【オカルト】幽霊船が出た。大きな白い帆をもつ木造船で、風の無い日もいつも帆をはっていた【石じじい】

このエントリーをはてなブックマークに追加

576名無しのオカルト 2019/04/23(火) 20:47:02.68 ID: ID:EzdkLhno0.net

石じじいの話です。

海の話をしましょう。
漁村の友人がじじいにしてくれた話です。

幽霊船が出たそうです。
じじいの故郷の近くには長く突き出た岬と深い湾が繰り返す海岸線が続いています。
リアス海岸というやつですね。
その湾から外洋に出て漁をすると所属不明の船に遭遇することがありました。
それは、大きな白い帆をもつ木造船だったということです。
風の無い日でも、いつも帆をはっていたそうです。
いつでも出ました。天気の良い日中にも、夜明け前の薄暮でも、雨の日も。
たいてい漂っているのですが、風をうけて高速で走っていることもありました。
走っていない時に近づいてみても、乗組員はいない。
そのあたり一帯の漁村の昔からの言い伝えで、その船には関わるな、乗り移ると、その人たちが消えてしまうというのがあったそうです。
だいたいは、陸地からかなり離れたところにいるのですが、たまに湾内に入って来ることがあり、その時にはそこの漁村に病気が流行ると言われていました。
全ての漁村ではありませんが、ある場所では、その船を鎮めるまつりごとがあったそうです。
村でその年に当番となった者が一人で行いました。
海岸に打ち上げられた古い朽木を切らないで、その片面に五寸釘を数本さします。
その反対側に、長い竹ひごにお経のようなもの(詳しくは不明)を書いた短冊を指して帆のようにしたものを取り付けます。
錐で穴を開けて差し込んだそうです。
これで、ヨットのようなものができるわけです。
それを、その年の二回、春分の日と秋分の日の日暮れどきに海に流すのだそうです。
その「船」は、風が無くてもどんどん沖に流れていきました。
こうすると、その船がひどい災厄をもたらすことはないのだとか。
戦争が激しくなると、その船が米国の諜報活動戦ではないか?と軍部は考えたそうですが、地元の漁民たちは戦争の始まる前からよく目撃していたので、その説を一笑に付しました。
終戦間際になって、本土沖まで我が物顔でやってくるようになった米国の潜水艦が、その船を誤って攻撃したという噂もあったそうです。
戦後になって、その船の出現は非常に稀になったそうですが、今でもでるのだとか(じじいの話してくれた当時)。




 

オカ速おすすめ!

577名無しのオカルト 2019/04/23(火) 20:51:28.15 ID: ID:BmhOxmxG0.net

豊後水道辺りかな?




581名無しのオカルト 2019/04/23(火) 21:21:55.73 ID: ID:EzdkLhno0.net

豊後水道を舞台にした米国海軍潜水艦と日本軍駆逐艦の息詰まる戦いを描いた映画には、「深く静かに潜航せよ」(1958)があります。
クラーク・ゲーブル、バート・ランカスター主演の硬派の映画です。
当然、米国視点の映画ですが、おすすめです。


















引用元:海・山にまつわる怖い話・不思議な話 2
このエントリーをはてなブックマークに追加

オカルト速報特選!

PICKUP!

コメントする

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

ギャラリー
  • 【オカルトと科学】氷河の下は何かでてくると思うけど殆んど未調査だよね【画像注意】
  • 【オカルトと科学】氷河の下は何かでてくると思うけど殆んど未調査だよね【画像注意】
  • 【オカルトと科学】氷河の下は何かでてくると思うけど殆んど未調査だよね【画像注意】
  • 【オカルトと科学】氷河の下は何かでてくると思うけど殆んど未調査だよね【画像注意】
  • 【オカルトと科学】氷河の下は何かでてくると思うけど殆んど未調査だよね【画像注意】
  • 【オカルトと科学】氷河の下は何かでてくると思うけど殆んど未調査だよね【画像注意】
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク