【オカルト】猿にまつわる奇妙な話、バラバラの話だと思っていたが実はリンクしているかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
【オカルト】山で「猿・犬・猫」と口に出さないよう強く言いつけられていた / 本当は猿に化けるが猿が減ったので犬に化ける の続きです。

750 : 雷鳥一号[sage] 投稿日:03/11/21 02:31
猿にまつわる奇妙な話をUPします。
集めたときはバラバラのネタに思っていたのですが、
先のヒサルキの話と実はリンクするものがあったりして。
こういうのも、怪談収集の醍醐味かもしれませんね。



オカ速おすすめ!

751 : 雷鳥一号[sage] 投稿日:03/11/21 02:32
知り合いの話。

その昔、猟師を営んでいた人がいる。
まったく獲物が獲れない日が続いたある日。
つい滅多なことでは入らない山奥まで足を踏み入れたそうだ。

やっと木枝の間に猿の姿を見つけたが、どこかおかしい。
近寄ってみると猿でなく、猿の毛皮が枝に結んであったという。
奇妙なことに、その毛皮は人が着られるように加工されていた。
皮の内側はきれいになめしてあり、縁には結び紐まで付いている。
大きさは普通の猿くらいだった。

どこの誰がこんなものを着るのだろう?

急に寒気をおぼえて、急いで山を下りたという。




752 : 雷鳥一号[sage] 投稿日:03/11/21 02:34
友人の話。

高山植物の写真を撮るために山歩きしていた時のこと。
夜中に物音がして目が覚めた。

その晩は明るい満月で、テント壁に外の影が映り込んでいた。
異様に手の長い猿のような影が一つ、テントの周りで踊っていたのだという。
とても外を覗く気にはならなかった。

日が昇る少し前に、影は見えなくなったそうだ。




753 : 雷鳥一号[sage] 投稿日:03/11/21 02:35
知り合いの話。

猟をするため山に入っていた時のこと。
樹上の猿を撃って仕留めたのだが、それが普通の猿ではなかった。

近くで見ると、猿には目玉がなく、眼窩にぽっかりと黒い穴が開いていた。
空気が漏れるような音がどこからか聞こえていて、それに合わせて猿の身体は
萎んでいき、最後には毛皮だけが残された。
歯以外の骨は見当たらず、肉も残っていなかったという。

毛皮をその場に埋めて塩を撒き、その日は山を下りたそうだ。




754 : 雷鳥一号[sage] 投稿日:03/11/21 02:37
知り合いの話。

初夏の山道を一人で歩いている時のこと。
峠を越える所で一匹の猿に出会った。
道の真ん中で、二本足で直立していたという。
奇妙な猿だなと思いながら近づくと、片手に何かをぶら下げているのが見えた。

引き裂かれた仔猿だった。

目と目が合うと、猿はまるで人間のような歩き方で森の中へ去っていった。
彼はしばらく腰が抜けたようになっていたそうだ




755 : 雷鳥一号[sage] 投稿日:03/11/21 02:38
友人の話。

会社の仲間でキャンプに行った時のこと。
キャンプファイヤーを囲んで談笑していると、用足しをしたくなった。
皆に断り、彼は近くの森に入って小用を足した。
なぜかその森の中では、広場の声が二重に重なって聞こえたという。

皆の所へ帰ろうとすると、少し離れた木陰に何かいるのに気がついた。
小さな黒い猿のようなものがうずくまって、ぶつぶつと何かを呟いている。
それは広場にいる仲間たちの会話を、一言一句そのまま繰り返していた。
声色までそっくり同じだったという。

下山するまで、彼はそのことを皆に話せなかった。
何人かは声が重複するのに気がついており、不思議に思っていたそうだ。




758 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:03/11/21 02:54
雷鳥一号サン、いつも乙です。

なぜか>>755がリアルにイメージできて(((( ;゚Д゚)))ガクブルでした。



756 : 雷鳥一号[sage] 投稿日:03/11/21 02:39
知り合いの話。

一昔前に農家と猟師を兼ねていた人から聞いた話だそうだ。
その人は、主にワイヤーを使った罠で兎などの獲物を取っていた。
時たま猿や猪なども罠にかかったそうだが、奇妙なこともままあったらしい。

獲物の身体が、薄皮一枚だけ残して、きれいに中身が食い尽くされているのだと。
残されているのは毛と皮だけで、不思議なことに血が一滴も出ていないのだ。
肉を溶かして食べる未確認生物がいるのかもしれないな。
その人はそう言っていたという。




757 : 雷鳥一号[sage] 投稿日:03/11/21 02:47
>>756の話は猿にまつわる話と言えないかもしれませんが、ヒサルキネタに
ひょっとしたらリンクしてくるかも。
>>753の話は、以前聞いた話さんがこのスレでUPされた話とよく似ています。
やはりこれも猿ですね・・・。
>>755に出てくる怪は、猿と言うよりどちらかというと、ヤマビコとかコダマ
と言った妖怪に連なるのかもしれません。



759 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:03/11/21 03:01
雷鳥一号さん、乙です。
>>753の話と似ているのは
>>270の話ですね。
たしかにそっくり…




760 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:03/11/21 03:30
>>雷鳥一号さん
日本にはチュパカブラが居るってことですよね?




761 : 643[sage] 投稿日:03/11/21 03:51
>>749
スレ違いで恐縮ですが、週間少年サンデーで連載している高橋留美子の「犬夜叉」の敵役「奈落」
パワーアップ前は、目がうつろな猿の毛皮をはおっていて、攻撃を受けると毛皮だけのこして逃げたりしてたんだが、
やはりヒサルキがもとなのか?

> 洒落怖話のスレで、女に取り憑いて犬を食らわせる存在の話がありましたが、
> それとリンクするのかも。

※ヒサルキ※スレまとめページ
ttp://www.geocities.co.jp/Bookend-Ohgai/8083/

リンクしてるっぽいです…

全然関係ないのかも知れないが、なんか引っかかっているのが、本スレ>>509さんの書き込み
ひょとして、ヒサルキあるいはそれに類するもの生息地だったんじゃ…猫にヒサルキが入り込むかは不明ですが…
山には、人と縁がある(似ている(猿)or一緒にすごす(犬・猫))と、ソレに対する抵抗力が薄れてしまう「何か」が存在するのでしょうか…

【オカルト】ヒサルキ関連まとめ『全部別の時期に別の板に書かれてたのがマジコワ』【洒落怖名作】 | オカルト速報


762 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:03/11/21 05:18
毛皮だjけ残して死ぬ(?)サルは、やはり何かに入り込まれてるのかもしれないね。
それで言うと被猿かな。
ガイシュツネタでも、憑依されてるっぽいのが多いし。
動物だけじゃなく、人間にも入り込むんだね。
ただ、体験目撃報告によると、人間だと、入ってるモノが出た後も死なないようだ。
ナゼだろうね。
それと、これは想像だけど、もともと山にいたものが、人里の方におりてきてるような。
ヒサルキスレの話では、幼稚園で起きてた話もあるんだよね。
まとめサイトがあってよかったですねー。




765 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:03/11/21 12:25
猟師が猿獲ってどうするんだ?喰うのか?




766 : あなたのうしろに名無しさんが・・・[sage] 投稿日:03/11/21 13:05
猿の肉と肝は、昭和中期くらいまでは高く取引されてたぞ。
毛皮も同様だ。今は需要が減ってしまったから狩猟対象ではなくなって
しまったけどな。

猿猟については調べればいろいろ見つかると思うが、その様子を紹介
したもので読みやすいところとしては矢口高雄のマンガ(タイトル
忘れた。三平じゃないやつ)がある。
講談社から文庫で出てるから探してみ。



引用元:∧∧∧山にまつわる怖い話Part3∧∧∧
このエントリーをはてなブックマークに追加

オカルト速報特選!

PICKUP!

この記事へのコメント

 コメント一覧 (6)

    • 1. 名無しのオカルト
    • 2020年09月26日 18:35
    • 猿の肝が高く取引されてたのって、やっぱ昔噺の「乙姫様の病気を治すのに猿の肝が効くと言われて亀が猿を連れ出したが、肝目当てとバレて逃げられ、罰として叩かれたから甲羅にヒビが入った」の影響なのかな。
      なんか間抜けー。
    • 0
      • 6. 名無しのオカルト
      • 2020年09月28日 10:20
      • >>1
        医療体制が整ってない時代には珍しいものは何でも薬扱いしてたってだけ
        熊の胆や猿の黒焼なんかは薬種屋で最高級の商品扱いだし、水飴や果物とかの甘いものだって薬の端くれだった
      • 0
    • 2. 名無しのオカルト
    • 2020年09月27日 00:21
    • 芥川龍之介が病気の時に猿の脳みそを食うとか書いてなかったっけ
      毛皮だけ残して中身が無くなるのはキャトルミューティレーションのような
    • 0
    • 3. 名無しのオカルト
    • 2020年09月27日 08:14
    • 地元じゃ猿は駆除対象だわ一匹1万証拠は尻尾でいい
      野菜果物荒らすしたまに子供まで襲うんだよあいつら
    • 0
      • 4. 名無しのオカルト
      • 2020年09月27日 08:42
      • >>3
        サルはヤっちゃうと、他のサルが「里に降りてった奴戻ってこないってことは、里はいいところなんだ」って思ってどんどん降りてくるから、罠でとって瀕死寸前まで痛めつけて山に返す、ってうちの地元の猟友会が言ってるよ。
        あと子供連れを袋叩きにすると、子々孫々まで伝わりやすいとか。
        参考までに。
      • 0
      • 5. 名無しのオカルト
      • 2020年09月27日 14:39
      • >>4
        うちの自治体も捕獲して唐辛子スプレーで拷問してから山に返してる。
        もちろん常連で食害とか被害をだしてる数匹は処分されるけど、愛護団体がうるさいからあまりやれないらしい。
      • 0

コメントする

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

ギャラリー
  • 【不思議な話】会社の帰りに大きなシャム猫を見ていたら急に、進行方向側が切り取られたように黒くなっていた。
  • 【怖い話】4月に番組で三浦さんの顔が変だと思ったらこんな事に…… / きっと防げなかったと思いたくなる気持ちの正体
  • 【事件】行方不明事件って怖い。遺族が食い物にされたり、発覚していない事件があったり……
  • 【風習・信仰】コロナウイルスのおかげで神仏がいないと証明された / 神道理論だとCOVID-19を作った疫病の神もいる?
  • 【オカルト】心理的虐待手法「ガスライティング」、三浦春馬氏への嫌がらせや手段ストーカーもそれ?
  • 【オカルト二篇】斧の通販のポップアップ広告が出てきた / 化け猫が本当にいるとは思わなかった……【異色作】
最新記事
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク