【風習・信仰】父の田舎の葬式では、幽霊が付けてるような三角の白いやつを頭に付ける。なんか田舎くせーって思ったね

このエントリーをはてなブックマークに追加

53名無しのオカルト ID:

俺の父親の田舎は、葬式の時に、頭に幽霊が付けてるみたいな
三角の白い、なんつーか、帽子みたいなかぶる奴を付けるんだよ。
なんか田舎くせーって思ったね。
ま、ド田舎だからしょうがないか。




 

オカ速おすすめ!

54名無しのオカルト ID:

>>53
カコイー




105名無しのオカルト ID:

遅レスですが。
>>53
頭につける”三角の布”は冠の代わりだそうです。
閻魔様の前に出るのに、冠も無しでは失礼だ、ということらしいです。




140名無しのオカルト ID:

>105
そうそう、冠のかわりと言うのが
一番穏当だと思います。
絵巻物なんか見ると、坊さんが祓とかの
仏教とはちょっと違う儀式をする時に
俗人の冠のかわりにつけるもののようです。
「かみこうぶり」とも言うと、平凡社の雑誌に書いてました。
おそらくそれが、ふだん冠を着けない人の死装束に採用されたんでしょう。
遺族がかぶるのも同じ意味だと思います。
卍を書くと言うのはおそらく仏教が在来のを取り入れたんでしょう。




108名無しのオカルト ID:

昔読んだ本には、あの三角の布は元々除霊をするときに僧侶だかなんだかが
黒い三角布を魔除けにつけたから、それにあやかり地獄の鬼に捕まらないように
つけた。って書いてあったな。
紙烏帽子 角帽子(すんぼうし)などとも言うらしい。
以下コピペ
三角の布にはどんな意味があるんだろう?
知らなかっただけで、一般的にも地方によってはこの風習が残っているらしいです。
「天冠」「三角頭巾」などと呼ばれています。
三角形の布や紙を、死者や遺族が通夜、葬儀、野辺の送りなどの際につけるらしいです。
芝居や怪談に出て来る幽霊もつけるのが決まり事のようになっているみたいですね。
この呼び名は各地で異なります。
埼玉県川越地方⇔ノツ帽子 新潟県東蒲原郡⇔カンムリ 新潟県佐渡郡⇔ヒタイカクシ 愛媛県北宇和郡⇔スマボシ・・などなどさまざまです。
また、つけかたも一様ではなく、秋田県の一部では死者は額につけ、近親者は後頭部につけたりするらしい(!?)。
この天冠の意味ですが、地方によっても、研究者の間でも説がわかれるみたいです。
例えば、禅宗の道忠という僧が17世紀に記した書物には「布帽に卍字を書き、亡者の額に結ぶ」
という記述があったり、法隆寺所蔵の面などに三角形の宝冠がつけられていることから
菩薩の象徴が習俗化したという説もあります。
また、民俗学では野辺の送りの葬列を蛇に見立てる考え方と同様に、三角形はあの世の使いと
された蛇をモチーフにしたものという説もある。
天冠が衛生マスクではないことは確かですが、伊豆諸島のように「お天道さまのヨケ」と
いっていたところもある。これは忌中の人が陽の光を避けるために被ったものが
象徴化したと考えられており、口を覆うこともあながち的外れではないらしいとのことです。

●天冠の由来
  死者の額に三角の布を着ける風習が各地に残されているが、
この由来は禅宗の道忠がまとめた『小叢林清規』(1653)の「在家送亡」に記されている。
「布帽に卍字を書き、亡者の額に結ぶ」とある。

ふーん。うちの辺はつけないです。今もつけている地域はあるのでしょうか




110名無しのオカルト ID:

>>108
うちはつけるなー。○○(忘れた)頭巾って呼んでる。
ちなみに栃木県南部。




111名無しのオカルト ID:

つーことはなんだ、アレって結局なんでもいいんじゃないか?
自分のときはニット帽にしてもらいたいよ。




112名無しのオカルト ID:

>>111
その人の一番のお洒落をして送り出してあげるのもいいかもしれませんね。

昔働いていたところは田園地域で、自分は仕事の帰り道近道を探してあちこちとあぜ道や藪を歩いていました。
田圃の中を通る道の傍に、小さな墓地があったのですが、仏事があったのか新しい卒塔婆が立っていました。
「ああ、仏様がでたのかな」と思い通り過ぎようとした時、足元をふと見ると、白い半紙を切った小さな人形が
何枚も棒に刺してあり、カサカサと音をたてていました。
育った地域にはそのような風習はなかったので、かなりビビりました。




121名無しのオカルト ID:

>>111
噴出しちゃったじゃないかー!
ニット帽かぶって棺おけに入ってたらお葬式に来てくれた
友人・親族も噴出すと思うぞ!




115名無しのオカルト ID:

うちの祖母の葬式のときは参列者全員が三角布をつけて
家から墓地まで行ったよ。





122名無しのオカルト ID:

生きてる時におしゃれだった奴は、着物もブランド物なのか?

そういえば、棺桶っていくらぐらいするもんなんだろう?




132名無しのオカルト ID:

>>122
893のお偉いさんなら特注で500万以上だった気が




348名無しのオカルト ID:

友人のお父さんが亡くなってその葬式に参列したときのこと。
棺桶をふと見たらテレビとかでよく見る頭に三角のやつを
つけてた。ほんまにみたのは初めてだったのでおかしくて、
でも笑っちゃいけんからうつむいて必死で笑いを押さえ込んでた。
ガマンしすぎて涙まで溢れてくるし。
でもあの空間はダメだな。あのはりつめた空気の中ではいつもだったら
たいしたことでないことでも爆笑しそうになる。




357名無しのオカルト ID:

>>348
亡くなった人に三角の白いのをつけるのは、確か浄土真宗以外は殆んどそうだった
はず・・。
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/sato1976/mametisiki/09-noukan.htm

でもまだ50,60代以下の若い人の場合は、普段着のお気に入りだった服とかを
着せるのが最近のトレンドだそうだ。




360名無しのオカルト ID:

うちも真言宗ですけどじいちゃんの葬式はそんなことしなかったような。
真言宗でも色々な派があるんですかね。
>>357
うちのじいちゃんは3角布はつけてなかったよ。
でも土葬だから墓場で棺桶をグルグルまわしたりと変わったことしてた。




引用元:【(´・ω・`)】お葬式の怖い話【・゚・(ノД`)・゚・】
このエントリーをはてなブックマークに追加

オカルト速報特選!

PICKUP!

この記事へのコメント

 コメント一覧 (4)

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2019年06月25日 15:56
    • 盛り上がってるが、好きな服とか帽子とか、火葬場で脱がされる可能性あるからな。
      火葬場の炉は、人間の体を効率よく骨にするために、「燃えにくいもの」を入れちゃいけないから、服は綿か絹、棺桶は桐が一番望ましい。
      よくカセットやCDを入れた、とかいうが、棺締める前に出されてるんだわ。
      今もやってるところあると思うが、六文銭も和紙だろ。洋紙もダメなところがあるらしいからな。
    • 0
      • 4. 名無しのオカルト
      • 2019年06月27日 04:44
      • >>1
        棺の蓋を釘で打つのはいいんか? と思ってたら次の葬式ではやらなくなってたな。
      • 0
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2019年06月26日 09:03
    • 位置的に第三の眼が関係ありそう
      見られたくないからか
      見せたくないからか…?

    • 0
    • 3. 名無しのオカルト
    • 2019年06月26日 15:32
    • 小刀を置くのを火車とかの魔除けとよく民間伝承であるけど

      あれ、亡くなった時(亡くなる直前)のお髪剃りの時に使うもんなんだよねー。
    • 0

コメントする

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

ギャラリー
  • 【シリアルキラー】シリアルキラーの興味深い、怖い面会エピソード「ケンパーのジョーク」「多重人格ビアンキ」
  • 【シリアルキラー】ブラック・ダリア事件と冤罪疑惑、または他の残虐事件との同一犯疑惑。
  • 【シリアルキラー】ブラック・ダリア事件と冤罪疑惑、または他の残虐事件との同一犯疑惑。
  • 【オカルト】幽霊船が出た。大きな白い帆をもつ木造船で、風の無い日もいつも帆をはっていた【石じじい】
  • 【オカルト】幽霊船が出た。大きな白い帆をもつ木造船で、風の無い日もいつも帆をはっていた【石じじい】
  • 【オカルト】幽霊船が出た。大きな白い帆をもつ木造船で、風の無い日もいつも帆をはっていた【石じじい】
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク