【ほんのり二篇】私の頭上を見るみんなの目がかなり真剣だからほんのり怖い / 二人で一緒に降りて来たと思ったんだよ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

183名無しのオカルト ID: ID:451

初めて書き込むので変なとこあったらごめんなさい

私自身は霊感とか全くないただの怖がりなんだけど
今まで知り合った人たちに霊感というか妙に勘が良い?人が多い
予言までいかないけど遠くない未来を予知するだとか
逆に話してない過去のことを何故か知ってるだとか
でもみんな共通してるのは、初めて会った時に私の頭上をじっと見つめてたこと
なんか変な視線感じるんだって

知り合いの中に、幸せな人と不幸せな人がなんとなく分かる人がいるんだけど
すっごく幸運な人からは、何かに守られてるオーラ?とか感じるらしいのね
その人曰く、私の頭上の何かからは守ってる感じもしないけど嫌な感じもしないんだって
でも何なのか分かんなくて不気味って言われた

今まで普通に生きてきたし特に変なこともないし自分ではよく分かんない
でも私の頭上を見るみんなの目がかなり真剣だから
やっぱり何かいるのかなと思うとほんのり怖いです




 

オカ速おすすめ!

184名無しのオカルト ID: ID:bXf

自称霊感があるという友人に言われたこと。
その友人に本当に霊感があったのかは霊感のない自分には確かめようがない。
ただ、何でもかんでも霊の仕業と言う人ではなかった。
家鳴りとかの現象もその人から教わったし。
その人が言うには、私の守護霊はメチャ強らしい。
妹は連れてきては誰かに渡してしまうタイプだとか。
でも私は守られているため影響がないそうだ。
問題は守護霊がいい霊なのか悪い霊なのかが不明な点。
自分こそが不幸にするために守っている可能性もあると言われた。
善意なら頼もしいが悪意だったら…
しかもメチャ強なんでしょ?と想像してほんのり。




273名無しのオカルト ID: ID:8b6

学生時代、年末に、友人の里帰りについていったことがある。
友人の実家は、玄関から入ってすぐのところに居間があり、居間の奥は障子だった。
障子をあけると左右に廊下が伸びていて、私と友人は廊下を右側に進み、階段を上がって、二階にある友人の部屋に泊まることになった。
友人の部屋に落ち着いてから、「お手洗いに行きたい」というと友人は少し困った顔をして「遠いよ」
お手洗いは階段を下りて、廊下をつきあたりまで進み、そこで左に曲がった突きあたりだという。
私が教えられたルートを通っている途中、障子越しに、友人祖母から「(友人)ちゃんかい?」と声をかけられた。
ここで、「いえ、(友人)の友達の方です」とでも返事をすればよかったんだけど、トイレに行く途中だったので気恥かしくて、何も言わずに通り過ぎてしまった。
部屋に戻ってから、友人に「お祖母さんに声をかけられたんだけど、スルーしてしまった」と話した。

翌日、友人はお祖母さんに「昨日、声をかけたの、私じゃなくて、この子(私)だったんだよ」
お祖母さんはのんびりと
「ああ、そうだったの。私は二人で一緒に降りて来たと思ったんだよ。だって、障子に二つ、影が映ったからね」




引用元:ほんのりと怖い話スレ
このエントリーをはてなブックマークに追加

オカルト速報特選!

PICKUP!

コメントする

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

ギャラリー
  • 【オカルト】ノストラダムスのせいで勉強せずにニートになった。悪いのはノストラダムスじゃなくて「五島勉」?
  • 【オカルト】ノストラダムスの予言はアンゴルモアの大王、恐怖の大王としか言ってなくて人類が滅びるなんて書いてない
  • 【オカルトと科学】氷河の下は何かでてくると思うけど殆んど未調査だよね【画像注意】
  • 【オカルトと科学】氷河の下は何かでてくると思うけど殆んど未調査だよね【画像注意】
  • 【オカルトと科学】氷河の下は何かでてくると思うけど殆んど未調査だよね【画像注意】
  • 【オカルトと科学】氷河の下は何かでてくると思うけど殆んど未調査だよね【画像注意】
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク