 廃棄物の方なんだw

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
ギャラリー
  • 【オカルト】怖いっていう感覚の中に少しだけ「悲しみ」が交じっていると、私はとっても怖い。
  • 【オカルト】妖怪の仕業か?  一時的にボケただけか?  九州の小さな島で起こった気味が悪い話
  • 【不思議な話に】小学生の時って集団登校だったのね。俺はほぼ毎朝、眠たいなあと思いながら ボーっと登校していた。
  • 【ほんのり】体は前を向いているのにあの手この手で後ろにいる俺を見ようとしているように思えたんだよ。
  • 【怖い話】国勢調査のバイトをしてたときのこと。 ワンルームアパートで世帯主が女のはずなのに、男が出て来た。
  • 【オカルト】うとうとしはじめると、それを待っていたかのように親子のひそひそ声が聞こえてきた。母親「あの時はこわかった?」
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク