【オカルト】自分は外からテントを覗いていた筈だ。その自分が、なぜテントの中にいるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

759名無しのオカルト 2009/04/20(月) 20:13:44 ID: ID:qq6A+fd40

先輩の話。

夕暮れの山を一人で縦走していると、古びた背の高いテントに出会した。
一体何でまた、こんな森が深い場所に設営してるんだろう?
声を掛けてみたが応えはなく、そっと中を覗いてみた。

そこには何もない。
人が滞在した様子も伺えない。

「テントを置き去りにして、そのまま山を下りたりするものだろうか」

疑問に思いながら首を引き戻すと、周りの風景が変わっていた。
いつの間にか先輩は、薄暗いテントの中に突っ立っていたのだ。

「・・・自分は外からテントを覗いていた筈だ。
 その自分が、なぜテントの中にいるのか?」

恐る恐る、入り口から顔を突き出してみる。
薄暗い。そして今自分がいるのとまったく同じ情景。
間違いなくそこもテントの中だった。

「テントが二つ並んで設営されていたのか?
 いや、確かにテントは一つだけだったが・・・」

反対側の出口に駆け寄り、薄幕を引き開ける。
そこも別のテントの中に繋がっていた。
早足で中を横切ると、そのテントの出口を覗いてみた。
やはりその先も、薄暗いテントの中だった。




 

オカ速おすすめ!

760名無しのオカルト 2009/04/20(月) 20:14:26 ID: ID:qq6A+fd40

(続き)
途切れることなく、次から次へとテントは続いていた。

「馬鹿な、こんなことある訳がない!」

しかしどちらにどこまで進んでも、どうしても外に出ることが出来ない。
思い詰めた先輩は、テント横の布地を破って外に出ようとした。
ナイフを取り出すと穴を開け、広げてみた。

外は灰色の空間だった。
どこまで見通しても、薄暗く何も見えない。
地面すらよく判別できなかったらしい。
生臭い空気が、破った穴から流れ込んでくる。
とてもそこから出る気にはなれなかった。

気を静めようと、胡座をかいて一服点けることにした。
下山した時に吸おうと取って置いた煙草を取り出し、紫煙を燻らせる。
吸い終えてから覚悟を決め、入り口の幕に手を掛けた。

山の端に没しようとする夕日が目に飛び込んできた。
あっさりと外に出られたことが信じられず、後ろを見やる。
記憶通りの古びたテント、それが一つだけポツンと佇んでいた。

真っ暗になる前に、出来るだけその場を離れようと逃げ出した。
そんな怪しいテントの側で野営する勇気など、とても持てなかったそうだ。

それ以来、山中にぽつねんと置かれている古いテントに出くわしても、先輩は
絶対に近よらないようになった。
あの時の薄暗い情景を思い出すと、今でも鳥肌が立つからだという。




775名無しのオカルト 2009/04/21(火) 02:50:21 ID: ID:pDh1cfSM0

>>759>>760
4年前に亡くなった杉浦日向子の漫画の百物語に出てきた
蚊帳吊り狸に話しにちょっと似ているかも。

>蚊帳吊り狸

寂しい夜道を人が歩いていると、道の真ん中に蚊帳が吊ってある。
室内に吊る筈の蚊帳がなぜこんな野外に、と奇異に思いつつも
通り抜けないと先へ進めないので蚊帳をまくり上げてみると
その中にはまた蚊帳が吊ってある。その蚊帳をまくると中にはさらに
蚊帳が……と繰り返している内に、前にも後ろにも蚊帳がある状態となり、
先へ進むどころかもとの場所へ戻ることもできず、その場で右往左往する羽目になってしまう。
この怪異に遭遇した際には決して慌てることなく、心を平静に保ち、丹田に力を込めて
蚊帳をまくっていくと、36枚目の蚊帳をまくったときに外に出られるという。
正体は名前の通り、狸の仕業とされている。

tp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%9A%8A%E5%B8%B3%E5%90%8A%E3%82%8A%E7%8B%B8
蚊帳吊り狸 - Wikipedia




引用元:∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part41∧∧
このエントリーをはてなブックマークに追加

オカルト速報特選!

PICKUP!

この記事へのコメント

 コメント一覧 (3)

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2020年10月21日 20:00
    • 煙草の煙を嫌う物の怪は多い
    • 0
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2020年10月23日 07:39
    • ジョジョ3部のヌケサクかな?
    • 0
    • 3. 名無しのオカルト
    • 2020年10月23日 21:02
    • ザ・ワールド
    • 0

コメントする

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

ギャラリー
  • 【怖い話三篇】願掛けしたいと思えない社 / 樹海の「らき☆すた」 / 焦りと遭難の恐怖の中、「こっちだ」という声
  • 【風習・信仰】新興宗教のお葬式って独特。幼かったことを差し引いて考えても雰囲気がとてつもなく怖かった。
  • 【陰謀論】コロナ後遺症、移民混合社会、メディアによる洗脳、分断は勢いを増している気がする……・
  • 【怖い話】代々ITPで死ぬ家系。十年に一人出て24歳で必ず死ぬが、自分は家系や因縁を医学で打破してやったw
  • 【陰謀論】中国はDS(イルミナティ)が目指す社会の大規模モデルだな / LGBTも陰謀に利用される懸念がある
  • 【ほんのり】カーブミラーに白い大型トラックが映っていてゆるゆると動いてたのが見えた。でもトラックなんて影も形も無かった。
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク