【怖い話】外国で野良犬に噛まれたらどうしたらいいの?【狂犬病】

このエントリーをはてなブックマークに追加
※管理人註:元スレは2001~2010年の雑談で、2020年現在の正しい医療情報や各国の事情ではありません。

149名無しのオカルト 投稿日:01/09/20 06:43

バンコクで野良イヌにいきなりかまれたんですけど。
大丈夫かな??




 

オカ速おすすめ!

150名無しのオカルト 投稿日:01/09/26 16:00

>>149
心配なら狂犬病の注射をうつ。たしか1週間以内に打てばよかったと
おもう。




155名無しのオカルト 投稿日:01/09/30 20:19

>>150
狂犬病の予防接種をしており有効期間内であったとしても、狂犬病の可能性の
ある動物に咬まれた場合には24時間以内(早ければ早いに越したことがない)
に追加予防接種を受ける。予防接種をしておらず咬まれた場合にはとにかくす
ぐに予防接種をする。可能であれば咬んだ動物を捕獲して(不可能ならしかた
ないが)、その動物が狂犬病に罹患していないか検査できればベター。




162名無しのオカルト 投稿日:01/10/04 03:20

>>155

なるほど、捕獲する価値はありそうだ。
病院に言えばいいの?保健所?警察?
どうも一定の場所に常駐してる犬らしいから今度行った時やってみたい
帰国後4回打ったけど1回あたり15000円近くする
現地じゃ破傷風と合わせても1回1000円ちょっとなのに




171名無しのオカルト 投稿日:01/10/09 13:27

>>162
>現地じゃ破傷風と合わせても1回1000円ちょっとなのに

国によっては注射針の使いまわし疑惑があるんで、とてもコワヒ。
予防注射でエイズに感染したら大マヌケ。
漏れは値段が高くても日本で接種してる。




173名無しのオカルト 投稿日:01/10/09 23:57

>>171
私はアフリカへ行くときは、注射器を持参してますよ。
かかりつけのお医者さんにアフリカへ行くので、と言うとわけてくれました。
でもこれまでお世話になったことは無し。
旅行者が行く程度の街だったら、お金さえ払えば新しい注射器を使ってくれる。




153名無しのオカルト 投稿日:01/09/28 03:36

知人の子供がプーケットで猿のショーを見に行って、
そこでショーに出てた猿に噛まれて何針か縫う大けが。
帰国してからも、狂犬病の血清を打つため、何度も病院に行ってた。
ショーの調教された猿でも安心できないとは。




156名無しのオカルト 投稿日:01/10/03 23:27

日本人じゃなかったけど、イエローカードを持ってなかったとかで、
現地の空港で、注射のために連行されていく人を見たことがある。
新しい注射針を使ってもらえたかどうか、人ごとながら気になった。




157名無しのオカルト投稿日:01/10/03 23:33

イヌにかまれて以来どうも調子が悪いんですけど。
予防接種なんてしていないし。
かまれたあとでも大丈夫?




158名無しのオカルト 投稿日:01/10/03 23:34

噛まれてからどれくらいたってるの?
狂犬病ってそんなに潜伏期間は長くなかったと思うんだけど。




159名無しのオカルト 投稿日:01/10/03 23:36

>>158
なんのなんの。

>狂犬病罹患動物との接触から発病までの潜伏期は、接触状態によって異なり、
>1~3ヵ月が最も多く、3年以上という長期に及ぶものがある.

ということだってよ。
http://vetweb.agri.kagoshima-u.ac.jp/vetpub/Dr_Okamoto/Rabies/Rabies.html(リンク切れ)




160名無しのオカルト 投稿日:01/10/03 23:39

狂犬病の潜伏期間は10年以上だよ




161名無しのオカルト 投稿日:01/10/03 23:40

157は不安のあまり、明日は仕事や学校を休んで病院へ行く、に1万バーツ。




164名無しのオカルト 投稿日:01/10/06 10:10

狂犬病の予防接種、日本だと効果は一年。しかも予防確率は50%じゃなかった?




165名無しのオカルト 投稿日:01/10/06 21:20

そりゃ、犬に注射する奴じゃないのか?




166名無しのオカルト 投稿日:01/10/07 00:03

予防注射って値段が高いのに保険が効かない。
出国前にやるより、
帰国後に、感染した可能性がある、とか言って旅行保険でうってもらうほうが得




387名無しのオカルト 投稿日:03/09/01 16:00 ID:I4Q8UKFK

狂犬病にかかった。
あひゃひゃひゃひゃひゃ




388名無しのオカルト 投稿日:03/09/01 16:55 ID:xOIHPKPN

387さん さようなら

狂犬病は、哺乳類や鳥類などすべての恒温動物に感受性がありますが、特に犬を始め、キツネ、
オオカミ等犬の仲間が感染しやすい、ウイルス性の病気です。
この病気の恐ろしさは、症状の悲惨なこともさることながら、いったん発病すると、
現在の医学でも治療方法はまったくなく、その死亡率が100%に至るところにあります。





698名無しのオカルト 2010/05/15(土) 12:51:34 ID: ID:MuHBLWFU

南米では吸血コウモリに噛まれて狂犬病になった例があるらしい。
寝ているときに噛まれると全く気付かないから怖いそうだ。
吸血鬼伝説はこれからきたのかな。
水(聖水)や太陽の光を怖がるのは狂犬病の症状そのものだもんね。
吸血鬼になりたくなかったら、十字架やニンニクではなく予防接種を。




700名無しのオカルト 2010/05/15(土) 20:35:59 ID: ID:UOaf1Ny2

>>698
怖いですね・・
普通に犬に咬まれると自覚するけど、全く気がつかないとは怖い・・

狂犬病に関するQ&Aについて|厚生労働省


引用元:日本にはないご病気自慢。
このエントリーをはてなブックマークに追加

オカルト速報特選!

PICKUP!

コメントする

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

ギャラリー
  • 【オカルト】19世紀のヴァンパイア・ハンターの装備がオークションに出品される
  • 【オカルト】19世紀のヴァンパイア・ハンターの装備がオークションに出品される
  • 【オカルト】19世紀のヴァンパイア・ハンターの装備がオークションに出品される
  • 【オカルト】19世紀のヴァンパイア・ハンターの装備がオークションに出品される
  • 【オカルト】19世紀のヴァンパイア・ハンターの装備がオークションに出品される
  • 【オカルト】19世紀のヴァンパイア・ハンターの装備がオークションに出品される
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク