【オカルト】オレは前の年に嫁を病気で亡くし、元の家を売り払って僻地勤務を志願した。 離島で毎日好きな釣りでもしてれば気が紛れるかと思ったんだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

372名無しのオカルト 2013/01/26(土) 01:42:05.32 ID: ID:2YWAT52l0

 お詫びのつもりで実体験を一話投下。
忍法帳とかの関係で連投できなかったらすまん。

 6年前、ある僻地で働いてて会社の独身寮に住んでた。
オレは前の年に嫁を病気で亡くし、元の家を売り払って僻地勤務を志願した。
離島で毎日好きな釣りでもしてれば気が紛れるかと思ったんだ。

 本来独身寮だから×1はオレ1人。
夜釣りから帰ってきたら後輩(女)が階段の踊り場で酒飲んでて
涙目で「少し相談に乗って下さい」って言われたり、
朝早い釣りに備えて早寝してたら、寮の駐車場で後輩(男)が
「僕は○○(踊り場の女)が好きで~す」とか叫んでたり、
独身寮ならではの刺激的な事がたま~にあった。




 

オカ速おすすめ!

374名無しのオカルト 2013/01/26(土) 01:45:42.74 ID: ID:2YWAT52l0

 で、オレのすぐ上の部屋にイケメンの後輩(Aとする)が住んでて
コイツには職場公認の彼女(Bとしておく)がいたんだが、
もうひとりコイツにぞっこんの女の子(Cとしておく)がいた。
それで時々修羅場が展開されてたみたいだったがオレが居合わせた事はなかった。

 ある晩、夜釣りから帰ると寮がただならぬ雰囲気。
聞くとその晩居酒屋でAを巡ってBとCが大喧嘩。
Cが飲酒運転で居酒屋を飛び出し行方不明になっているという。
オレは飲んでないので車を出し、みんなでCを捜索した。
居酒屋から少し離れた場所で停まっているCの車を発見したがCはいない。
取り敢えず警察に連絡してその日の捜索は終了。朝釣りに備えて寝た。




376名無しのオカルト 2013/01/26(土) 01:46:56.46 ID: ID:2YWAT52l0

 どのくらい寝たのか。怒鳴り声で目が覚めた。
ドアを開けて声を辿って階段を上るとA・B・Cが怒鳴り合ってる。
このままじゃ何も解決しないし、オレも寝られない=朝釣りに悪影響。
オレは泥酔してるCをA・Bから引き離し、自分の部屋に連れて帰った。
トイレで吐かせ顔を拭き、ソファーに寝かせて毛布をかけた。
と、いきなり腕を掴まれて引き倒された。目茶苦茶にキスされる。
絶対オレをAと間違ってるなと思ったから
「オレはAじゃないぞ。間違ってる。」と言った。そしたらCはしっかりオレを見て
「間違ってない。」と言う。
「間違ってないなら、そんな事するな。」と言ったら、Cは泣きながら
「Aじゃないなら、アンタが良い。Bには負けたくない」と言う。
「馬鹿言うなよ。一体何の勝ち負けだ。勝手にオレを巻き込むな」とはいったものの
オレの心臓はバクバクいってた。
Cは色白で眼が大きくて美人で、何より胸が大きい。多分Gカップ。
正直オレは何でAがCよりBを選んだのか不思議に思ってた位だ。




379名無しのオカルト 2013/01/26(土) 01:54:03.37 ID: ID:2YWAT52l0

 今、そのCがオレの部屋のベッドに居てオレに抱きついてる。
「だから止めろ。馬鹿なことして後悔するぞ」かろうじてそう言ったが限界寸前。
Cは「後悔なんかしない」って言ってオレの指をしゃぶり始める。
何とか引き離そうとしたら小指を噛まれた。血が滲んでる。もう、良いか。
このまま行くとこまで行っても。サディスティックな気分になってCを押さえつけた。
その時、ベッド脇の固定電話が鳴った。オレもCもビクッとして思わず固まる。
警察からかもしれない。恐る恐る受話器を取る。
「もしもし?」
「絶対、許さない」 一言だけで電話は切れた。
嫁さんの声だった。死ぬほど怖かった。




380名無しのオカルト 2013/01/26(土) 02:00:07.96 ID: ID:NVUxMY3e0

盗聴?生き霊?どっちしてもこえー
そして朝釣りが価値観の中心にありすぎてそっちは笑ったwww




381名無しのオカルト 2013/01/26(土) 02:12:44.97 ID: ID:DP4legxRO

海釣りやる俺としては何釣りに行ってんのか気になるw




382名無しのオカルト 2013/01/26(土) 02:23:36.25 ID: ID:2YWAT52l0

>>380
盗聴でも生き霊でもないよ。
前の年に嫁は死んでたんだから。
釣りが価値観の中心の生活も、そのために
離島勤務を志願したんだからさ。

>>381
朝と夕方はヒラアジがメイン。
夜は五目の大物狙いだったな。ハマフエフキとかハタとか。
間違ってイセゴイがつれるとパニックだったっけ。懐かしいよ。




383名無しのオカルト 2013/01/26(土) 02:31:27.30 ID: ID:h7IMRFh60

>>379
きっと邪な気持ちでCとくっつこうとしたから嫁さんが怒ったのでしょうね。




384名無しのオカルト 2013/01/26(土) 02:50:55.12 ID: ID:2YWAT52l0

>>383
 邪か...ま、そう取られても仕方ないよな。
でも、あの時、オレはオレなりに必死だったんだ。
「これでCが満足して、A・Bに執着しなくなれば」って。

 2年の離島勤務を終え、故郷に戻って暫くしたらCから電話があった。
それからも色々あったけど、Cと再婚した。今、隣の寝室でCは娘と一緒に寝てる。
Cには内緒だが、娘には最初の嫁の名を付けた。
毎晩、「祟るならオレに祟れ」と祈ってから寝てる。そろそろ今晩も。




404名無しのオカルト 2013/01/26(土) 19:51:45.03 ID: ID:MmdRUfzP0

ここ最近はちょっと厳しい目が多いけど、
体験談なら自分の言葉でそのまま書けばいいと思うよ。

変に状況描写が小生意気だったり、
ぼく文章書くのが好きなんです的なのは、
斜めに見られがちなんじゃないかなw




407名無しのオカルト 2013/01/26(土) 21:47:35.41 ID: ID:2YWAT52l0

 色々あって申し訳ない気持ちだ。
お詫び代わりに372の離島での実体験をもう1個投下する。
文章書くのは嫌いじゃないが、小生意気に取られたら申し訳ない。
創作臭といわれたら仕方ないが、これも正真正銘実体験だ。
これでここへの書き込みは最後にするので許してくれ。




408名無しのオカルト 2013/01/26(土) 21:48:58.99 ID: ID:2YWAT52l0

 離島って情報がまわるのが早いんだよ。例えばある朝
ある波止でオレが良型のヒラアジを釣って、それを地元の人に見られると
次の日の朝はその波止には釣り人が一杯で入れないってのは普通にあったんだ。

 オレは最低1日3回は釣りに行ってて、離島赴任2年目にして凄い事に気付いた。
春と秋に釣れるとばかり思ってたヒラアジが、1月末のある港に群れで寄るんだ。
毎朝入れ食いで毎朝5~6尾を釣り上げ、実家への土産を確保していた。

 そしたらある朝、とうとう地元の人に釣果を見られた。翌朝の状況は想像がつく。
何としても釣り場を確保したいオレは、その晩飲み会から帰ったその足で港に歩いた。
そう、釣り具を持ったまま波止の釣り場で仮眠を取ろうと思った訳だ。

 竿を抱えて釣り場に座り、波止の壁にもたれて寝てた。
どのくらい経ったのか、誰かに声を掛けられた。
「こんな所で寝てると危ないですよ。もっとこっちに寄らないと。」




409名無しのオカルト 2013/01/26(土) 21:50:43.64 ID: ID:2YWAT52l0

 「あ、はい。ありがとう御座います。」眼をこすりながら声のした方に向きを変えた。
地面に尻をつけたまま少しにじると足がストンと沈んだ。
眼を開けると、オレは未だ薄暗い波止の一番端に座って海面に足を垂らしてた。

 真っ青になって周りを見回したが辺りには誰も居ない。
オレに声を掛けたのが何だったのか、今もわからない。
でもあと少しにじってたらオレは多分海に落ちてた。

 すごく怖かったが、折角眼が覚めたからその朝もヒラアジを釣って帰った。
次の晩は釣り場にライトとエ〇雑誌持って出掛けたよ。
そんなんで寝てるとこ誰かに見られたら恥ずかしいから緊張して寝られないからね。




引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?308
このエントリーをはてなブックマークに追加

オカルト速報特選!

PICKUP!

この記事へのコメント

 コメント一覧 (1)

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2019年03月20日 21:10
    • Gカップが気になった!
    • 0

コメントする

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

ギャラリー
  • 【事件】犯人がいじめられていた事件が闇が深かったり深くなかったりする件【村八分】
  • 【事件】犯人がいじめられていた事件が闇が深かったり深くなかったりする件【村八分】
  • 【事件】犯人がいじめられていた事件が闇が深かったり深くなかったりする件【村八分】
  • 【怖い話】12年くらい前、正午前のニュースで路上にうつ伏せで倒れている人の映像が流れたがあれは……
  • 【オカルト談義】最強の怖い話 『喰われてる最中に電話した女性』『トラウマでいつも笑っている』『谷山浩子のコットン・カラー』
  • 【オカルト】変な奴に出会った。そいつはちょこんと座っていて、くすんだ暗い水色の肌の裸の猿のような奴だった。
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク