【オカルト】「年々変わる写真」てのがある。後ろ向きの女が写ってて、それが段々こっちを向いているというもの。

このエントリーをはてなブックマークに追加

54名無しのオカルト 2011/08/11(木) 17:40:31.12 ID: ID:2fEUn8JW0

エレキコミックのやついいちろうが稲川淳二の夏のツアー終了後の楽屋で稲川から聞いた話。

「年々変わる写真」てのがある。海を写した写真なんだけどそこに後ろ向きの女が写ってて、それが段々こっちを向いているというもの。
たいがいの心霊写真には平気な稲川もその写真だけは手元に置いていたくなくて、ディレクターや監督も持って帰りたくなかった。
そこで、その写真を置いておく為だけに、一軒家を借りていた。その家から、毎年ツアーの季節になると助監督がその写真を取りに行く。
ところが毎年、その取りに行くときに妙なことが起こるらしい。

写真は一軒家の階段を上がった二階正面の棚にしまってあるんだが、二階に上がると、後ろから階段を上がってくる音が聞こえる。
ギシ、ギシ、ギシ、ギシ、ギシ、ギシ。振り返るが、誰もいない。
そんなことが毎年ある。

ある年、助監督が「稲川さん、もう怖いんで、一緒に取りに行ってください」と頼んだ。
稲川はそれに応じ、二人で件の家に行った。

二階に上がると、確かに階段を上がる音が聞こえる。
ギシ、ギシ、ギシ、ギシ、ギシ、ギシ。
「あれ?」と稲川は思った。階段を上までは上ってこない。途中で止まっている。
稲川は一度一階に降り、音のした回数だけ階段を上がった。そして前を見ると、ちょうど、その写真がしまってある棚が正面に見えた。

「だから、」稲川は言った。
「毎年、見に来てるんですねえ」


ちなみにこの年の稲川のツアーではいわゆる「怖い話」はほとんどなく、「何回も来るコアなファンが怖い」、「心霊写真についでに写ってる女が男みたいな顔で怖い」
「最近の運転マナーが怖い」、挙句の果てに「戦争が怖い」とめちゃくちゃだったらしい。

上に書いた話を聞いてやついが一言
「その話をしろ!稲川!」




 

オカ速おすすめ!

56名無しのオカルト 2011/08/11(木) 17:50:44.39 ID: ID:FuPM3EBY0

稲川自身は怖い話が仕事だと割り切ってやってるんだろうけど、
コアなおっかけはオカルトがらみだけに怖そうだ。
しかし有名税でしかたないだろうな。




57名無しのオカルト 2011/08/11(木) 19:09:46.67 ID: ID:5c1NN8jB0

稲川のは芸
ソレが分からんバカがいるから困るって本人が




引用元:死ぬほど洒落にならない怖い話を集めてみない?276
このエントリーをはてなブックマークに追加

オカルト速報特選!

PICKUP!

この記事へのコメント

 コメント一覧 (1)

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2019年03月18日 21:14
    • 手相の奴だっけ、おんなじどんどんこっち向く写真の話してたな

      車だけの写真撮ったのに、現像したら車の前に背中向けて立ってる女が写ってて、霊能者に見せたら「今は何にもおきないけど、ここに写っている女の人がこっち向いたら危ないね」みたいなこと言われて、その言葉通り少しずつこっち向き始めたって
    • 0

コメントする

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

ギャラリー
  • 【事件】犯人がいじめられていた事件が闇が深かったり深くなかったりする件【村八分】
  • 【事件】犯人がいじめられていた事件が闇が深かったり深くなかったりする件【村八分】
  • 【事件】犯人がいじめられていた事件が闇が深かったり深くなかったりする件【村八分】
  • 【怖い話】12年くらい前、正午前のニュースで路上にうつ伏せで倒れている人の映像が流れたがあれは……
  • 【オカルト談義】最強の怖い話 『喰われてる最中に電話した女性』『トラウマでいつも笑っている』『谷山浩子のコットン・カラー』
  • 【オカルト】変な奴に出会った。そいつはちょこんと座っていて、くすんだ暗い水色の肌の裸の猿のような奴だった。
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク