【不思議な話】大雪警報が出て外は吹雪いていたが欠勤はできない。翌朝ウチを出てみると雪は止んでいたので安心して出勤した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

282名無しのオカルト 2009/01/11(日) 16:24:41 ID: ID:QEls1tXs0

同級生から聞いた話

高校の同級生から聞いた話です。
彼は高校時代、新聞配達のバイトをしていました。
原付の免許など持っておらず、配達するときは自転車だったそうです。
田舎なもので配達所まで遠く、毎日、早朝と言うよりも夜中に起きて
通っていたそうです。
ある冬のこと、前日の午後から大雪警報が出され、外は吹雪いていました。
新聞配達は休刊日以外の休みが無く、欠勤もできません。
翌日、十分な防寒処置をして静かにウチを出てみると、雪が止んでいます。
「あれ?警報でてたのにな。よかった」
と思いつつ、出勤すると。他の人は皆、雪まみれになっています。
「いや~俺ん所は全然降って無かったですよ。」というと
「嘘つけ、お前の近所の○○さんは雪で前見えんかったらしいで」
と返ってきました。
「おかしいな?まあ、たまたまかな」と思いつつ、配達に出ると
凄い雪だったそうです。
雪まみれになり、配達を終えて帰宅すると、彼の母が出迎えていいました。
「あんなに吹雪いとるのに、黙って出て行ってから。危ないじゃろ」
と怒られました。「いや、俺が出るときは止んでた。」
といっても、「雨戸が飛ぶかと思うほど吹いてた」と家族みんなが言います
確かに止んでたんだかなあ、と首を捻ったそうです。

「今考えても不思議なんだよなあ」と彼は今でも考えるそうです。




 

オカ速おすすめ!

283名無しのオカルト 2009/01/11(日) 16:50:46 ID: ID:mcDJy9Jt0

不思議だねー・・だけど山なのか?




284名無しのオカルト 2009/01/11(日) 19:12:00 ID: ID:7xYbrSEU0

>>282
あり得る話だな。

所謂、神の守護を実地に見せられたかたちだろうと思う。
時が来たときに気づかせるためであり、おそらく大なり小なり神の御用をするために導かれていると思う。

昔、同様の体験(雨だが)を人から聞いたことがある。




引用元:∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part40∧∧
このエントリーをはてなブックマークに追加

オカルト速報特選!

PICKUP!

コメントする

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

ギャラリー
  • 【オカルト】山の中で一夜過ごしていると動物が争うような声とおっさんの笑い声が聞こえてきた。
  • 【風習・信仰】知らないと怖い町? ある祭りの年々増える“村民”を見てみよう【画像】
  • 【風習・信仰】知らないと怖い町? ある祭りの年々増える“村民”を見てみよう【画像】
  • 【風習・信仰】知らないと怖い町? ある祭りの年々増える“村民”を見てみよう【画像】
  • 【風習・信仰】知らないと怖い町? ある祭りの年々増える“村民”を見てみよう【画像】
  • 【風習・信仰】知らないと怖い町? ある祭りの年々増える“村民”を見てみよう【画像】
最新コメント
オススメ記事(外部サイト)
お問い合わせ
オカルト速報へのお問い合わせはこちらのフォームからお願い致します。
スポンサードリンク
記事検索
RSS & ソーシャルリンク

オカルト速報RSS オカルト速報Twitter

スポンサードリンク