【ほんのり】私は時々変なモノが見えたりする。「あー、また幻覚見たわ」程度でそのまま無視。

このエントリーをはてなブックマークに追加

274名無しのオカルト ID: ID:9Dc

死ぬほど洒落にならないと言う程ではないのでコチラに書きます。

先日仕事休みの日に今いる都道府県(愛知県)の心霊スポットを検索してランキングみたいなのを見てました。
(その時は布団にごろ寝していて私の右側に旦那が居た。)
豊田市だったかな?
廃病院のページを開いて旦那と閲覧していた時、不意に右の肩が凄く痛くなった。
と、同時に旦那が「今の音なに?!」と振り返る。
私には音が聞こえなかったのですが、旦那が言うには、喘息の人が使う吸入器のような“プシュッ”と言う音が聞こえたそうです。

それ以外は特に怖くはなかったのですが、ビビりな旦那がそれから暫く怖がったのは言うまでもありません。




 

オカ速おすすめ!

275名無しのオカルト ID: ID:9Dc

もう一つ投下。
私は時々変なモノが見えたりするみたい。
当人は「気の所為」とあまり気にしていないんだけど。
半月ほど前かな、夜中にコンビニに行こうと旦那と出た。
住んでるマンションの前を通り過ぎようとした時に上を見上げた。
マンションは三階建てなんですが、その上の屋根部分に、何か黒いものが一瞬映る。
目の端でしか認識出来なかったのだけど、西洋のガーゴイルの石像のようなものがあったように思う。
「あー、また幻覚見たわ」程度でそのまま無視してコンビニに行ってそのまま帰宅。
ビビるから旦那には伝えてません(笑)




276名無しのオカルト ID: ID:9Dc

幻聴は時々聞こえる。
これは20年くらい昔ですが、一人暮らしの家に居て、風呂上がりにドライヤーをかけてる時に
「〇〇!」
と私の名前を呼ぶ兄貴の声がはっきりと聞こえた。
焦ってドライヤーを止めたけど、そんな声を発するものは近くにない。
テレビも消えてたので原因不明。

それから時が流れて10年ほど前
一人暮らしの部屋でお風呂に入って落ち着いてると
「うふふっ」
と子供の笑い声。
一人暮らしなので子供なんて居ない。
「あー、なんか通り過ぎた?」
と思ってあまり気にしないようにした。

そこから時が流れて今年の初め頃
寝る前にトイレに行っておこうとトイレに入って落ち着いてると、扉の向こうで
「はぁーーーー…」
と旦那のため息。
トイレから出て寝室に戻ると、寝息を立てて眠る旦那。
「あー、またいたずらされたかー」
とそのまま眠った。




282名無しのオカルト ID: ID:9rJ

>>276
似たような経験してるからびっくりした。
対処も捉え方もすごい似てる。
すごいわかる。
ってか、書いてくれてありがと。




283名無しのオカルト ID: ID:9Dc

>>282さん

>>274を書いたものです。
何となくコテをつけてみました。
似たような経験されてるんですね…
捉え方も似てるって、何だか不思議な感じですw
お化けと言うか、ああ言う手合いは気にしてビビると付け上がるし、そう言う反応する人が面白いからそう言う人に寄って来るんだと思ってます。
だから基本的には「だから何?全く面白くも何ともないんだけど?(キレ気味」くらいの気持ちでスルー。
自分に害がありそうなヤバいような感じだったら手で払い除けたり説教したりしちゃいます。
多分、何も感じない人がそんな事してる所を見たら「頭がおかしい人」って見えちゃうから、誰も居ない所まで引き摺って行く時もあったりします。
あいつらは基本的にそこらにウジャウジャ居ます。そこらに居るのはただそこに存在してるだけだから害は無いのですが…
偶にコチラの世界で言うキョロ充みたいなヤツとかオラオラ系な奴らがちょっかい出して来たりするんですよね。
それ一つずつ相手しててもこっちが疲労するだけなので、キョロ充みたいなのは無視するんですが、オラオラ系はタチが悪いので、誰もいない場所まで引き摺って行って説教って流れになったりします。

こんなですが、お経読んだり祝詞歌ったりは出来ませんw
なんて言うんだろ、生きて身体持ってるヤツの方がエネルギーは作れるし強いと言う意識があるからヤツらにその怒りをぶつける事で避けさせると言う感覚かな。
キョロ充みたいなヤツには「近づくな」空気と言うんでしょうか、無言で怒ってる人って生きてる私たちですら近づきたく無い空気があるじゃないですか?そんな風に見せるようにしてます。
長くなっちゃいましたしとっちらかった文章で読みにくいと思いますが、これが私のアイツらに対する感覚です。




277名無しのオカルト ID: ID:9Dc

変なものが見える繋がりで思い出した事。
今日は仕事が休みだったので旦那と買い物に行った。
米とか色々買い込んで旦那と談笑しながら帰宅してる時、近所に誰も住んでない某企業の社宅が立ってるのだけど、その敷地から一人のオバサンが出てきた。
格好は濃紺の麦わら帽子みたいな帽子を被った人で服も紺色に近い色。
全体的に紺色一色なの。
そのオバサンが私たちの前を横切って去っていったんだけど、振り返ったらもう居ないの。
旦那に「さっきのオバサンさぁ」って聞いたら
「そんな人見なかったよ」と言われた。
あのオバサン何だったんだろ。




引用元:ほんのりと怖い話スレ
このエントリーをはてなブックマークに追加

オカルト速報特選!

PICKUP!

この記事へのコメント

 コメント一覧 (3)

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2019年08月24日 08:17
    • 旦那さんという存在も幻覚っぼい。
    • 0
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2019年08月24日 20:51
    • あたし自分では気にしてないけど霊感あるからさ、困っちゃう。
    • 0
      • 3. 名無しのオカルト
      • 2019年08月25日 07:39
      • >>2
        私にとっては普通なんだけどいわゆる幽霊みたいのが見えちゃってー

        徐々に設定盛っていってる感じとかまさにそれ。
      • 0

コメントする

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

ギャラリー
  • 【オカルト二篇】澄まし顔で登場の住職を全員で睨み付けた / 夜中に階段を誰かが登る音が聞こえてトンファ持って部屋から出た
  • 【オカルト】娘はたくさんのぬいぐるみを「こわい、こわい」と言って避けたがります。
  • 【オカルト】娘はたくさんのぬいぐるみを「こわい、こわい」と言って避けたがります。
  • 【シリアルキラー】シリアルキラーと映画、俳優【動画あり】
  • 【シリアルキラー】シリアルキラーの興味深い、怖い面会エピソード「ケンパーのジョーク」「多重人格ビアンキ」
  • 【シリアルキラー】ブラック・ダリア事件と冤罪疑惑、または他の残虐事件との同一犯疑惑。
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク