【風習・信仰】お供えに使う「さかき」と「しきみ」は庭に植えてはいけない? 違いはなに?

このエントリーをはてなブックマークに追加

82名無しのオカルト 2005/09/13(火) 23:50:59 ID:


http://travel2.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1121691268/ より転載

-----ここから-----

1 :名無しさん@京都板じゃないよ :2005/07/18(月) 21:54:28
寺で植えられることの多い珍しい木をお庭に植えられている方の情報などもお待ちしています。

スレ立てまでの経緯は>>2以降に。

書き込みは極力メール欄に半角で「sage」を入れてくださるようお願いいたします。

2 :1 :2005/07/18(月) 22:01:42
なおここのスレは樒だけではなく寺の木や緑について語るスレです。

この木はなんで庭に植えてはいけないの?とかいう質問もOKです。

4 :名無しさん@京都板じゃないよ :2005/07/18(月) 23:02:56
葉っぱが「仏舎利」の形に似ているから、供えると坊さんに聞いた。
毒気があるのに供えるのは、悪いものを寄せ付けない避邪の意味もあるとか・・・
既出だな。。。

5 :1 :2005/07/18(月) 23:29:19
>>4
一般家庭の庭に植えちゃいけない理由とかご存知ですか?




 

オカ速おすすめ!

83名無しのオカルト 2005/09/13(火) 23:52:05 ID:

10 :会奉行 :2005/07/20(水) 00:36:21
山蔭神道管長、山蔭基央師の著書、『己貴祕傳』(霞ケ関書房)に、「築庭の秘儀学習」とて、樹木の吉凶の解説があります。
「庭木に陰木と陽木があるとされ、陰木は寺や墓園にはよいが神社や民家には植えないものである」
として、陰木の種類を挙げたあと註に
「神社に陰木があるのは神宮寺があった頃の遺物とみてよい」
とあります。その他方位による吉凶が書いてあります。
残念ながら樒は載っていませんが、興味があれば本書を読んで下さい。
仏教では柳や柘、桃は吉祥木とされます。
道教では桃は吉祥木です。
神道でも桃はイザナギが黄泉の国で、ヨモツシコメ等の邪神を桃の実を投げて祓われた特別な木です。
柳は枝が垂れ下がって陰木ですが、五行だか何かでは良い木であり、支那でもめでたい木とされているそうです。
余談ですが、香港映画でサモハンキンポーが、慌てて柳の枝を切って幽霊をブッ叩いているシーンがありました。
柳の枝で殴ると火花が散っている演出だったので、やはり支那で、はめでたい木として魔除けのような特別な意味があるのでしょう。
日本だと幽霊画で、柳の下には幽霊。のイメージで忌み嫌われる傾向があります。
密教では散杖という棒に洒水という水をつけて色々な物を浄める加持を行ないますが、この散杖は柳で作ります。高級なのは白檀で作りますが。
柘は念珠の材料に使われます。
庭に植えると良くないと言われる木は、思想的に根拠があったり、虫が付くからやめろとか理由のはっきりしたものもあるでしょうが、大体が俗信か、寺や墓に生えてる木だから縁起が悪い等といった年寄りの一方的な思い込みでしょう。





84名無しのオカルト 2005/09/13(火) 23:52:30 ID:

12 :292 :2005/07/20(水) 12:12:35
>>会奉行さま     「シキミ」の話題発端の292でございます。

常づね会奉行さまの研究蔵書の量と研鑚の姿勢には敬服しております。学者は学者
なりに様々な考察を行い、その権威ゆえにそれが正しい答えであるかのような錯覚
をして、私達が納得してしまうことは少なくないと思います。

会奉行さまが参照された
「庭木に陰木と陽木があるとされ、陰木は寺や墓園にはよいが神社や民家には植えないものである」
の部分についても、 では「なぜ、庭によくないか?」です。陰木といわれる樹木であっても庭木
として日頃利用されているものは多々あります。

なぜ?とその理由を尋ね、俗信や迷信で片付ることは簡単ですが、それは凡人の無知であるがゆえの
捨て台詞にも思えなくないです。
迷信や俗信といわれるものの中に真理が込められている事が少なくないと、私は信じます。





85名無しのオカルト 2005/09/13(火) 23:53:01 ID:

14 :4 :2005/07/25(月) 00:06:26
昔は、家に女子が生まれたら庭に桐を植えて、
婚姻の時期が来たらそれを切ってタンスにしたらしいけど、
桐と「切り」をかけて縁起が悪いという人もいるしね。

極端に成長する木や、植えて見栄えのしない木は庭には植えたがらなかったんじゃないかな?
あと、毒気のある草木はヘタに子供が口にしたら大変な事になったろうし。
それ以上に、造園するうえでのバランスも大事だろうしね。

うちの裏に植わっているけど、虫が付くし手入れに結構手間がかかる。
しかし、仏前に供えるには重宝する。

家相とかもそうだけど、縁起以前に生活に沿った意味合いがあると思います。

家の真ん中にトイレを造るのは凶とありますが、最近のマンションは部屋の真ん中付近に造られていますよね。
水洗トイレや下水道のない時代に家の真ん中にトイレを造ったらどうなったでしょうね。。。
話がそれてしまうか。。。


15 :名無しさん@京都板じゃないよ :2005/08/08(月) 07:38:33
この木は縁起が悪い。とか言うのは「4は死に通ずる」程度の根拠が殆どだろ。

-----ここまで-----




86名無しのオカルト 2005/09/22(木) 03:03:32 ID:

「しきみ」ってなんですか?




87名無しのオカルト 2005/09/22(木) 07:28:42 ID:

シキミ 樒 仏事に多用されますが気をつけないと有毒です。
  





88名無しのオカルト 2005/09/22(木) 07:35:48 ID:

『しきみ』を知らないの? めずらしねえ。

もくれん科の小・高木で4月頃薄黄白色の花が咲く
実が有毒。葉にも独特な臭いがある。

こんどお花やさんで聞いてごらんよ。佛前に供えるから
お花屋さんにも有るはずだよ。




89名無しのオカルト 2005/09/24(土) 15:46:07 ID:

ひとつ教えて下さい。

シキミでもサカキでもない、花屋で売っているお墓用の花束の一番後ろ
に配してある緑の葉を持った枝は何と言う名前なんでしょうか?
八百屋さんでも、その枝一種だけの束を売ってて、菊の束2~3種と
組み合わせてお墓に供える人もいます。当方中部地方在住です。




90名無しのオカルト 2005/09/24(土) 15:59:20 ID:

うぅ~っ。   なんでしよう?  お墓用?・・・・・

榊には『榊』と『ひ榊』があって主に神事に(護摩供等に使う事もある)使われるが
お墓にねえ・・・・・・・すいません・・・・・・降参

だれかぁ~。榊でもしきみでもないやつ・・・・・・おしえてぇ!
お花屋さんに聞きたい!

本榊とひさかきの違いについて|日本榊本舗


278名無しのオカルト 2009/06/05(金) 04:19:04 ID:

89さん 仏花の裏当てに使う榊でも樒でもないもの=姫榊ひさかき だと思います。地方によって、下草とかしゃしゃき とか言うようです




91名無しのオカルト 2005/09/26(月) 20:16:38 ID:

寒い地方では樒が自生していないので他の常緑を使うこともありますが、
中部じゃそんなに寒くもないし。

昔は樒と榊の区別をそんなにやかましくしていなくて、
神社でも常磐木として樒を使うところもあった、
それで明治以降は神社では榊を専ら使うようになったんだけど
京都の愛宕神社みたいに旧来の樒を御神木にしているところもある。
というのを何かで読んだおぼえがあります。

古くは常緑樹の生命力や、冬でも枯れない便宜を重視して
供花に使ったんだから、榊は神道で樒は仏教というような
今の考え方とは違ったんだと思う。

現在でもその土地によって高野槙とか椿とか松とかの常緑樹を
専ら使うところもあるし、
その地域で年間通して採れる元気のいい植物というのが重要だったのでは。




104名無しのオカルト 2005/11/26(土) 13:17:53 ID:

神棚にシキミは駄目?




105名無しのオカルト 2005/11/26(土) 16:16:39 ID:

>>104
いいんじゃない?シキミはもともと穢れを清める
っていう意味もあるから。でもどこで手にいれるの?
庭に植えてあるとか?買うなら榊のほうが安いじゃん。




106名無しのオカルト 2005/11/26(土) 17:29:38 ID:

>>105
>買うなら榊のほうが安いじゃん。

根付きのを買ってきて長持ちさせたいと見た。




111名無しのオカルト 2005/11/27(日) 09:55:46 ID:

>106
家の周辺は、創価学会の人が多いから、スーパーでもシキミが売っていて、お榊は無いんです。
シキミも180円だす。




191名無しのオカルト 2006/09/27(水) 09:07:15 ID:

東海地方A県では、しきみは、葬儀の時の門飾りに使う時くらいにしか樒とは言いません
しきみの事は、香華(こうばな)と呼んでいます。また、しきみよりも姫榊(ひしゃしゃき)と呼ぶ
を使う方が多いですよ。榊も、北海道のほうでは、櫟・蝦夷松などを榊と呼んでいますよ。
榊は、寒冷地では育たないので、常緑樹を以って榊と呼ぶ事も多いですよ。普通に榊と呼んでいるものは、真榊と区別して呼ぶ事も有ります。




199名無しのオカルト 2006/10/29(日) 19:28:32 ID:

ヲレは樒は特殊な霊木だと思っている。 只単に葉をもむと特別な香りがするだけじゃなくて
その使い方でマカ不思議な力を発揮する。

榊は神に対して主に用い、佛に対しては樒を使うことが多いがそこには理屈を越えた
不思議な物がある。先人はその不思議さを早くから見出して樒と榊を使い分けている。




引用元:蝋燭・榊・樒・お供え・その他を語るスレ
このエントリーをはてなブックマークに追加

オカルト速報特選!

PICKUP!

この記事へのコメント

 コメント一覧 (5)

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2020年05月25日 02:58
    • しきみは某宗教の葬式に使います。ちなみにしきみのみで菊や洋花は不可。榊は神棚なと神道系。
    • 0
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2020年05月25日 04:35
    • 庭に有毒な植物を植えないというのはけっこういい加減。
      スズランやノウゼンカズラを平気で植えてる。
    • 0
    • 3. 名無しのオカルト
    • 2020年05月25日 08:41
    • 樒と榊は単純に長持ちだから用いられる。
      水換えも頻繁にしなくていいし、花の持ちが悪い夏や花のない冬にも青々としているだけで香華に値する。
      ぶっちゃけ寺院では、通常時は樒かひさかき、高野杉(高野槙)を花瓶(かひん)に生けてることが多い。
      お参りのある時、仏事のある時、上人の月命日には花を生ける。
      今のように年がら年中花屋に花があるならいいが、花がなかったら供えようがない。だから花の代わりに樒やひさかきを生けるだけ。
      花があるなら生ければい。
      こうしなければならない、と言う決まりは人が決めたものだから、自分で決めたらいい。
    • 0
    • 4. 名無しのオカルト
    • 2020年05月25日 10:17
    • あれ?神道って毒のあるヤツだめじゃなかったっけか……
      榊に毒無い筈……
    • 0
      • 5. 名無しのオカルト
      • 2020年05月25日 15:01
      • >>4
        毒がある、とスレで言われてるのは、樒だよ。
        実に毒がある。
        仏花については池坊(仏花の祖)が「匂いの強い花、傷つける花、毒のある花、花ごと落ちる花」は好ましくない、としているので実がつく時期は樒は使わない
      • 0

コメントする

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

ギャラリー
  • 【オカルト】19世紀のヴァンパイア・ハンターの装備がオークションに出品される
  • 【オカルト】19世紀のヴァンパイア・ハンターの装備がオークションに出品される
  • 【オカルト】19世紀のヴァンパイア・ハンターの装備がオークションに出品される
  • 【オカルト】19世紀のヴァンパイア・ハンターの装備がオークションに出品される
  • 【オカルト】19世紀のヴァンパイア・ハンターの装備がオークションに出品される
  • 【オカルト】19世紀のヴァンパイア・ハンターの装備がオークションに出品される
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク