【短篇集】山の怖い話『交通整理の人形』『山小屋に気をつけろ』『竜神様が出て行った村』【雷鳥】

このエントリーをはてなブックマークに追加

8名無しのオカルト 2009/02/24(火) 10:49:42 ID: ID:zU2H0wnS0

684 名前:雷鳥一号 投稿日:03/11/19 03:38
後輩の話。

バイク仲間で林道をツーリングしていた時のこと。
工事もしていないのに、道の途中でライトを振って交通整理している人がいる。
近づいてみると、それは人ではなくて電気で動く人形だった。
彼らは人形のスイッチを切ると、邪魔にならないように脇の繁みに突っ込んだ。

バイクにまたがり、再び林道を走り出した。
カーブを曲がる寸前に、ふとミラーを覗いて見たという。

片付けたはずの人形が、元通りの位置で規則正しくライトを振っていた。
引き返すような真似はしなかったそうだ。




 

オカ速おすすめ!

18名無しのオカルト 2009/02/24(火) 13:11:11 ID: ID:zU2H0wnS0

782 名前:雷鳥一号 投稿日:03/11/22 01:52
先輩の話。

連休を利用して山歩きしていた時のこと。
無人の山小屋に泊まったのだが、奇妙な夢を見たという。

足先まで髭を伸ばしたお爺さんが、挨拶が無いと言って怒っていた。
先輩はなぜか恐れ入ってしまい、わけも分からず謝ったのだという。
そのうち怒りも薄れたのか、お爺さんは許してくれたそうだ。
許すから酒を出せ、と言われたところで目が覚めた。

妙な夢だったが、内容はしっかりと憶えていた。
確かめようと、最後の夜の楽しみに取っておいた酒の携帯容器を出してみた。
容器は空になっており、一滴の酒も残っていなかったそうだ。




20名無しのオカルト 2009/02/24(火) 13:12:04 ID: ID:zU2H0wnS0

784 名前:雷鳥一号 投稿日:03/11/22 01:53
先輩の話。

アメリカへ出張に行っていた時のことだ。
向こうの山に登って、親しくなった現地のガイドに聞いたのだという。

一人の時に山小屋を見つけたら、入る前に注意することだ。
普通の山小屋なら何も問題は無い、ゆっくりと休むがいい。
だが、もし、小屋の扉がひとりでに開いたら―
   もし、踏みしめた床が柔らかく弾力に富んだピンク色だったら―
   もし、酸っぱい臭いのする液体が滴っていたら―
   もし、床の上に骸骨が散乱していたら―
それは山小屋ではなく、グーディナルなのだから。

ガイドによるとその地方に伝わる民間伝承の怪物で、短編小説にもなったそうだ。
その土地には食虫植物が多く見られるのだが、ひょっとしたらその化け物かもな。
そう言って、ガイドは酒を注いでくれたという。




21名無しのオカルト 2009/02/24(火) 13:13:53 ID: ID:zU2H0wnS0

834 名前:雷鳥一号 投稿日:03/11/24 10:58
私の体験した話。

春先に、人里離れた山中で道路工事のバイトをしていた。
まわりは杉の森林で、杉花粉がまるで黄色い雲のように見えていた。
ネコと呼ばれる手押し車で土砂を運んでいた時に、視線を感じた。

杉木の天辺で、白装束姿の老婆が背筋をピンと伸ばして立っていた。
無表情にこちらを見ている。

次の瞬間、大きなくしゃみが出て咳き込んでしまった。
再び目をやると老婆の姿はもう見えなかった。
花粉症でなかった私は、その後一年間だけ花粉症を患った。




23名無しのオカルト 2009/02/24(火) 13:16:22 ID: ID:zU2H0wnS0

835 名前:雷鳥一号 投稿日:03/11/24 10:59
知り合いの話。

営業の仕事をしている彼は、その時疲れが溜まっていたらしい。
仕事の合間に、山中の道路で車を止めて休んでいた。
うとうとしていると奇妙な夢を見た。

山から巨大な蛇が下りてきて、自分の身体の中に入り込んだそうだ。
それから車を運転し始め、知らない別の山中の道路に分け入っていく。
その山の中腹で車を止めると、蛇は身中から這い出て山を登っていった。
そこで目が覚めた。

変な夢だったなと思い、あたりを見渡してみた。
車が止まっていたのは休んだ場所とは違う山の中だったという。




24名無しのオカルト 2009/02/24(火) 13:16:57 ID: ID:zU2H0wnS0

836 名前:雷鳥一号 投稿日:03/11/24 11:00
同僚の話。

親戚が山を持っていて、その手入れをするというので呼ばれた。
下生えを刈ったり倒木を片付けたりしていると、小さな稲荷社に気がついた。
木立に覆い隠され苔生していたのを気の毒に思い、きれいに片したのだという。
ついでに弁当を少し分けて、お備えしてから帰ったそうだ。

その日の夜半、彼は動物の甲高い鳴き声で目を覚まされた。
なぜか聞いたことも無いのに、狐の声だと分かった。
後日聞いてみると、掃除に参加した親戚全員が夜中にその声を聞いたそうだ。




25名無しのオカルト 2009/02/24(火) 13:17:26 ID: ID:zU2H0wnS0

843 名前:雷鳥一号 投稿日:03/11/25 01:30
知り合いの話。

彼の実家は、水道も引かれていない深山の寂村だった。
十年程前の正月に帰った時のこと。

その時、彼はお爺さんと一緒に焚き付けにする薪を集めていた。
ふと気がつくと、お爺さんが一心不乱に空を見つめていたそうだ。

きらきらと光る細長いものが、身をくねらせて飛んでいた。
金色に光り輝く竜だった。
竜は嬉しそうにくるくる回っていたが、やがて西方の空へ飛び去った。

それを見たお爺さんは哀しそうにこう言った。
竜神様が行ってしまわれた。この村ももう終わりだな。
それからしばらくして、その村の井戸は枯れたのだという。
村人も次々とよその土地へ出て行き、今はもう廃村となっている。




引用元:∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part41∧∧
このエントリーをはてなブックマークに追加

オカルト速報特選!

PICKUP!

コメントする

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

ギャラリー
  • 【占い】星座別性格チャート。山羊座は陰謀者、魚座は別世界……あってる?
  • 【占い】星座別性格チャート。山羊座は陰謀者、魚座は別世界……あってる?
  • 【怖い話】たまにドキッとする地名に出会うことないか? 首とか血とかそんな生易しいもんじゃないよ。
  • 【怖い話】たまにドキッとする地名に出会うことないか? 首とか血とかそんな生易しいもんじゃないよ。
  • 【怖い話】たまにドキッとする地名に出会うことないか? 首とか血とかそんな生易しいもんじゃないよ。
  • 【怖い話】たまにドキッとする地名に出会うことないか? 首とか血とかそんな生易しいもんじゃないよ。
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク