【短篇集】サクッと読める怖い話『背後で何かが落ちる音、振り返ったが何もいない』『水がふるふると震えている』『いつになく大きい月』

このエントリーをはてなブックマークに追加
663 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:03/11/18 22:41
測量士から聞いた話。
その測量士は声が大きいことで有名だった。
そんな彼が雪山で測量をしていた時の話。
ポールを持って立っていると、背後の樹上でガサガサと音がする。
見上げても何も見えない。が、彼が移動するとまた背後の木から音がする。
そんなことを繰り返しながらも測量は進んだ。
長めの距離を測りはじめた時、死角に入った彼に対して相方が呼びかけた。
とっさに自慢の大声で返事をする。
「おぉ――――いッ!」
ドサッ 
背後で何かが落ちる音がした。
慌てて振り返ったが何もいない。
ただ、雪面に人型の跡だけが残されていた。




オカ速おすすめ!

664 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:03/11/18 22:42
同じく測量士から聞いた話。
池のほとりで人を待っている時、何気なく見た水面に強い違和感を覚えた。
風はあるにもかかわらず、気味が悪いほどに凪いでいる。
測量士は岸辺に近寄り、両手で水を掬い上げた。
ぷるんとした手触り。掌の上で煮こごりのような水がふるふると震えている。
その時、待ち人の乗った車が現れてクラクションを鳴らした。
とたんに水は形を失って掌から零れ落ち、水面にサーッとさざ波が走った。




665 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:03/11/18 22:42
炭焼き職人に聞いた話。
夜中に火の番をしていてふと空を見上げた。まん丸な月がいつになく大きく見える。
それをボンヤリと眺めるうちに妙なことに気がついた。
風に流された雲が月の後ろを横切ってゆく。
「狐か何かが悪戯しているんだろう」
それ以上深く考えることもなく、朝まで火の番を続けたそうだ。




673 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:03/11/19 00:19
>>663-665
すごく不思議で面白いです。雰囲気が大好き。




676 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:03/11/19 01:05
友達の落武者から聞いた話。
味方の軍が合戦に敗れ、その落武者は独り人里離れた山に逃げ隠れた。
山の草木で空腹をしのぎ、じっと身を潜めていたある夜のこと
麓を燈火が山を囲むように取巻いてしまっているのに気が付いた。
燈火は自分を追い詰めるように登ってくる。何百もの追っ手の声が山に響く。
逃げ道はない。すわ、これまでか。落武者が覚悟した瞬間、
あれほどあった燈火は一斉に消え、虫の音だけが静かに聞こえていた。




677 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[] 投稿日:03/11/19 01:07
おれ、友達に平安貴族がいるよ。




このエントリーをはてなブックマークに追加

オカルト速報特選!

PICKUP!

この記事へのコメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2020年10月28日 23:34
    • 落ち武者の話は、小野田さんか横井さんの実体験のパロディだな。
      不快でしかない。
    • 0
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2020年10月29日 09:24
    • 雲が月の後ろ通ってるように見えるのは実際有るよ
      雲が薄くて月の光が強いだけ
    • 0

コメントする

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

ギャラリー
  • 【風習・信仰】新興宗教のお葬式って独特。幼かったことを差し引いて考えても雰囲気がとてつもなく怖かった。
  • 【陰謀論】コロナ後遺症、移民混合社会、メディアによる洗脳、分断は勢いを増している気がする……・
  • 【怖い話】代々ITPで死ぬ家系。十年に一人出て24歳で必ず死ぬが、自分は家系や因縁を医学で打破してやったw
  • 【陰謀論】中国はDS(イルミナティ)が目指す社会の大規模モデルだな / LGBTも陰謀に利用される懸念がある
  • 【ほんのり】カーブミラーに白い大型トラックが映っていてゆるゆると動いてたのが見えた。でもトラックなんて影も形も無かった。
  • 【オカルト】フロントガラスに文字が。イタズラされたかと思ったら内側に書いてあった!!
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク