【オカルト】女の幽霊が出るようになった。悪さもしないし特に何を訴えるわけでもないので、しばらくの間ほうっておいた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

899名無しのオカルト ID:

作家の西丸震也氏のはなし。うろ覚えなので大意だけ・・・


その頃私は地方の水産試験場で働いていた。工場の二階の空き部屋にベット

などの家具を運び込み住んでいたのだが、夜になるとそこに女の幽霊が出る

ようになった。まだ若い髪の長い女性で、どこを見るともなくうつろな目を

しており、うつむきかげんで部屋の隅に立つのだ。悪さもしないし、特に何

を訴えるわけでもないので、私はしばらくの間ほうっておいた。


 しかし、あまり気持ちのいいものではない。女の立つ位置はいつも決まっ

ているので、ベットとその場所の間についたてを置いて見えないようにした。

2.3日はそれでうまくいっていたのだが、こんどはついたてのこちら側、つ

まり私のベットのすぐ側に女が立つようになってしまった。いまや女は私の

寝顔を覗き込むようなかたちだ。私は意地になってしまい、無視を決め込んだ。


 そのまま幾日か経ったある夜、私が寝ているといつものように女が姿をあ

らわした。しかし今日は何かか違う、何が違うんだろうと考えた私は、その

理由に気づいてゾッとした。いつもは焦点のあっていない女の目が、その日

に限って私の目の奧をじっと見つめてきているのだ。女と目を合わすと布団

の中が氷のように冷たくなってくる。いけないと思い必死で目をそらし、布

団の中に潜り込んで丸くなるとだんだんと温もりが戻ってきた。ほっとした

拍子につい女の目を見てしまった。また氷のような冷たさに逆戻りである。

その繰り返しを何度続けただろうか、気がつくと朝になっていた。


 このままでは命が危ないと思った私は、その日のうちに水産試験場を辞め

実家に帰った。その後、その女の幽霊は現れることはなかった。




 

オカ速おすすめ!

901名無しのオカルト ID:

コワーイ。その女性はどういった存在なんだろう?




引用元:%quote_title%
このエントリーをはてなブックマークに追加

オカルト速報特選!

PICKUP!

この記事へのコメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2019年04月14日 22:26
    • おおっこれは、今野圓輔著『日本の幽霊』にも収録される、戦後の岩手県釜石市を舞台にした「釜石の幽霊」という怪談だね。鉄の町として知られた岩手県釜石市は太平洋戦争末期に行われた二度にわたる連合軍の艦砲射撃により壊滅しているから、その関係によるものかな。
    • 0
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2019年04月14日 23:06
    • 縦読みかと思った
    • 0

コメントする

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

ギャラリー
  • 【事件】犯人がいじめられていた事件が闇が深かったり深くなかったりする件【村八分】
  • 【事件】犯人がいじめられていた事件が闇が深かったり深くなかったりする件【村八分】
  • 【事件】犯人がいじめられていた事件が闇が深かったり深くなかったりする件【村八分】
  • 【怖い話】12年くらい前、正午前のニュースで路上にうつ伏せで倒れている人の映像が流れたがあれは……
  • 【オカルト談義】最強の怖い話 『喰われてる最中に電話した女性』『トラウマでいつも笑っている』『谷山浩子のコットン・カラー』
  • 【オカルト】変な奴に出会った。そいつはちょこんと座っていて、くすんだ暗い水色の肌の裸の猿のような奴だった。
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク