【オカルト】こんな時間に堤防に6、7人も誰かがいる。白い服を着て一列、先頭の者が鈴を持ってゆっくりと歩いていた【妖怪】

このエントリーをはてなブックマークに追加

156名無しのオカルト ID:

これは十二年前、僕が小学校四年の頃に遭った体験です。
八月のお盆の頃、僕は家族で母方の祖父母の家に帰省していました。
祖父母の家は、岩手県の北上市というところに在って、北上川のすぐそばでした。
二階の窓から外を覗くと、堤防が良く見えました。その出来事が起こったのは、
家に着いたその日の夜のことでした。僕は二階の部屋で寝ていました。
夜中の二時ごろです。遠くから聞こえる鈴の音で僕は目を覚ましました。
どうやら外から聞こえるようです。僕はそっと窓から外を見ました。
堤防に誰かいる!?それも六,七人・・・。
全員白い服を着て、一列に並び、先頭の者が鈴のような物を持っていました。
ゆっくりと堤防を歩いているのです。みんなうつむいている様でしたが、
辺りを見まわしている様にも見えました。 暗くて顔は良く見えませんでした。
僕は怖くなり、急いで布団にもぐりこみました。次の朝、祖母にそのことを話すと、
祖母は顔色を変えました。
「彼らに見つからなかったか?」
「どうして?何なの?あれは」
「あれに見つかってはいけない。あれは浮かばれない霊たちが
この頃になると、自分たちの身代わりを探してさまよっているのだ。
見つかればあの中に引きこまれてしまう。」




 

オカ速おすすめ!

206名無しのオカルト ID:

>>156
それはたぶん7人ミサキっていう悪霊だと思う・・・
7人ミサキは7人のうち1人でもなんらかの理由で成仏すると、その抜けた人数分、他の人を引き込むんだって。
というか家のばあちゃんは7人ミサキと目を合わすと絶対死ぬと言っていた・・・




207名無しのオカルト ID:

なんかぬ~べ~であったな。そんな話
その話スゲー恐かった思い出が・・・・。




210名無しのオカルト ID:

7人ミサキ...怖すぎ




211名無しのオカルト ID:

7人ミサキ、ぬ~べ~の中では山伏姿でしたね。
あと坊主の格好とか、いるんだったっけ・・・。




214名無しのオカルト ID:

>>211
最近では
援助交際で妊娠してしまった女の子が、
中絶した水子の霊の話として「渋谷七人みさき」なるものが
あるらしいです
川・沼・池にまつわってないレスですいまっせん




215名無しのオカルト ID:

>>214
なにそれ?!はげしく聞きたい!!




216名無しのオカルト ID:

>>215
すいません、どっかのURLでちらっとそういう噂があるらしいよ、と
書かれてるのを見ただけなので詳細は分からないのです。
今時の女子高生に聞いたほうが分かるかも(w
ちなみにググったら本の紹介がありました

『江戸武蔵野 妖怪図鑑』(山口敏太郎)
青梅市にある昭和レトロ商品博物館の運営員、山口敏太郎さん(36)が
多摩地区などの135の妖怪をイラスト入りで紹介している。
カッパやかまいたちのほか、電車内で迷惑電話をする人にかみつく「携帯婆
(ばばあ)」や、援助交際をした女子高生にとりつく「渋谷七人みさき」など
現代の妖怪も登場。1300円、けやき出版




217名無しのオカルト ID:

>>205
(略)

>>7人みさき
この妖怪(?)最凶ですよね。
自分の中の7人みさきのイメージはかなりグロイんですが、首がもげかかってたり、
腕や足が取れてめちゃくちゃな所にくっついたグチャドロの7人分の人間の塊が暴走している
感じ。なんか「出会っちゃいけないモノ」って一番恐怖を感じるんですが。

>>214
ダークですね。戻ってこれない感じ。人間も怖いな。霊に負けてません。




227名無しのオカルト ID:

>>218
か、かわいい。。

>>七人みさき
凶悪な感じのする妖怪(?)ですが、元々人の怨念が生んだものなんですね。
別スレ立てたら結構色んな話聞けたりするのかな。地域ごとにかなり話が残ってたり。

>>220
(略)




219名無しのオカルト ID:

七人みさきの伝説
 日暮れに七人の黒衣の「みさき(僧)」が現れ、鐘を鳴らして徳山の町を歩く。
 見た者は死ぬと言われ、女子供はさらわれるとも言われる。

 親指を掌で握りしめていれば、出会っても無事である(山口県徳山市の伝説)。

 通津の漁師たちが、漁場荒らしの二艘の船を見つけ、乗っていた七人を殺して岬に埋めた。
 ところがその日から魚が取れなくなり、祠を立てて七人の霊を弔うと、もとのように魚が取れるようになった(山口県岩国市の伝説)。





222名無しのオカルト ID:

七人ミサキが流行ってるのは京極とかの影響?




249名無しのオカルト ID:

>>221
遅レスですが こんなんありました

26 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/01/11 21:59
八丈島の七人坊主ってどこよ?

28 :黄八丈 :03/01/12 03:14
事の発端は1994年8月、八丈島の火葬場で身元不明の焼骨七体発見に始まる。
事件発覚後、この坊主伝説が脚光を浴びた。
元は江戸時代、七人の坊主が島に流れ着き島民に助けを求めたが、島全体が飢饉の最中。
島民達は坊主を見殺しにするしかなかった。
この様な伝説が残っています。現在中之郷地区にこの七人坊主の墓が残っています。
詳細は「扶桑社刊・小池壮彦著・怪奇探偵の実録事件ファイル2にて公開中。




251名無しのオカルト ID:

>>249
ありがとうございます。
火葬場の死体というのも謎ですね。




252名無しのオカルト ID:

1994年8月・・・
((((;゚Д゚))))




引用元:川・沼・池にまつわる怖い話
このエントリーをはてなブックマークに追加

オカルト速報特選!

PICKUP!

この記事へのコメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2020年01月14日 10:55
    • 京極夏彦で七人ミサキをネタに使った話ってあったっけ?
      あと渋谷は文字通り「谷」で、地下に埋めたけど川はあるぞ
    • 0
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2020年01月14日 22:29
    • 僧を「ミサキ」って言うのはどこかの言葉なのかな。
      岩国の「七人を岬に埋めた」ってところからその場所を「七人みさき」と名付けた、となら分かるんだが、何故七人連れだった霊を「七人みさき」と言うのか。
      みんなそれを当たり前と受け入れてるのが不思議。
    • 0

コメントする

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

ギャラリー
  • 【陰謀論】世界は嘘だらけ。上から見ると蛇の形の大聖堂……聖なるものを装い悪を祀っている。
  • 【ホラー談義】はやくスーパー白石大戦を作れ! 最強霊媒師集団vs貞伽椰かぐたば悪霊軍団が見たい!【白石晃士監督】
  • 【ホラー談義】はやくスーパー白石大戦を作れ! 最強霊媒師集団vs貞伽椰かぐたば悪霊軍団が見たい!【白石晃士監督】
  • 【ホラー談義】はやくスーパー白石大戦を作れ! 最強霊媒師集団vs貞伽椰かぐたば悪霊軍団が見たい!【白石晃士監督】
  • 【ホラー談義】はやくスーパー白石大戦を作れ! 最強霊媒師集団vs貞伽椰かぐたば悪霊軍団が見たい!【白石晃士監督】
  • 【ホラー談義】はやくスーパー白石大戦を作れ! 最強霊媒師集団vs貞伽椰かぐたば悪霊軍団が見たい!【白石晃士監督】
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク